ホームページアーカイブなページ>2004年01月の日記
Birdis Land's Favorites!
 
 
2004年01月の雑多な日記


2004年01月29日

【寝言を言うPalm】

ちょっと前の出来事なんですが、私はいつも寝るときは枕もとに腕時計と一緒にT650Cを置いています。夜中に何かあったとき懐中電灯の代わりに使えるのと、寝坊したときのためのアラームをセットしてるからです。ところが、知らない間に、アラームも設定していないのに夜中にT650Cがサウンドを鳴らすよになりました。

私はTechSounds Hackで電源オフ時に「ポロロッ」っていう小さな音を鳴らすように設定してるんですが、どうもそれが鳴っているようです。試しに電源を切った状態で静かな部屋に置いて本を読みながら聞き耳をたてていると、数十分ごとにTechSoundsの効果音が鳴ります。TechSoundsの設定でその効果音のボリュームはかなり絞っているので、もしかしたら昼間もずっと鳴っていたのかもしれません。

もちろん購入時にはそんな症状は出てませんでしたから、後でインストールしているアプリの何かが影響しているのでしょう。最近入れたアプリの中で一番怪しいのは電源オフ時に4大アプリのデータを自動的にバックアップしてくれるアプリです。(名前は失念しました)。これを削除すると、一旦症状は治まったようですが、それでもなお、忘れた頃に「ポロロッ」って鳴ってるような気がします。放っておいても特に実害はなさそうですが、バッテリーを多少なりとも消費しているのは間違いないですし、そのうちいきなり大音量で別のサウンドが突然鳴り出してもこまるので、一旦ハードリセットして環境を再構築したほうがいいかなぁと考えてます。




2004年01月28日

【blog始めてました】

以前、「自分ではblogをやるつもりは無い」見たいなことを書いたのに節操が無いといわれるかもしれませんが、@niftyがblog作成サービス「ココログ」を始めたので、ちょっと試してます。

ニフティのメルマガなどでは「30秒で簡単に作れるホームページ」などと宣伝してますが、流石に初めてで30秒は無理でしょう。しかし、HTMLやFTPはもとより、ディレクトリ階層すら理解していない超初心者の人でも、30分もあればblogサイトが作れてしまえそうなくらい簡単でした。それから適当にカスタマイズしたりダミーのテキストをポストしたりして遊んでみましたが、とにかく文章を書いてカテゴリーを決めてポストするだけで、後はシステムが全部やってくれるし、サイトデザインの変更なんかも設定を変えるだけで全てのページに新しいデザインが反映されるので、HTMLファイルを一つずつチマチマ修正する必要もありません。なるほどblogこれは普及するわけだと納得しましたが、同時に、予想していたとおり、システムが提供している範囲でしかサイトのカスタマイズが出来ないという点で不満も感じました。特にココログは初心者向けをウリにしている分、カスタマイズ性にかけては非常に制限があるようです。それはそれでいい事なんですが、自分のメインサイトをblog化するとしたら、やはりサーバにインストールするタイプのものかなぁという気がします。

とまれ、一通り試してみた結果、結構使えることが分り、@niftyの会員なら無料で利用できるのに使わないのはもったいないという気もあったので、子育てにまつわる話題を扱うblogを半分試験的に立ち上げてみました。で、一人では更新もままならないので、連れ合いにも声をかけてみたのですが、連れ合いがハマッてしまって、すっかり連れ合いのサイトのようになってしまいました。

最初は身内だけのページにしようかとも思いましたが、一応ポストする記事にはプライベート情報は出さないようにしているので、取り敢えずこっそり紹介しておきます。
  • KOTORI日記
    コトリ(2000年10月生まれ♂)&チビトリ(2003年3月生まれ♂)のつれづれ日記



2004年01月27日

昨日の日記ではYahoo!BBの全てを否定するような書き方をしましたが、後で読み直してみると、私の思い違いもあることに気付きました。一年も前から勧誘活動をしているのはIPSとADSL接続サービスの方でしたね。今回の電話では通話が安くなると言ってましたので、IP電話のことを説明したかったのでしょう。問答無用で切ってしまったので、それ以上のことは分りませんが。

Yanoo!BB(というかソフトバンク社)は、MicrosoftやIntelなどと同様、世間一般では広く受け入れられているけど、事情通の間ではすこぶる評判が悪い会社です。反対派の話を聞くと、確かに説得力がありますし、実際その通りだと思えますが、しかし、これらの悪名高い会社の製品なりサービスが、これだけ世間一般にデファクトとして浸透しているということは、彼らの提供する製品なりサービスなりに、それなりのいい所があることも認めなければいけないと思います。Yahoo!BBの安さは確かに魅力的ですし、住んでいる場所によってはYahoo!BB以外、ブロードバンド回線の選択の余地がない人もいると思います。何も考えずに安さだけで選んでいる人もいれば、もろもろのリスクを承知でセキュリティ対策をきちんとして利用されている人もいると思いますが、いずれにしても最終的な判断は消費者に任されているわけですから、頭ごなしに否定する姿勢はよくないのでは、とちょっと反省しました。

もっとも、法律に触れなければ何をやってもいいというのは個人的には反対です。そういう企業は最後には消費者の手によって淘汰されるべきだと思いますし、そのためにも消費者がもっと勉強すべきだと思います。




2004年01月26日

【Yahoo!BBからの勧誘】

昨日の日曜日のお昼、ついにYahoo!BBからの勧誘電話攻撃にあいました。Yahoo!BBの悪徳商法まがいの強引な勧誘については既にネット上で話題になっていたので、電話を取った瞬間「来たか!」という感じでした。勧誘員の若い女性は、先ず「Yahoo!BBですが、このたびNTTの工事が完了し、お安く通話できるようになりましたのでご連絡しました。」と切り出しました。最初の「Yahoo!BBです」という部分を聞き逃すと、あたかもNTTからかかっているように聞こえます。また、いかにもこちらが何か手続きをして、その結果作業が終了しました、という感じの言い方です。いずれにせよ、一般的な勧誘電話と違って予備知識がないと、ついついじっくり話しを聞いてしまいそうです。

私の場合は、以前がんばれ!!ゲイツ君のコラム、続・白い影の恐怖などを見ていて予備知識があったので、「申し込みはしていませんが。」とはっきりした口調で女性の説明を断ち切りました。すると、「いえ、お客様のお住まいの地域が、Yahoo!BBをご利用できる区域になったということです。」という返答が返ってきました。そんな事言ってるけど、うちの近所では、もう1年くらい前から、例の白装束や赤装束の勧誘員があちこちで勧誘活動を繰り広げてたぞ、と心の中で呟きながら、「契約する気はありません。」と強い口調で断って、そのままガチャっと電話を切りました。

電話を切ってから、どこでうちの電話番号を知ったか(うちは電話帳には掲載してません)とか、がんばれ!!ゲイツ君のコラム、インターネット錬金術で知った、ADSLモデムの証券化とかについて聞けばサイトのネタになったかもしれないなぁ(笑)と思いましたが、あまり深入りもしたくないので、話を聞かずに強制的に電話を切って正解だったと思います。




2004年01月25日

【ガス給湯器を交換】

今住んでいる家は中古物件なんですが、もともとついていた給湯器の調子が最近悪かったので交換しました。今ついているものが大阪ガス製だったので、とりあえず大阪ガスに見積もりにきてもらうと、カワックやヌックで宣伝している床暖房や浴室暖房に対応したものがお勧めだと言われました。これらの暖房にも使える給湯器は、給湯専用のものより割高なはずですが、大阪ガス製のものは給湯暖房兼用タイプと給湯専用タイプは定価ベースではほとんど変わりません。聞けば、給湯暖房兼用機は、ヌックとカワックを普及さすための戦略価格で安くしているということです。そういうことなら、これを機会に、いっそ床暖房と浴室暖房を入れた方が得か、と思い、さらに見積もりを取ってみました。しかし、いろいろ積み重ねていくと、費用は膨れ上がり3桁の大台を越えてしまいます。さらにランニングコストも思った以上にかかりそうです。で、結局床暖房も浴室暖房もやめ、地元では大手のリフォーム業者に給湯器のみ交換の見積もりを取ってみました。その業者曰く、大阪ガスブランドは大阪ガスの地域に密着したアフターサービスが受けられる反面、値引き幅は高くないということです。そこで、イナックスのブランドで中身はリンナイ製のユメックスというブランドの給湯器にした場合の見積もりをもらいましたが、大阪ガスより随分安いです。ここでいいかと思いましたが、念のため、以前この家を購入したときリフォームを頼んだ、個人経営のいわゆる工務店にも見積もりを取ってみました。個人経営なのでリフォーム業者より工賃は安いけど、給湯器本体は大手のリフォーム業者の方が販売数が多い分、仕入れも安くなるためトータルではそんなに変わらないだろうと予想していましたが、結果はリフォーム業者より更に輪をかけて安かったです。その工務店は新築がメインなんですが、価格が安いだけでなく非常に良心的なので、今回はそこにお願いすることにしました。

最近リフォームが流行りですが、リフォームをする業者にもいろいろなタイプがあります。最近のトレンドや新しい素材、センスのいいデザインなどの提案力はあるけど、工事費は割高になるリフォーム専門業者もあれば、自分からプランの提案することは無いけど、こちらが要望をきちんと伝えれば、それが実現できる一番安くて確実ないい方法をきちんと提供してくれる、いわゆる職人さんタイプの工務店もあります。どの業者がいいのかはその人の嗜好によって変わると思いますが、うちでは後者の職人さんタイプが合っているようです。




2004年01月22日

【スタイルシート非対応ブラウザへの配慮】

昨日の日記でホームページに使っているスタイルシートを改善した話を書きましたが、スタイルシートに対応していないブラウザの配慮をしていないことが気になり、さらに修正しました。以前から気になっていたのですが、Netscapeの3や、4.7でスタイルシートを切った状態で見ると、メニューのリンクテキスト色はデフォルトの青になってしまい、背景の黒と溶け込んで非常に見難くなるのです。今時Netscapeの3を使っている人はほとんどいませんし、4.7ではスタイルシートを有効にすればリンクテキストの色が変わるので、今まで眼をつむってきましたが、せっかくなので修正することにしました。その方法ですが、手っ取り早く、メニューの部分の背景色の指定をHTMLでなくスタイルシートですることにしました。こうすると、スタイルシート非対応ブラウザではリンクテキストも背景色も色指定していない状態となるので、デフォルトの白またはグレーに青の文字となり、文字が見難くなることはありません。弊害として、左の帯もなくなってしまいますが、見やすさ方が大事なので、これで良しとします。

あと、ソースコードを見直していたら変な部分があったのでこっそり直しておきました。時間があれば、サイト内のほかのページも同じ修正をし、ゆくゆくはスタイルシートの定義を外部ファイルに写し、一部のページで変更している配色を一括して指定できるようにしたいな、と考えていますが、いつになることやら。




2004年01月21日

【ホームページのソースコードをちょっと改善】

うちのサイトでは左の帯内のメニューを全てリンクテキストで作成していますが、帯部分と本文の背景色が違うため、ページ内でリンクテキストの色を変えています。又、帯の中のリンクテキストは、通常のリンクテキストと違い、下線を付けず、リンク先を開いた後もテキスト色が変わらないようにしています。これらはスタイルシートとJavaScriptを組み合わせて実現ているのですが、一年程前にこのスタイルを採用したときは、スタイルシートをよく理解しておらず、随分無駄な書き方をしていたようです。

具体的には、現在は<a>タグのstyle属性でstyle="text-decoration: none"で下線を無くし、続いて<span>タグのstyle属性でstyle="color: rgb(240,248,255) ; font-weight: bold" onmouseover="this.style.color='#FF0000'" onmouseout="this.style.color='#F0F8FF'"として、カーソルがテキストの上に無いとき、ある時、離れたときのそれぞれの色を指定していました。わざわざ<a>タグと<span>タグに分けて指定してるのは、<a>タグ内にまとめて記述するとNetscape Navigator 3でJavaScriptエラーが出たからです。又、A:HOVERという定義済みクラスを使うとJavaScriptを使わずにカーソルを乗せたときのみリンクテキストの色を変えるのが可能なのは知ってましたが、そうすると、ページ全体に反映されてしまうため、このような複雑な記述を採用したのです。

ところが、最近スタイルイシートを真剣に勉強し始めたおかげで、クラスを使えば同じ事が実現出来ることが分かりました。色の変更と下線を取る指定をmenuという名前で定義しておけば、長いコードを書かなくても<a>タグの属性でclass="menu"とするだけでOKです。ポイントはA:HOVERにもmenuというクラスを作っておくこと。そうしないと、class="menu"としたリンクテキストはカーソルを乗せても色が変わってくれません。(この部分で随分悩みました。一度気が付けば何でもない事なんですが。)

以上の修正を加えて見たホームページは、ブラウザで見る分には修正前と同じですが、ソースコードのサイズは20%程度小さくなり、ページのメンテも楽になりました。見た目が全く同じでは面白くないのでメニューのリンクテキストにはカーソルを乗せると下線が出るようにしときました。

スタイルシートについて何だか難しくてソースコードも複雑になるような感じがしてましたが、やってみると、コードをシンプルに出来るしHTMLでは非常に難しかったり不可能なことが簡単に出来てしまうので、知れば知るほど深みにはまってしまいそうです。




2004年01月20日

拙サイトのサイト内検索はGoogle版と杜甫々さんのWwwSearchの二種類用意してるんですが、Google版がいつのまにか「使える」ようになってきました。

私は自分のサイト内検索のテストに、いつも「メンマ」と入れてみるのですが、@niftyからロリポップに引っ越してしばらくは、サイト内の全てのページがGoogleに巡回されていないようで、「メンマ」と検索しても何もヒットしませんでした。しかし、今日の時点でメンマとやると、Google版でもWwwSearch版でも同じ結果が返ってきます。サイトを移転して2ヶ月、引越し直後に感じていた違和感も、ようやくなくなってきました。そろそろサイトの中身にも手を入れたいと思ってます。




2004年01月19日

【古いパソコンを長男用にセットアップ】

昨年の終わり頃ですが、3歳になったばかりの長男がマウスの操作を出来るようになりました。トーマスのフラッシュアニメを見る事の出来るお気に入りのWebサイトがあるのですが、アニメを見るには動かしたい機関車をクリックしなければなりません。そこで、ずっと私が操作して見せてあげていたのですが、流石に何度も何度も同じアニメを見せられていいかげん飽きたので、マウスの操作を教えてやりました。最初は思うように動かせなかったんですが、いつのまにか、マウスをゆっくり動かして目的の位置でカーソルを持っていき、一旦手を離してから左ボタンを指でクリックすることが出来るようになりました。

一度成功すると、自分で操作できることが嬉しいせいか、一心不乱にマウスを動かしてフラッシュアニメを見つづけてます。このままで私のパソコンを占領されてしまうかもしれません。そこで、押入れにしまいこんでいた、昔使っていたHEWLETT PACKARDのVectraというデスクトップパソコンを長男用に再セットアップすることにしました。Vectraは、ちょうどこのサイトを立ち上げた頃から使い始めたマシンです。スペックはMMX Pentiumの233MHzでメモリは64MB。使い始めた頃の日記はこの辺りにありますが、今読むととても懐かしいです。

先ずはc:ドライブをクイックフォーマットしてWindows98 SEを入れてみましたが、インストーラーが途中でハングアップ。マシンスペック的にもWin98はちょっときつめなので、もともとついていたWindows95 OSR2を入れました。インストールはすんなり完了。ここで、以前メインマシンの自作機用に購入したけどマザーボードが認識しなくて使ってなかった片面実装タイプの256MBのDIMMを試しに挿してみたら、64Mだけ認識しました。これで、もともと挿さっていた分とあわせてメモリは合計128MBとなりました。Win95には充分な量です。

次にネットワークの接続です。BUFFALOのLGY-PCI-TXDという安価なNICを買ってきて、自作機とVAIOノートがつながっているLANにつなげました。家庭内LANにつながっているのは今まで2台でしたが、3台つながると一人前のLANになったようで、ちょっと嬉しいです。

次にソフトのインストールです。長男用なので、Webページと静止画、動画が見れればいいので、最初にNetscape7.0の英語版をインストールしました。入れてから、やっぱり日本語版の方がいいかなと思い、一旦アンインストールして日本語版の7.1を再インストールしたら、何故かNetscapeが起動しなくなりました。いろいろ試してみましたが、どうしても日本語版が起動せず、仕方なし英語版をいれたら今度はフラッシュが見れなくなって、結局OSを再インストールして英語版7.0を入れる事にしました。どうせ長男は漢字は読めないので、英語版でも日本語版でも同じです。取り敢えず、これでフラッシュを多様した子供向けのWebサイトを見ることが出来ました。
動画再生はWindows Media Playerをアップデート。ダウンロードセンターを見るとWin95用のアップデータは6.4までしかありませんでした。6.4を入れて試してみると、ネットで集めた長男のお気に入りの貨物列車や阪急電車の動画クリップの一部が見れませんでした。動画については様々な形式があるので、で全て対応するのは諦めることにしました。

まぁこんな感じで古いパソコンを再セットアップしましたが、懐かしさもあり、なかなか楽しかったです。後の問題は設置場所をどうするか。Vectraにつけている17インチのCRTは場所をとるので困ったものです。




2004年01月16日

私が今メインマシンとしてつかっているPDA、ソニーのCLIE T650Cの中古品相場が最近軒並み安くなってきていて、ちょっとショックを受けてます。年末に中古品を購入した時の相場は大体2万円前後だったのに、今ではSofmap中古販売でもPDA工房でも1万5000円前後まで下がっています。オークションだと1万円前半で落とせそうです。T650Cは、ほんの2年ほど前は39800円で売られていたハイエンドクラスのPalmなので、かなりお買い得感がありますね。個人的にはバッテリーの持ちを気にしない人ならOS5を搭載した現行機のエントリーモデル、TJ25よりお勧めです。




2004年01月15日

【自動化=効率化?】

昨年年賀状を作成していたときに思い付いた話です。

ある電子データの一部を別の電子データを元に修正する、というありがちな作業を行う場合を想定します。ある程度コンピュータのスキルのある人なら、どちらも電子データなんだから、表計算ソフトやデータベースソフトの関数やスクリプト、マクロなんかを駆使して、なるべく作業を自動化させることを考えると思います。が、手作業で地道に修正する方が早かったりする場合が多いです。

例えば、前回年賀状を出したときに使った宛名印刷ソフトのデータをベースに今年の年賀状を出すため、引越しや結婚で住所や名前が変わった人を、PDA(またはパソコンなど)に入れている住所データから探してきて修正する、といった作業です。アドレス帳のデータが何百件もあるような人付き合いの多い人なら自動化を考えた方がいいかもしれませんが、せいぜい百人前後のデータから修正が必要な人だけ探し出すなら、いちいちデータをエクスポートしたりインポートしたりアプリを操作したりするより、目で探してその場で修正していく方が早い場合が多いです。

って、一般論的に書けば、そんなの当たり前じゃんという人も多いと思いますが、これが実際にそのような状況に置かれると、スキルのある人ほど何も考えずに自動的にやらそうとしてしまいがちです。以前プログラマーの人と話す機会があった時、私が仕事で作成しているWebサイトで、ページに載せている会社営業日のカレンダーの更新を毎月手作業で作ってるといったら、それは大変でしょうと言われました。しかし、実際の作業は前の月のフォーマットをそのまま利用して31個の数字を修正するだけなんで、2〜3分もあれば出来ます。これをマクロなりスクリプトなりでやらそうとすると、私には一からコードを書くスキルは無いんで、Webで公開されているフリーのCGIスクリプトなどを探すしかないですし、それを見つける手間や、サイトデザインに合わせてスクリプトを修正したり、動作確認したりすることを考えると、恐らく1〜2時間はかかると思います。1〜2時間というと、手作業で2〜3年、あるいはそれ以上の期間更新出来る時間です。2〜3年後にも全く同じ作業をしている可能性は低いですし、長い眼で考えると結局手作業の方が効率がいいんです。という旨の話をしたら、「確かに。なるほどそういう考え方があるんですねー。」とやたら感心されました。

コンピュータに限らず、何事にもスキルはあるに越したことはないですが、「策士、策に溺れる」ってやつに陥らないように気をつけなければならないと思います。




2004年01月14日

【TJ27/37もいいかも】

昨日はかなり興奮したTH55ですが、冷静に購入を考えてみると、価格がネックになりそうな気がします。UX50よりは安いでしょうけど、出たての頃の実勢価格で5万円を大幅に切ることは難しいと思います。ということは、値段がこなれて私でも購入できそうになるのは早くて今年の末、中古市場に新品の半額程度で出回るのは来年あたりということになりそうです。年末から来年というと、今使っているT650C&N600Cも流石に買い替え時でしょうしが、その頃はOS6マシンが普及してるでしょうし、OS6のエントリークラスで魅力的なマシンが出ている可能性もあります。

そんなことを考えていると、一つ下のクラスのTJ27とTJ37に興味が出てきました。どちらもカメラ付きですし、間違いなくTH55より安そうです。今までの値付けからいって、TJ25の19800円に対し、TJ27は29800円、TJ37は39800円、そしてTH55は49800円くらいかなぁと、根拠もなく予想してますが、29800円くらいなら頑張れば新品でも購入できそうです。

ところで、実は最近中古のLinux搭載ザウルス、SL-C700を購入しようかと思っていたところでした。というのも、最近Linuxを勉強中、というか、かじり始めていて、前からハードウェアは最高だと思っていたリナザウに、ソフト的にも興味が出てきたからです。もっと言うと、Palmデバイスに対してはN600CとT650Cでほぼ満足してしまい、ちょっと興味が薄れていたのでした。そんな時に次々と明るみになったのが、今回のソニーの新製品です。リナザウへの興味は相変わらずですが、やはりハンドヘルドはPalmOS一本で行きたいという気持ちも強いので、今度のClieには久々に期待したいと思います。




2004年01月13日

【Tシリーズのワイドハイレゾ機ついに登場か?】

3連休の話や、年賀状で思いついた話など、書きかけの原稿はいくつかあるのですが、今日はこれを取り上げなければなりません。既にPalm系サイトで話題彷彿のCLIEの新型TH55のリーク記事です。
ワイドハイレゾに無線LAN、カメラ付き。折りたたみ式でも横位置でもない、比較的シンプルな縦型デザイン。かなり理想的です!!CFカードスロットが無いのは私の場合、全く問題ありません。無線LANが内蔵されていれば、むしろ無い方が嬉しいくらいです。これなら多少高くても買おうかなという気になりそうです。

リーク記事中のPDFのマニュアルに詳しいスペックが載っていたので個人的に気になる所を上げてみると、CPUはHandheldEngineで、使用時間はPIM用途で15日となっています。35万画素のカメラのレンズはF2.8で35mm換算で35mm。焦点距離は23センチ。画質も含めた使い勝手は気になります。マニュアルは、まだスペックのところしか読んでないので、添付のアプリやディスプレイはランドスケープ(横長)モードが可能か?といった事は分かりませんし、スペック以外にも、背面になったジョグやバックボタンの使い勝手、など気になるところは山ほどあります。今後の情報が非常に楽しみです。




2004年01月07日

【今年の抱負(追記)】

今年というか昨年末に決意した事を書き忘れていました。それは、来年の年賀状には全ての人に一言ずつ直筆のコメントを書くという事です。今年頂いた年賀状には多くの人が直筆で簡単なメッセージを添えてくれてましたが、やっぱり短くても自分宛のメッセージが書かれてあると、見ていて楽しいし、また嬉しいものです。自分の出す年賀状はここ数年、年賀状が完成した時点で力尽きてしまってコメント無しで出していました。来年の年賀状こそは、一言メッセージが書けるよう、早めに準備したと思います。

それに派生して出てくる目標ですが、今年はPalmの住所録のメンテナンスをきっちりしたいです。移転や結婚のお知らせが来たら一応Palmの住所録を更新するようにしているのですが、情報管理が徹底していないため、今までは年賀状の宛名を印刷をする段になって、あれ、この人確か結婚してたんじゃなかったっけ?とか、子供の漢字は何て書くんだっけ?みたいなことの繰り返しでした。で、一年前の年賀状を引っ張り出してきて住所を再確認したり、転居メールや結婚の案内ハガキなどをあちこちから探し出したりで、結局一言メッセージを書く時間と気力が無くなっていました。今年はそんなことのないよう、お知らせをもらったら必ずPalmの住所録に反映さすようにします。Palmの住所データが完璧なら、年賀状の宛名書きは宛名印刷ソフトにデータをインポートするだけで済むので、裏面のデザインさえ出来れば年賀状作成にかかる時間は随分短くなる筈です。

そういえば昔、Palmの住所録で年賀状を作るのをネタにした日記を書いたと思い探してみたら見つかりました。2000年12月9日の日記です。今読み返してみると、2000年から2001年にかけてはかなり気合の入ったコンテンツが多かったように思います。あるテーマについてネットで調べたことを自分なりにまとめてコラムなページに掲載したりして、いろんなサイトに紹介していただいたりしてました。最後の抱負として、日記にtips的なネタを書きなぐるだけでなく、一つのテーマに対してきちんとまとめて独立したページで公開するといった事を何回かはしたいと思います。

これ以上続けると抱負だらけになって来年の日記が反省だらけになってしまうのが怖いので、この辺でやめときます。




2004年01月06日

【今年の抱負】

本当は三が日に取り上げるべき話題なんでしょうが、せっかくなんで、今年やりたいなぁと思うことを書いておきたいと思います。

先ずPalm系、というかコンピュータ系の抱負。今年こそはLinuxを自分のパソコンで体験してみようと思ってます。もう何年も前から興味があったLinuxですが、毎年気持ちだけで実行に移せませんでした。しかし、実は正月にちょっとだけ古いパソコンに昔どこかでもらってきた体験版をインストールする準備を始めたんです。予想通り敷居は高そうですが、取り敢えずちょっとかじる程度はやってみようと思います。

Palmデバイス関連については、残念ながら、特にこれをやろうという事が思いつきません。現時点では特に欲しいと思える機種も無いですし、今年は好みの機種が出る事を願いつつ、T650CとN600Cを大事に使おうと思ってます。

次にアウトドア系ですが、子連れアウトドア活動期にアップできるような活動を2001年のレベルくらいは実行したいです。山やスキーといった活動はもちろんですが、ここ数年は子供中心のライフスタイルになるので、親も楽しめるアウトドア活動をもう少し頑張って実行していきたいです。

最後にスタートレック系ですが、もう一年近く更新していないこちらのページを何とかしたいです。今年はスーパーチャンネルで「スタートレック エンタープライズ」の第2シーズンも始まるので、それを機に、レビューを再開したいと思ってます。あとフルタの食玩の 「スタートレックフィギュア第2弾」は全部揃えたいです。

ところで、長期休暇は充電期間とよく言われますが、今回の休みはどうも放電期間のようでした。というかリセット期間ですか。休み中に仕上げた成果物というのはほとんどありませんが、おかげで休み明けの昨日今日は、年末より気力というか活力が沸いているような気がします。ちょうどメモリー効果でヘタってきたニッケル水素電池が、完全放電と満充電で回復したようです。なお、メモリー効果については拙サイト内の2001年8月3日からの日記を参照して下さい。久しぶりに読み返してみて、とても勉強になりました(笑)。




2004年01月05日

【更新再開】

明けましておめでとうございます、というより。おめでとうございました、って言ってしまうほど時間が経ってしまいましたが、今日から更新再開したいと思います。先ずは連休中の報告など。

大晦日の更新でも書いたように、年末年始の9連休は特に遠出することもなく、まったりと過ごしました。連休最終日の昨日、エキスポランドで開催されているプラレール博に行ったのが唯一アクティブに行動した日で、後は実家に行ったり初詣に行ったり家族で近所を散歩したりといった程度で、のんびり過ごしました。といっても「食っちゃ寝」のぐーたら生活ではなく、子供の世話に終われて結構バタバタしてましたが。

プラレール博は長男が前から楽しみにしていたのですが、いざ行ってみると、喧騒や人ごみが嫌いな息子はいまいちノリが悪かったです。むしろその後に寄った万博公園の方が楽しかったようです。万博公園については出来ればこちらのページに簡単なレポートにしたいと思ってます。(思ってるだけで終わる可能性大ですが)

あと、私の誕生日のである12月30日は一人で日帰りスキーに行かさせてもらう予定だったんですが、朝起きた時に隣で寝ていた長男を起こしてしまい、トイレに連れて行ったり朝食を作ってやったりしてるうちにすっかり日常モードに入ってしまい、結局行けませんでした。ここ最近すっかりスキーにはご無沙汰で、昨シーズンは結局一昨年の12月30日に一回行ったきり。今シーズンもこのままでは一度もスキーに行かないままシーズンが終わってしまいそうで、ちょっとまずいなぁと思ってます。今シーズン中には下の子供もヨチヨチ歩きが出来るようになると思うので、子供のためにも積極的に雪に触れさす機会を作ってやるつもりです。(っていうか、親のために。)

最後にちょっと私信。年賀状を送った方でこのページを見て下さった方もいらっしゃると思います。毎年、年賀状に直筆のコメントを一言書こうと思っているのですが、いつもギリギリまで年賀状作成に取り掛からないおかげで、印刷できたら力尽きてそのまま投函してしまってます。今年も何も書かずに出してしまいが、この場を借りてお詫びしときます。


   
Copyright (C) 1999-2005 Birdis Land, All Rights Reserved.
Link freely! But hopefully mailto:birdis@nifty.com
ホームページアーカイブなページ2004年01月の日記