Birdis Land's Weblog

Birdis Land's Favorites!の日記のページをブログ化しました。

2006-11-06 Monday

神戸小旅行

3連休の後半、神戸に小旅行にいってきました。今回のテーマはグルメ。前回のエントリーで書いた、先週末のリベンジです。あと、子供向けには、映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」の舞台となったのが神戸だったので、映画ゆかりの地だということで、期待を持たせました。短いながらも充実した旅だったので、その時の話を小分けにしてポストしていきたいと思います。

先ずはざっくりと旅程を書いておきます。一日目の11月4日(土)はポートタワー海洋博物館内のカワサキワールドへ。昼飯はヴィザヴィ(←リンク先はぐるなび)でフレンチ。それから南京町(中華街)に移動して買い食い。再びメリケンパークに戻って夜景を楽しむ神戸港クルージング。宿泊はポートアイランド内のホテルパールシティ神戸でした。

二日目の11月5日(日)はホテルの朝食バイキングで腹を満たした後、神戸空港へ。それからハーバーランドのモザイクで買い物。子供達はモザイクガーデンで遊んで腹ごなしをし、最後は→神戸タワーサイドホテルのランチバイキングでフィニッシュでした。

写真も沢山撮りました。もちろんEOS Kiss DNで。取り敢えず一枚目の写真として、神戸の象徴であるポートタワーと海洋博物館の夜景を。評判通りの美しさでした。

神戸メリケンパークの夜景
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5

2006-11-07 Tuesday

神戸ポートタワー

昔、インターネットがまだ普及していない頃、パソコン通信のとあるフォーラムでの話。ある旅慣れた人が、旅行で初めての街を訪れた時は、その街に塔があれば先ず最初に登って街並みを見る。すると、街のおおまかな地理が頭に入って、その後の旅がスムーズになる、という旨の書き込みをされてました。これは中々的を射た意見です。今回の神戸旅行のもともとの計画では、昼食後にメリケンパーク散策して、疲れた頃にタワーに登って回転スカイラウンジで休憩しようと思っていたのですが、神戸に到着してすぐにポートタワーを見つけた子供達がタワーを見つけて「登る!登る!」と騒ぐので、取り敢えず登ってみました。

ポートタワーは神戸港のメリケンパークにある、神戸のシンボルともいえるタワーです。料金は大人600円ですが、隣接する海洋博物館とのセット料金だと大人800円とかなり安くなります。ちなみにタワーに上るだけ神戸港振興協会割引券のページを印刷して持っていくと、大人100円、小人50円引きになるようです。

近くで見ると、思ったより小ぢんまりしていましたが、上から見る展望は流石です。最初に登っておくことで、今回の旅行で行く予定のスポットがほぼ全て見渡せました。ただ、20分で一周する回転スカイラウンジでビールなど飲みながら、のんびり神戸の街を眺める事が出来なかったのがちょっと残念でした。

ポートタワーを見上げる(昼)
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5
下から見上げるとこんな感じです。赤いのは鉄骨だけで、中心の円筒部分は白いです。鉄骨の断面は丸でした。
ポートタワーを見上げる(夜)
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5
夜はライトアップします。昼間もいいですが、やはり夜が綺麗です。
ハーバーランドから見たポートタワー
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5
ハーバーランドのモザイクから。この角度からだとホテルオークラよりも背が高く見えます。ポートタワーを眺めるには、海洋博物館と並ぶこのアングルがやっぱりベストでしょう。

2006-11-08 Wednesday

カワサキワールド

神戸小旅行の続きです。カワサキワールドは、神戸海洋博物館の中にある、カワサキ重工グループの企業ミュージアムです。カワサキのバイク乗りの私としては、前から行きたかった場所でした。

事前に公式サイトで見た限りでは、それほど大きく無さそうなので、子供もいることだし1時間ほどで済むだろうと思っていましたが、予想以上に楽しめました。

カワサキといえば一般にはバイクメーカーとして認知される事が多いと思いますが、川崎重工の事業紹介のページを見ても分かるとおり、船から新幹線、果ては飛行機から宇宙ロケットの部品まで何でも作ってます。カワサキワールドはカワサキ重工の企業ミュージアムなので、小規模ながら非常に盛りだくさんな内容でした。バイクのみを目当てにすると期待外れになるかもしれませんが、逆にバイクにあまり興味が無い人でも結構楽しめると思います。

予想外だったのは、館内にカワサキの製造している乗り物にちなんだゲーム機――例えばアーケードゲームの電車でGO!とかフライトシミュレーターとか――があったことでした。何人か順番待ちする必要はありますが、もちろん全て無料です。子供達といくつかのゲームをやっていると、あっという間に時間が過ぎてしまいました。昼食の時間が近づいてきたので1時間ほどで退出しましたが、子供がいなければ半日ほどかけてじっくりと展示物を眺めたいところでした。

ちなみに海洋博物館内は撮影禁止でしたが、カワサキミュージアム内は撮影OKでした。今回は海洋博物館の方は殆ど見れませんでしたが、こちらも結構面白そうでした。いつかまた、改めて訪れたいです。

kw_appearance.jpg.jpg
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5
海洋博物館の外観。帆船の帆のようなデザイン。夜はライトアップされます。
kw_diorama.jpg
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5
これは館内の鉄道模型のジオラマ(レイアウト)。以前こちらの日記で取り上げた、風景写真を模型のように撮影するテクニックがありますが、これは本物の模型です。
kw_ninja.jpg
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5
バイクの展示コーナーでは実際にまたがれる物も置いてます。Ninjaに乗っているのは3歳の次男。乗っているというより貼り付いているよう。

2006-11-08 Wednesday

ヴィザヴィでランチ

神戸小旅行ネタの続きです。初日のランチはメリケンパークから歩いてすぐのところにあるフレンチ料理のヴィザヴィ(←リンク先はぐるなび)です。本格的なフレンチのコースが食べられる店ですが、それほど格式ばった敷居の高いところは無く、お値段も、ランチは1,280円からとリーズナブル。小ぢんまりとしたいい雰囲気のお店でした。

6歳と3歳の子供連れでフレンチのフルコースは少々きついかな、と思ってましたが、案の定席につくなり早く食べたいとブーイングの嵐。しかし、まぁ何とか他のお客様に大きな迷惑をかけることも無く、最後まで間が持ちました。

パンのお代わりが自由だったので、連れ合いと二人でコース二人前のみ注文しましたが、子供達に随分取り分けたので、お腹が満たされなかったのがちょっと残念。味はもちろん美味しかったです。ジビエが食べたかったのですが、お値段も張るので、いつかの機会に取っておきます。

vis-a-vis.jpg
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5

2006-11-11 Saturday

南京町(神戸中華街)

神戸小旅行ネタの続きです。フレンチでランチの後、ホテルにチェックインしてから無料シャトルバスで三宮へ。阪神電車で一駅の元町から中華街に繰り出しました。中華街に前回行ったのは、もう十年ほど前になりますが、街の雰囲気は昔のイメージとあまり変わってませんでした。

ただ、今回やたらと目についたのが、屋台風のテイクアウトの店。唐揚とか小サイズのラーメンとかを店先にズラリと並べて客引きをしています。その日の夜はホテルでディナーバイキングの予定だったので買い食いはほどほどにしようと思っていましたが、ランチを子供に取り分けたせいでお腹が空いていたので、ついつい買い食いを続けてしまい、結局六時頃まで食べ続けてしまいました。

屋台風テイクアウトの店の味は、当たり外れがあるようですが、概ねそれなりで、特別美味いわけでは有りません。ビールが自由に飲めないのも辛いです。それに、子供連れだと立ちながら食べるというわけにもいかないので、やはりきちんとした店に入ってガツンと食べた方がよかったと思いました。まぁ、最初に食べた350円の角肉ラーメン小サイズとか、中華街の入り口近くの店(本業は床屋のよう)の焼きたて餃子と軟骨唐揚とかは美味かったし、昼飯のフレンチとの格差は大きかったですが、これはこれで良しとしましょう。

中華街
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5
中華街の看板。背景は普通の日本のビル。この一角だけ中国というところが面白です。
中華街2
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5
いたるところにこんな感じの屋台形式のテイクアウト。
角肉ラーメン
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5
一番最初に食べた、この角肉ラーメンが、一番美味かったです。ミニサイズで350円でした。

2006-11-13 Monday

パールシティ神戸

神戸小旅行ネタの続きです。今回は宿泊先を簡単に紹介します。宿泊はポートアイランド内のホテルパールシティ神戸でした。部屋は私が過去に泊まった事のある一般的なビジネスホテルよりは広いと思います。設備はそれほど新しくありませんが、個人的には必要十分です。夜景は見える部屋と見えない部屋があるようです。私たちの宿泊した部屋は東向きで、神戸の街は見えませんでした。

私たちはじゃらんnet経由で朝食バイキング付のツインルームのプランで予約しました。子供二人は添い寝です。事前に電話で朝食は6歳から有料と聞いていたのでチェックイン時に子供の前売り券を買いましたが、後で小学生以下は無料と分かりました。フロントで事情を説明したらちゃんと払い戻ししてくれました。サービスは良かったです。

プレイルームとライブラリーはすごく小ぢんまりとしていましたが、あればそれなりに便利です。私は夜中にキャプテン翼を十数年ぶりに読みました。

全室インターネット可能とあったのでノートパソコンを持って行きましたが、有線でなく無線LANでした。Windows98時代の古いパソコンだったので無線LANは内臓でなく、有線のケーブルしか持ってきてませんでした。LANカード貸し出しもしているようでしたが、面倒なのでやめました。

と、こんな感じです。総括。徒歩圏内に神戸市立青少年科学館とかUCCコーヒー博物館といったレジャー施設もあるし、ポートライナーで神戸空港や三宮に出るのも早いし、三宮までの無料シャトルバスも1時間に1本~2本出ているし、ホテルのすぐ前が酒コンビにだし、宿泊代もリーズナブルなので、神戸観光の拠点として結構いいホテルだと思いました。

2006-11-17 Friday

神戸空港(マリンエア)

神戸小旅行ネタの続きですが、いい加減長く続いたので、今回で一旦終了します。で、今回は旅行二日目のメイン、神戸空港神戸空港。前にも書きましたが、映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」で、最後にウルトラマン達と怪獣が闘った舞台となったのが神戸空港です。ちなみに映画の中では初代ウルトラマンに変身するハヤタ隊員は、現在は神戸空港の空港長という設定でした。そのため、子供達は今回の旅行で一番楽しみにしていたようです。

空港は想像以上に小ぢんまり(何だかこの表現、この神戸小旅行シリーズで頻繁に使ってますが)していましたが、流石に新しいだけあって綺麗でよく考えられてます。規模は小さいですが、必要なものはキチンとあるし、各交通機関からゲートまでのアクセスも良く、非常に機能的な空港だなと思いました。ただ、発着数が少なくて、一時間ほどいたのに離陸or着陸シーンはほとんど見れませんでした。

この空港のターミナルビルの最上階にある展望レストランブッフェ グランチャイナは前の日の夕食候補だったんですが、中華街の買い食いで夕食が終わってしまったので、今回は行けませんでした。中華バイキングは昼も夜もやっていて、値段もリーズナブルなので、なかなか良さそうです。味の方は分かりませんが、夜景も楽しめそうですし、機会があれば行ってみたです。

神戸空港
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5
展望フロアから見た神戸空港。ウルトラマンとUキラーザウルスの決戦の舞台です。右手に見える管制塔には空港長のハヤタ隊員がいます。っていうのは嘘ですが、子供達は信じているようです。
スカイブリッジ
Powershot S1 IS
ポートアイランドから神戸空港に向かうスカイブリッジ。その名の通り、空に向かって伸びていくようです。

最後に。今回の旅行の最後を飾った神戸タワーサイドホテルのランチバイキングは良かったです。朝食バイキングを食べ過ぎてお腹がなかなか空かなかったので、ラストオーダー1時間前に店に入ったんですが、料理はもちろんデザートまで美味かったです。特にソフトクリーム(しかも本格的な)まで食べ放題だったのが驚き。子供達はケーキやフルーツに目もくれず、何度もソフトクリームのお代わりをしていました。

というわけで、神戸小旅行ネタは一旦終了します。

2009-01-14 Wednesday

朽木スキー場

今シーズンは長男がスキー本格デビューしたこともあり、数年ぶりに滑走日が稼げそうです。ところで1月4日に行った朽木スキー場は関西の子連れスキーヤーにはとってもお勧めのスキー場です。お勧めの理由は、スキー場が小ぢんまりとしていて(迷子になりにくい)、駐車場の横がピステでゴンドラなどで移動する必要が無くて(荷物を車に置いといて、必要なら取りにいける)、斜面が比較的広くてゆったりしていて(拙い子供の滑りでも事故の心配が少ない)、ソリやかまくら(イグルー)作りが楽しめるムービングウォーク(動く歩道)付きファミリーゲレンデもある(スキーが出来ない幼少の子がいても大丈夫)などいろいろありますが、一番の理由は、スキー場全体から感じる、いい意味で素朴で垢抜けていない感じでしょうか。恐らく地元の人であろう、リフト乗り場や食堂などのスタッフの方も親切ですし、スキーヤーやボーダーも家族連れや落ち着いた方が多く、雰囲気は今は無き比良山スキー場にも通じるものがあります。(あそこほど硬派じゃありませんが)

そして特筆すべきは食堂。メニューはそれほど多くないですが、値段もリーズナブルで何気に旨いです。特に米の飯がうまい。朽木産のコシヒカリだそうで200円。お勧めは猪汁。これも朽木産だそうで、300円で具沢山。猪肉は食べなれていませんが、牛や豚とは明らかに違う獣の香りがするものの、それほど癖もなく、体が温まります。あと、定番の鶏の唐揚も、味は普通ですが300円という値段の割にボリューム万点。さらに、この日は正月休み中だけのスペシャルメニューかもしれませんが、炊き込み御飯(300円)やら雑煮(300円)やら(中の餅がまた旨かった)いろいろメニューが増えていて、満足しました。

そうそう、肝心のアルコール類ですが、場内にビールの自販機は無さそうで、食堂の生ビール(500円)のみのようです。紙コップを置くと自動的にビールをついでくれる機械で、銘柄はキリンでした。

猪汁
EOS Kiss DN + SIGMA 17-70 F2.8-4.5
猪汁の肉

2010-01-24 Sunday

十数年ぶりのスケート

十数年ぶりのスケート。昔習っていたので、何とかそれなりに滑れました。もちろん記憶にあるようなイメージからはかけ離れた滑りですが、子供たちをフォローしたりするには十分。

マイシューズは小学生の時に使っていたもの。足のサイズが1cmくらい大きくなっているのを無理やりはいているので2時間も滑ると足が限界。スケート靴って今買うといくらくらいするのだろうと思い、さっきネットで軽く調べてみると、初心者用のはそれほど高くなさそう。使っている靴のブレードはMK社(ミッチェル&キング)社のリンクマスターというやつですが、このメーカーはオリンピックメダリストなどのトップスケーター御用達ブランドのようで、あの荒川静香や安藤美姫も使っているらしい。もちろん私のは入門者用の安いヤツですが。カメラでいうとキヤノンの、1D系とKissくらいの差があると思いますが、それでも何か嬉しいです。

マイスケート靴

2010-02-21 Sunday

十数年ぶりのボーリング

最近は三週末連続スキーでしたが、さすがに今週はスキーはお休み。十数年ぶり(ひょっとして20数年ぶり?)にボーリングに行きました。スコアはまぁ、100を結構切る程度。もともとあまり好きでないジャンルだし、過去数回しかやったことないので、こんなもんですか。

ボーリング
Search this site
Profile
Latest Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Links
counter
Syndicate this site
Powered by
Serene Bach 2.20R