ホームページアーカイブなページ>2003年04月の日記
Birdis Land's Favorites!
 
 
2003年04月の雑多な日記

 ↑PageTop
 ⇔SiteSearch
 ↓PageEnd


2003年04月30日

【GW突入】

ゴールデンウィークに入りました。明日から5連休です。今年は二人目の子供も生まれたばかりで遠出は出来ないので、のんびり過ごすつもりです。サイトの更新も頑張ろうと思ってます。




 ↑PageTop
 ⇔SiteSearch
 ↓PageEnd


2003年04月29日

【CLIEだけじゃない】

本家Palm社から新しい機種が続々登場しています。Tungsten CとZire71。どちらも食指をそそられるマシンです。今のところ日本語版発売の気配がないのが残念ですが、ここのところCLIEばかりが目立っていたので本家Palm社ファンとしては嬉しい二ュースです。しかも、単なる新製品といいうだけでなく、機能、価格、デザイン、どれをとってもCLIEと対等に渡り合えるモデルだに嬉しさも倍増です。

私は今のところCLIE N600Cでほぼ満足しているので、OS5への興味はあるものの、よほどの事がない限りはメインマシンを乗り換えるつもりはありません。最近はパーム関係にに対する投資は少なく、もっぱらスタートレック関連に金をつぎ込んでました。(それについてはまた後日報告しましす。)しかしTungsten C、Zire71、そしてCLIEのTG50と、私好みの比較的シンプルなOS5マシンが次々とリリースされているのを見ていると、そろそろ新型購入のための貯金を開始したほうがいいのでは、という気になってきました。


 ↑PageTop
 ⇔SiteSearch
 ↓PageEnd


2003年04月27日

【トミカ博 in Osaka】

そういえば、ゴールデンウィークってもう始まってたのですね。今年のゴールデンウィークは連休が取り難いようで、うちの会社も昨日と今日の土日は休みですが、明日から30日まで3日間は出勤で、結局5月1日から5日までの5連休のみです。まぁ今年は生まれたばかりの子供がいるため遠出は出来ないので、ちょうどいいですが。

さて、ゴールデンウィークを意識したわけではないですが、昨日、息子と二人で大阪のトミカ博に行ってきました。お目当てはプラレールです。思えば一年前、同じ大阪のトミカ博に行った時、一歳半になる息子が機関車トーマスに出てくるパーシーのプラレールを見つけて欲しいと駄々をこねました。駄目といってもパッケージをつかんで離しません。それまで店先でモノをおねだりすることの無かった息子の、初めておねだりでした。結局パーシーとレールを数本購入してあげたらすごく喜んで、帰りの電車の社内でもずっとパッケージを握り締めていました。それから一年、プラレールはほとんど増やしていませんが、2歳半になり随分レールの組み立ても上手くなったので、そろそろ二台目のを買ってやろうと思ったのでした。

息子が今一番気に入っている阪急電車のプラレールがイベント記念車両で売られているので、購入しました。レールも買いたかったのですが、今回はレールのバラ売りはないとのことで、お目当ての阪急電車と一緒にトミカを乗せられるトミカ搭載貨車(ブルー)と有蓋車(黒)を購入してあげました。息子は大層喜んで、帰ってからは昼寝もしないで夢中で遊んでました。おとーさん(私)もかなり喜んで、一緒になって遊びました。プラレールって、結構大人でもハマります。子供のおもちゃですが、非常によく考えられた製品です。私はいわゆる鉄っちゃん(鉄道マニア)ではないですが、山をやってるので結構日本全国を鉄道で旅した経験があり、一般の人より鉄分(鉄道マニアの度合い)は濃い目なので、なおさらハマりました。プラレールの魅力はそのうちこのサイトでも取り上げたいと思ってます。


 ↑PageTop
 ⇔SiteSearch
 ↓PageEnd


2003年04月23日

【ThumbPadミニレポート】

SONY CLIE N & Sシリーズ用ThumbPad(PA732J)を使ってみた感想です。まだ一日しか使ってませんが、こういうのって旬な時に書いておかないと忘れてしまうので。

まず外観から。結構コンパクトで軽量なので、持ち運びは苦になりません。パームに装着しないときは、パーム装着時にパームの背面を支える板が折りたためてキーボード部分のカバーになるのもグッド。N600Cに装着した時もデザイン的には違和感なし。しかし、いざタイプしようとすると、何か不安定で落ち着きません。どのようにして本体を支えればベストポジションなのか研究の余地ありです。

肝心の入力速度ですが、確かにGraffitiよりは早そうです。親指でタイプするタイプのキーボードを使うのは実は初めてですが、思ったよりミスタイプもなかったです。十字ボタンでカーソルが移動できるのも便利です。ただ、記号や英数字の入力時の切り替えにはちょっとてこずりました。また、私はWindowsユーザーなのでDelキーがBack spaceの動作になるのは馴染めません。純粋に長いテキストを入力するならGraffitiよりも効率がいいですが、テキスト入力に加えて画面上のボタンのタップやメニューの選択、スクロールなど総合的な操作で考えると、Graffiti+スタイラス操作の方が一日の長ありといった感じです。

不具合といえば、十字ボタンで変換候補を選ぼうとするとFatal Errorが起こりました。Tragus社のサイトから最新版のドライバを落としてもだめでした。スペースキーで次候補、Delキーで前候補が選択出来るので、これは気をつけるしかなさそうです。あと、クレードルのHotSyncボタンを押してからHotSync開始するまでにタイムラグが出るようになりました。実害はないもののちょっと気持ち悪いです。ちなみに英語版のドライバを入れるとキーアサインが変わるので使えません。日本語版のドライバはここからダウンロード出来ます。(ただしやたら遅い時がある。)

で、まとめですが、軽量コンパクトでパームへの装着もワンタッチなので、カバンの中や会社の机の引出しに気軽に入れて置け、ちょっとした空き時間にWebサイトのネタを書き溜めたり会議のメモ取りなどに威力を発揮しそうです。特に、立ったままでも入力できるので、バスや電車の中や公園のベンチ、テントの中など、アウトドアで長文入力したい場合にはもってこいのような気がします。機会を見つけて試してみるつもりです。


 ↑PageTop
 ⇔SiteSearch
 ↓PageEnd


2003年04月22日

【外付けキーボードThumbPadを衝動買い】

衝動買いしてしまいました。Targus社ThumbPad。CLIEの下につける親指で押すタイプの外付けキーボードです。Vis-a-Visで480円(!)という値段がついていたのを見つけて思わず衝動買いです。送料と消費税を入れても1344円なので貧乏な私でも衝動買いで切る値段です。

私の場合、パームの外付けキーボードは必携ではないですが、あれば便利かなーという感じです。なんせ480円なんで、大して使いものにならなくても後悔しません。まだちょっとしか試してませんが、もちょっと使ったら簡単なレポートでもアップします。


 ↑PageTop
 ⇔SiteSearch
 ↓PageEnd


2003年04月21日

先週の日記で書いたように、パームなページのコラムにTRGproとHandEra330の販売終了のニュースを聞いてのコラムをアップしました。


 ↑PageTop
 ⇔SiteSearch
 ↓PageEnd


2003年04月19日

【さようならHadnEra】

前回の時計の話の続きを書こうかと思ってた矢先、ショッキングなニュースが飛び込んできました。 ショックです。どのくらいショックかというと、NHK「お母さんといっしょ」の歌のおにいさんおねえさんが交代したくらいです。って私以外の人にはどのくらいショックだったか伝わらないでしょうね(笑)。ショックといえば、同じくNHKの幼児向け番組「英語であそぼ」のラップトーンファミリーが4月の番組改変で無くなったしまったのもショックです。ラップトーンファミリーのお母さん、Mimi役のIVY(アイビー・チェン)、結構好きだったので。ちと脱線しましたが、まぁ、とにかく、かなりショックだったわけです。

私にとっては結構大きなニュースだったのでパームなページでミニコラムとして取り上げようと思い、金曜日の昼休みに会社で打ち込んだんですが、そのテキストを持って帰るのを忘れたので(これもショック)、今日のところは日記で触れるだけにしときます。

4月というのは始まりの季節ですが、同時に終わりの季節でもあるわけですね。


 ↑PageTop
 ⇔SiteSearch
 ↓PageEnd


2003年04月15日

【パームを懐中時計に】

修理に出していた腕時計がようやく戻ってきました。私は腕時計は一つしか持ってないので、修理中はパームが時計代わりでした。最初はいちいちホーム画面に戻って時間を見ていたのですが、流石に面倒なので何かいいソフトはないかと探して見つけたのが、ClockPop Hackです。(リンク先はPalmGearです。)

その名のとおりのHackソフトで、任意のハードウェアボタンを長押しすれば押している間だけシンプルな時計が表示されるというものです。ただの時計ではなく、バッテリーやメモリ残量、さらには今日の予定なども表示することが出来るので、他のアプリを使っていてちょっと今日の予定を確認したいという時も便利です。ボタンを離せばすぐ前に使っていたアプリに戻ります。電源オフの状態からだとボタンを離せば電源が切れます。起動するために必要な長押しの時間も設定できます。設定次第で細かくカスタマイズすることも可能ですが、取り敢えずデフォルトで使っても十分便利です。派手ではないですが、細かい所まで非常に気を配られたソフトだと思います。

時計は戻ってきましたが、ちょっと今日の予定を確認するという時に便利なので、入れておくことにしました。Hackって、本当に痒いところに手が届くものが多いと実感した次第です。


 ↑PageTop
 ⇔SiteSearch
 ↓PageEnd


2003年04月10日

【遮蔽スーツが現実に?】

U.S.S.KYUSHUのBBSパルマガのBBSにも書き込みましたが、ブックマークも兼ねてここでも紹介しておきます。 実際動いているところを見ると凄いです。四角い物体が透けてみえるのはスタートレックに出てくるロミュラン船やクリンゴン船の遮蔽のようですし、コートはスタートレックの映画「叛乱」に出てきた遮蔽スーツを彷彿させます。正直、ここまでのものとは思いませんでした。

ワープや転送、遮蔽といったスタートレックではお馴染みのテクノロジーは、1960年代に放映されたオリジナルシリーズ(TOS)の頃から既に登場していましたが、それらは放映当時はSFの中だけでしかありえない、まさに夢物語の技術でした。しかし、21世紀を迎えた現在、これらの技術がひょっとしたら実現するかもしれない、と思われる研究結果があちこちで報じられています。人類がこのまま成長を続けていけば、23世紀から24世紀にかけて、スタートレックで描かれている戦争も飢餓も貧困もない未来世界(ただしDS9※を除く。)が本当にやってくるかもしれません。もちろんそれまでには多くの困難があるでしょうけど、明るい未来を信じて前向きに生きていくことにしましょう。

※ スタートレックDS9(ディープスペースナイン)は、それまでの同シリーズでは半ばタブーとされてきた戦争やテロ、レジスタンスに暗躍する政府の秘密組織といったダークな部分を正面から取り上げ、それまでのシリーズで描かれてきたバラ色の未来に一石を投じた作品です。その壮大なストーリーと丁寧なキャラクター描写で「通」の間で評価が高い作品ですが、個人的には心底惚れ込めない作品です。スタートレックを生み出した国の現実世界での行いを見ていると、「せめてドラマの中だけではいい夢をみさせてくれ。」と思ってしまうからです。



 ↑PageTop
 ⇔SiteSearch
 ↓PageEnd


2003年04月08日

【いづうの鯖寿司を食す】

最近PalmFanで何度となく取り上げられ、すっかり魅せられてしまった「いづう」の鯖寿司を食べることが出来ました!

何を隔そう私は鯖寿司は大好物です。寿司ネタの中でもベスト3に入るくらいです。その鯖寿司の中でも京都で最も有名だと思われる、ということは日本でも最高クラス、ということは世界ナンバー1?(大げさ?)かもしれないといういづう。値段も値段で一本二人前で4200円と、庶民の口にはなかなか入らない代物ですが、一度は食べてみたい。そこで、先日次男出産のため入院していた連れ合いの退院祝いと、その時長男の面倒を見てくれた実家のお礼にカコつけて、憧れのいづうの鯖寿司を購入することにしました。

昨日の日曜日、息子と一緒にいづうのある京都四条へ。花見シーズンで観光客でごったがえする四条通りを人の波をかきわけかきわけようやく店にたどり着いたのは11時前。店の場所は事前にWebで落とした地図をパームに入れていたので特に問題無く分かりました。ところが店は閉まっており、暖簾もかかっておらず、人の気配すらありません。確かに営業は11時からとなってましたが、いかにも「一見様お断り」(実際は違うのですが)という雰囲気で、近寄りがたい雰囲気です。店の横にインターホンがあって、「予約客はインターホンで呼び出して下さい」という旨の張り紙がしてありました。私は予約無しの文字通り一見さんなのでちと不安になりましたが勇気を持ってインターホンを押すと、いきなり壁と思っていた木戸が開いてびっくり。聞いてみると、お土産は予約無しでも可能ということなので、実家用に一本(4200円)と家用に半分のヤツ(2100円)お土産用鯖寿司を購入。明日までは食べられるが、冷蔵庫には入れないで下さいとの注意をいただきました。

さて、夕食です。丁寧に包装された包み(京都嵯峨野産竹の皮)を開くと、昆布に巻いた鯖寿司が6つに切ってありました。昆布をとると、納豆のように凄く糸を引くのに感動。一口ほおばり至高のひと時を、と思ったのも束の間、連れ合いから長男のおかずがなくなったのでよそってあげてとの言葉。小さい子供が二人もいると、食事もバタバタしてじっくり味わう暇もありませんでした。夕食の前にこっそり1人で味わうべきでと大いに後悔しました。

いづうの鯖寿司

さて、肝心の味ですが、やっぱり美味かったです。脂の乗ったこってりした味ではなく、さっぱりとした上品な京風味というヤツでしょうか。昆布の風味がきいていて、シャリもネットリとして鯖も魚臭くなく、すごく繊細な気がします。気がしますっていうのは私が普段繊細な味の料理を食べなれていないから。食べ物の味って高級になればなるほどその違いは微妙で、舌の肥えた人程より美味さが実感できます。私のような凡人だと、高価で繊細なものよりそこそこ安くて大味だけどパンチ力のある食べ物の方が美味いと感じることも往々にしてあります。以前、同じく京都の有名な鰻屋で並と特上のうな重を食べ比べたことが有りますが、確かに特上は美味かったですが、並のほうが脂がのっていて、甲乙つけがたかった事もあります。

いづうは確かに美味かったです。しかし、値段を考えると、自分でお金を出して買うなら、大味でもいいのでもう少し安くてパンチ力のある、コストパフォーマンスの高い鯖寿司を、ビール片手に腹いっぱいガツンといただきたいです。やはり、お土産にもらうのが一番でしょうね。というわけで、よろしく。(誰に言ってるんだ?)
■ 参考リンク


 ↑PageTop
 ⇔SiteSearch
 ↓PageEnd


2003年04月02日

なんとパームなページのWhat's Newの日付表示がずっと2002年だったということに今気付きました。こっそり修正。(って暴露してるじゃん。)

今日はバファローズ、負けたようですね。残念。それにしても野茂の開幕完封勝利、凄いです。世間ではゴジラ松井の話題で持ちきりですが、メジャーリーグでメジャーになった初めての日本人で、しかも長年にわたり第一線で活躍を続ける(ココ、重要)野茂の業績は日本でももっと評価されていいと思います。元バファローズの選手としてこれからも活躍して欲しいですね。そしていつかはバファローズに帰ってきてほしいです。


 ↑PageTop
 ⇔SiteSearch
 ↓PageEnd


2003年04月01日

【近鉄バファローズ絶好調!】

バファローズ開幕5連勝です!凄いです!しかもそれぞれに意味のある勝ち方でした。初戦は機動力という新しい力で吉井をゆさぶり見事に攻略、中村ノリを除く先発全員安打で快勝。二戦目は初戦唯一不発だった主砲中村ノリが大爆発。三戦めはノリとともに打線を引っ張るローズが大当たり。また、パウエル、岩隈の二枚柱以外でもきっちり勝てたというのも大きいです。そして昨日の4戦目はスーパールーキー新垣の見事なピッチングにクリーンナップが沈黙するも、集中力で好機を確実に得点に結びつけての逆転勝ち。そして今日は継投で接戦をものにしました。打線は相変わらず12球団トップクラスだし、不安だった投手陣も踏ん張っているし、機動力の強化という新しい取組みも成果が現れているし、今年はやってくれそうな予感がします。12球団唯一日本一を経験したことのない近鉄が今年悲願を達成するかどうか、そして作年のFA騒ぎの末、大リーグ入りを諦め近鉄残留を決めたノリが近鉄を優勝に導き男をあげるか、大いに期待しましょう。


   
Copyright (C) 1999-2005 Birdis Land, All Rights Reserved.
Link freely! But hopefully mailto:birdis@nifty.com
ホームページアーカイブなページ2003年04月の日記