Birdis Land's Weblog

Birdis Land's Favorites!の日記のページをブログ化しました。

2006-12-06 Wednesday

NX80Vのバッテリーベンチ

このブログをスタートしてから、二ヶ月。もともと本家サイトのメインコンテンツはPalmを中心にしたPDAネタでしたが、このブログはすっかりカメラネタ中心になってます。その傾向は今後も変わらないと思いますが、たまにはPDAネタも取りあげていきたいです。

というわけで、今回はメインデバイスのCLIE NX80Vのバッテリーについて。一年ほど前に中古で購入したNX80Vですが、最近バッテリーの減りが早くなった気がして、Battery Benchでベンチテストしてみると、フルパワーでバックライト輝度最高での結果は1時間3分でした。中古品を購入直後のテスト結果では同じ輝度最大のフルパワーで1時間45分という結果だったので、かなりへたっていることになります。ところが。その後何度かベンチテストを繰り返してみると、同じ条件でも1時間30分まで粘るようになりました。何度も放電と充電を繰り返したことで、リチウムイオンバッテリーのリフレッシュ効果が働いたようです。

NX80Vは、いろいろと欠点はあるものの、まだまだ現役のメインマシンとして働いてもらうつもりなので、バッテリーが本当にやばかったらPDA工房バッテリー交換サービスを利用しようと思ってましたが、もうしばらくはこのまま使えそうです。それよりも、この機種の持病であるカメラの不具合を修理しなければと思っているのですが、面倒くさくてなかなか実行に移せません。予備機のTJ37はスタンバっているのですが。

2006-12-09 Saturday

microSDカードってリムーバブルメディア?

久しぶりに子連れでなく、一人で電気屋に行く機会がありました。最近購入欲が沸いてきたW-ZERO3のモックに初めて(そう、発売一年めにして初めて!)触ったり、携帯売り場に並んでいる他の機種なども見てみました。

私は携帯を持ってないんで携帯事情には疎いんですが、最近の機種はmicroSDカードが主流になっているということにちょっとびっくり。microSDカードの存在は知ってましたが、PDAとか(ハイエンド)デジカメの世界では、いまだにCFとかSDとかがメジャーで、その世界の住人の私にとっては浦島太郎状態でした。

microSDカードの現物は見たことがありませんが、あんな小さなメモリカード、出し入れするのが大変そうです。リムーバブルメディアとしてはメモリースティックあたりの大きさが適切で、SDカードですら紛失しそうなんですが、microSDカードともなると、もはやリムーバブルとしての機能を捨てているとしか思えません。いや、あれは、携帯電話にとってはリムーバブルメディアではなく、交換可能な内臓ストレージなんでしょう。ユーザーの利用実態としては、なるべく大容量のカードを購入して、一旦携帯に挿せば、二度と抜かない。データが一杯になってきたら、さらに大容量のカードを購入して中身を入れ替え。ってな感じなんでしょうか。きっと、デスクトップパソコンの3.5インチのハードディスクのような存在なんでしょうね。

それにしても、この分野の時の進み方は尋常ではありません。5年ほど前、メモリカードあれこれというページを作ったのが、もう何十年も昔のように思えます。リアル社会の7倍の速度で進むという電脳世界、いわゆるドッグイヤーというヤツを実感しました。

2007-01-24 Wednesday

bモバイル・アワーズでモバイラーになりました

オートサロンに出張した話を書きましたが、今年は展示会やらなにやら出出張が多いので、かねてより購入を検討していたbモバイル・アワーズを購入することにしました。Amazonで出張前に購入したんですが、クレジットカードの番号を間違えて発送が遅くなり、結局出張から帰ってきた日に商品を受け取りました。早速試してみましたが、評判通りセットアップは非常に簡単で、大きなトラブルもなく、すぐに使えました。今回の出張には間に合いませんでしたが、これからは何かと重宝しそうです。

このブログをはじめる前は、Webサイトではパームなページなんていうコンテンツがメインだったりするほど、Palmデバイスを中心とするPDAやモバイルネタを多く書いていたんですが、実は通信カードの類を購入するのがこれが初めての経験でした。モバイル通信というと、昔はグレ電にポケットモデムをつなげたり、ICカード公衆電話から赤外線で通信する手段を取っていたんですが、PHS回線を使ったデータ通信は自分のライフスタイルにおけるモバイル通信の必要性を考えるとコストが見合わないと判断して敬遠していました。しかし、時代は変りました。ICカード公衆電話が無くなった代わりにPHS回線を使ったリーズナブルなデータ通信サービスも随分増えました。そして、何より、高機能な携帯電話の普及で一般ピープルが普通に電子メールを始めとするデータ通信を当たり前のように利用するようになりました。モバイラーという言葉はもう死語かもしれませんが、ポータブルな端末でデータ通信する人をモバイラーだと定義すると、まさに一億総モバイラーなわけです。携帯電話が普及する前から携帯端末を使っていたくせに、携帯電話嫌いで未だに携帯電話を持っていない私は、いつのまにかすっかり時代から取り残されていましたが、今、ようやく私も晴れて真のモバイラーとなったわけです。

というわけで、これからbモバイル・アワーズの使用感などの話題を、何回か書いてみようと思ってます。

2007-01-26 Friday

bモバイル・アワーズレビュー(購入動機)

bモバイル・アワーズ(2006年モデル)のレビュー第一弾、購入動機編です。bモバイル・アワーズとは、プリペイド式の通信カードです。スタパ齋藤氏の「週刊スタパトロニクスmobile」 29,800円で整うモバイル通信環境「bモバイル・アワーズ」に詳しいですが、PHSデータ通信カードに150時間分の使用権がついたセットで、有効期間は600日。150時間をどう使うかはユーザー次第。毎日15分ずつ600日かけてもいいし、一週間で150時間使い切ってもいいわけです。普段は内勤で、休日のおでかけにちょこっと使うだけだけど、年に数回の出張時には比較的長時間使いたい、という私のようなユーザーには、毎月定額の基本料金が発生しないこのサービスが、まさにうってつけでした。

対応機種が豊富なのも魅力です。パソコンではWindows2000はもちろん、98にも対応しているのも嬉しいですが、何より古いPDAにも対応しているのが嬉しいです。具体的にはClieのフラッグシップモデルNX80VやZaurusの初代リナザウことSL-C700。どちらも私が所有しているPDAで、今となっては完全に旧機種ですが、対応機種に入っていました。さらに、まだまだ現役で使っている大昔のWindowsノートパソコン、VAIO Z505N/BPも、もちろん対応。自分の持っているモバイル機器全てに対応しているのが決め手でした。

購入したのはAmazon。価格は税込み27,926円でした。今みたら、値段は29,800円に上がっていたのでラッキーです。

2007-01-27 Saturday

Palmが無くなる?

かつて、(今も)パーム系サイトを運営していた(している)ものとして、このニュース(「Palm OS」を「Garnet OS」に改名し、ACCESS Powered ロゴを刷新 )を取り上げないわけにはいきません。既にWeb上でいろいろなコメントがあがってますが、私はデラデラメモ《NEO》のでじさんのこのエントリーと、大体同じ気持ちです。正直なところ、Palm OSや、Palmという名称自体が無くなるかどうかについては、もうどうでもよくなりつつあります。日本語版Palmデバイスが再び販売されるとか、Treoが携帯として日本で使えるようになるといった、バラ色の未来を夢見ることも無くなりました。でもNX80Vはまだ使い続けます。bモバイル購入したので、本気で考えていたW-ZERO3も、しばらくは購入するつもりはありません。NX80Vの中古を予備機として買っとけば、まだまだ頑張れそうです。いや、頑張っていやいや使っているのではなく、好きで使っているのですが。

余談ですが、昨日の朝、いつものようにPALMLINKでいこう!!を見ていたら、titleが「GarnetLINKでいっとく?!」になってました。おやっと思い、すべての登録サイトを見ると「それともACCESSLINK?!」に。ANNEXの方はACCESS Powered Garnet LINK 全部いり Palm もあるよ」。何かあるな、と思っていたら、PalmFanであのニュースを知ったのでした。PALMLINKでいこう!!以外にも名前に「Palm」のついたサイトを運営されている方は、皆さん同じような行動をされています。何か、久しぶりにPalmコミュニティが同じネタをみんなで共有して楽しんでいるな、と思いました。ネタがネタだけに複雑な心境ですが。

2007-01-29 Monday

bモバイル・アワーズレビュー(セットアップ編)

Palm名称問題で揺れていますが、気を取り直してbモバイル・アワーズのレビューの続きです。今回はセットアップ編。Amazonから届いたbモバイルの箱を開けてみると、中にはCDと簡単なマニュアル、そしてカードが入っていました。カードはCFのType I(薄い方)で、PCカードスロット用の変換アダプタもついてます。とりあえずNX80Vに挿してみますが、思ったよりはみ出ます。NX80Vはもともとゴツい筐体なんでまだマシですが、スリムなPDAなんかでは目立ちそうです。

早速NX80Vでセットアップ開始。SII のこちらのページでダウンロードできるドライバをインストールしてからカードを挿せば、カードはあっさり認識しました。ネットワークの設定は、一枚ものの紙のマニュアルに書かれていた、手動設定する場合の接続先の電話番号とID、パスワードを入力すればOK。接続してみると、数秒後にネットワークに接続した事を知らせる懐かしい握手マークが。昔、Palm IIIにポケットモデムをつけてグレ電からネット接続に初めて成功したときの感動を、ちょっと思い出しました。

Zaurus SL-C700の設定も、特に問題なく終了。最後にWindows 2000を入れたVAIO Z505N/BPですが、こちらは付属のCDのインストーラを起動するだけと、更に簡単。スタパ齋藤の「週刊スタパトロニクスmobile」の 29,800円で整うモバイル通信環境「bモバイル・アワーズ」でスパタ氏も驚いておられましたが、本当、これでオシマイ?ってな感じでした。

あまりに簡単すぎたので特に注意点もありませんが、敢えて言えば、Webアクセレーター機能をNX80VやSL-C700(リナザウ)で使う場合はプロキシを手動で設定するくらいですか。付属の紙のマニュアルの最後のページに書いてますが、Marion(マリオン)のプロキシサーバはmarion.bmobile.ne.jp、Michelle(ミッシェル)はmichelle.bmobile.ne.jp、Ian(イアン)はian.bmobile.ne.jpで、ポートは全て32080です。ちなみに、Webアクセレーター機能はプロキシサーバ経由でデータを圧縮することで体感速度を向上させるサービスです。速度は3段階に切り替えられますが、Windowsパソコンだと、bアクセスというユーティリティソフトで一発で切り替えられます。bアクセスの使えないPDAなどは、プロキシを手動で設定すればいいというわけです。

次回は使用感を書いてみたいです。

2007-01-31 Wednesday

bモバイル・アワーズレビュー(NX80Vでの使用編)

bモバイル・アワーズのレビュー、今回は今でも現役メインマシンとして活躍中のPalmデバイス、Clie NX80Vでの使用編です。接続までの時間ですが、タップして20秒ほどでログオンの握手マークがでます。それから数秒後に使用可能。bモバイル・アワーズは一度接続するとミニマム3分使用時間がカウントされますが、メールを十数通送受信するくらいなら3分以内に終わるので最低料金で済みます。バンドルソフトのClieMailは基本的な機能は全て抑えている良くできたソフトなので、メール中心での使用では、大きな不満はなさそうです。

一方Webページについてはどうでしょう。バンドルソフトのNetFrontを使ってみましたが正直かなり厳しいです。PDA向けに作られた軽いコンテンツならともかく、PC用のサイトは、ページが全て表示に何分もかかったり、画面が真っ白な状態で固まった(ように見えた)り、帰ってきたと思ったら結局ページが表示されなかったりで、使い物になりません。通信速度の問題より、ブラウザのレンダリング能力とかNX80V自体のハードウェアのスペックがネックのようです。表示が遅いだけならまだ我慢できますが、一番困るのは画面が固まってしまうこと。数分待っても帰ってこない事がよくあります。その間も通信時間はカウントされますが、画面をタップしてもハードボタンを押しても反応しなくなるので、そうなったらリセットするしかないのがつらいです。それでもいろいろ試してみて、NetFrontの設定でCSSとTABLEを使用しないにしておくと、ブログ系サイトなどの多くは何とか実用に耐える速度で見れる事が分かりました。さらに、Google モバイル検索を使うと、Webページを携帯端末用に変換してくれるので、さらに使えるようになるのが分かりました。PCのように、たらたらとWebサーフィンなんていうのは不可能ですが、見れるサイトを事前に調べておいてピンポイントで利用したり、非常用と割り切れば、何とか実用になりそうです。

以下余談。bモバイルの感想ではないですが、Palm OSは通信系が弱いとよく言われましたが、通信しない私には実感がなかったです。不安定なマルチタスクより、サクサク動くシングルタスクで十分じゃないかとずっと思っていましたが、ようやくマルチタスクの必要性が分かりました。シングルタスクだと、通信中にちょっと何かの操作、たとえばホーム画面に戻ったりすると、接続が切れてしまうのです。こういう事は、頭で分かっているのと実際に経験することでは、ずいぶん感想が異なるものです。

最後に電波の届く範囲ですが、今のところ私の生活範囲においては問題無しで、一安心です。京都市の郊外の幹線道路の走行中の車内や、京都駅付近の東海道線の電車内でも問題なく使えました。ただ、トンネルに入ると接続が切れます。これだけは、パケット通信でないので痛いです。

2007-02-02 Friday

bモバイル・アワーズレビュー(VAIOノートでの使用&Webアクセレーター感想編)

bモバイル・アワーズのレビュー、続いてはノートパソコンでの使用編です。ノートパソコンは、もう年代モノのVAIO Z505N/BPにWindows2000を入れたもの。でも、基本的な使い勝手は最新のノートパソコンと変わらないはずです。

Windowsパソコンからの利用は、bアクセスというユーティリティをインストールしておけば、接続だけでなく、電波強度の測定や、後述のWebアクセラレータのプロキシ切替などが簡単に行えます。ネットへの接続に要する時間はClie NX80Vとほとんど同じで、20秒から30秒くらい。接続後は、普通に使えます。速度以外はデスクトップでADSLという環境と大差ありません。通信速度は、その昔、56Kのモデムでダイアルアップしていた頃の感覚です。画像や動的な仕掛けを多用した今時のサイトだと、なかなか画面が表示されませんが、辛抱強く待てばそのうち表示されます。当たり前ですが。

他に書くことがないので、Webアクセラレータ機能の感想を、もうう少し書いときます。Webアクセラレータ機能はプロキシ経由で圧縮されたデータを受信することで、高速化を図る機能ですが、クライアント側には何のしかけも要らないのが特徴です。つまり、端末を選ばないわけで、WindowsやMacはもちろんZaurusやPalmといったPDAにいたるまで、あらゆる端末で利用でるのが嬉しいです。ただ、Zaurus SL-C700やClie NX80Vで使ってみたところ、効果は認められるものの、そもそも絶対的なマシンスペックが低いので、レンダリングやスクリプトの実行速度がボトルネックになって快適なWebブラウジングはできませんでした。ところが、ノートパソコンだとその恩恵に十分あずかれました。

Webアクセラレータにはマリオン、イアン、ミッシェルの三段階(「使用しない」含めると四段階)の設定が出来ます。マリオンは画像はそれほど劣化しないが効果は薄い。ミッシェルは画像が結構汚くなるが、効果ははっきり感じられる。イアンは画像が白黒になるが速度は一番早い。で、一般的にはミッシェルがバランスがいいと思います。

最後に使用時間の消費ペース。こればかりは個人差が大きいので他の人には参考にはならないと思いますが、私の場合は今のところ、大体一週間に1時間のペースです。このペースだと、600日たっても87時間しか使えないので63時間が無駄になります。でも、年に数回の出張で毎日数時間使うと思うので、最初の目論見どおり、ちょうど600日くらいで150時間を使い切るようにしたいと思います。

というわけで、bモバイル・アワーズのレビューは一旦終了します。既にあちこちでレポートされている内容と大差ありませんが、メジャーなメディアでレポートされている内容と大差ない感想だったということをWebで公開することも意味はあるかと思うので、アップしてみました。

最後に、スタパ齋藤氏の詳細レポート、「スタパ齋藤の「週刊スタパトロニクスmobile」 29,800円で整うモバイル通信環境「bモバイル・アワーズ」」と、同氏のブログ記事「スタパブログ: じゃあBモバイルで」をリンクしときます。

2009-01-31 Saturday

bモバイル・アワーズ更新ライセンス購入

2007-01-24のエントリーで紹介したbモバイル、有効期間が過ぎたので二度目の更新をしました。今回も、前回と同じ30時間で最大利用期間150日のbモバイル・アワーズ更新ライセンスを購入したのですが、今回は17時間も残ってました。私の使用スタイルでは5ヶ月30時間ですら、使い切れませんね。もったいない気もしますが、CLIE NX80VとWindowsノートパソコンの両方に使えて維持費が月に1000円程度という通信環境は他に見当たりません。

ちなみに更新ライセンスは30時間、55時間、120時間の3種類ありますが、現在30時間タイプはネットショップで売ってるところを見つけることが出来ず、結局日本通信のオンラインショップbマーケットで購入しました。

2010-02-26 Friday

Clie NX80VでTwitter

久しぶりのPDAネタ。というか、PDAという言葉自体すでに死語っぽいですが、いまだに私のPalmは現役です。高性能なスマートフォンが市場にあふれてますが、Clie NX80Vで何とかがんばってます。で、最近やってるTwitter、ClieにバンドルされているブラウザのNetFrontではログインできず、Palmでつぶやくのは無理かと思っていましたが、携帯からつぶやけるモバツイッターというサービスを使うとログインできました。いろいろ不満はあるものの、NX80V、まだまだ戦えそうです。

モバツイッターのログイン画面
Search this site
Profile
Latest Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Links
counter
Syndicate this site
Powered by
Serene Bach 2.20R