ホーム(http://birdis.main.jp/)アーカイブ>2004年08月の日記
Birdis Land's Favorites!



2004年08月の日記


Powered by Google
Powered by WwwSearch

PageTop
Home
PageEnd
2004/08/31
入ってて良かったSofmapの中古ワランティ

最近購入したSONYのCLIE TJ37の話は、現在独立したページを作成中です。その前に、T650Cの修理の続きです。

中古で購入したT650Cの画像が乱れるようになったので修理に出したのは前の日記で書きました。Sofmapの中古ワランティに入っていたので、無償で修理してもらえるだろうと思っていましたが、修理代は中古購入金額を超えると別途請求になるということで、見積もりの結果、約9000円払わなくてはならないことになりました。9000円というのは微妙な金額です。これが、5000円くらいなら迷わず修理ですし、15000円くらいなら即修理は諦めるのですが、9000円というと、T650Cは無理にしてもT600CやSJ30クラスの新しい中古品(なんかややこしい表現ですが)が購入できてしまいます。使えるPalmデバイスが一台しかないなら、多少高くても修理したいところですが、今はメインマシンとして新しく買ったTJ37がありますし、予備機としては、いつソニータイマーが発動するか分かりませんが一応完動品のN600Cがあります。で、悩んだ末、修理をキャンセルすることにしました。

ソフマップに連絡してみると、修理できなかった場合は補償金額としてプール(Sofmapのポイント)で還元するとのことです。私の場合、購入して一年未満なので、なんと購入金額の50%=8900プール(1プール=1円)も還ってくるとのことです。利用規定には確かに補償金額について書いてましたが、すっかり忘れていたのでラッキーでした。ワランティ、入ってて良かったです。




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/26
ココログのDOCTYPE

昨日、一昨日と柄にもなく時事ネタを取り上げて疲れたので、今日は軽く流します。既に何度も紹介してますが、@niftyが提供してるココログで子育て系のblogを細々とやってるんですが、昨日久しぶりに画像付きで記事をエントリーしたところ、 <img>タグの最後が />で終わってることに気がつきました。ということは、、、と思ってソースコードを見ると、やはりDOCTYPEはXHTMLになってます。恥ずかしながら、ココログ、というかblogがHTMLでなくXHTMLで書かれている事に初めて気がついた次第です。XHTMLの書き方はHTMLより制約が多いので、記事のエントリーで自分でタグを挿入するときは、注意しなければなりません。まぁ、タグを大文字で書いたり属性値を""でくくらなくても多分ブラウザでは普通に表示されると思いますが、私的には気になるポイントでした。

ところで、昨日エントリーした記事で掲載した写真は、どちらも新しく購入したSONYのCLIE TJ37で撮ったものです。トリミングやリサイズ等、多少レタッチはしてますが、Webでスナップ写真を公開するには、まぁまぁ使えるかなといった所です。(2枚目の写真はダイナミックレンジの狭さが災いして、顔や腕が飛んでますが、逆に迫力が出て面白いので敢えて採用しました。)TJ37のカメラの画質については、思ったより酷くなくて安心してます。(欲を言えばキリがないですが。)




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/25
オリンピック期間中に考えていること

昨日の続きですが、マスコミはスポーツ一色です。新聞を見てもスポーツ面はもちろん一面や社会面まで、オリンピック一色で、他のニュースはよほどの事が無い限り載りません。そこで思い出したのが、エリア88(漫画です)の21巻での海音寺老(日本の政界の影の大物という設定)のセリフ。「さて、政治力を行使するにあたって理由はいらない、理屈は後でどうにでもなる。問題はそのタイミングじゃ。」

昔読んだときは所詮漫画の中の一セリフだと思って軽く受け流していたのですが、イラク戦争なんか見てると、すごくリアリティを帯びて聞こえます。なんせ、一国を滅ぼす行為の理由となる報告書が嘘っぱちだったわけで、それが大した問題にならなかった訳ですから。そういう意味では、オリンピック期間中というのは、世論に反対されるような事をしようとしてる人や、してしまった人が後始末をするにはうってつけの時期です。例えば三菱自動車の幹部なんでほっとしてるんじゃないでしょうか。オリンピックが始まるまでは連日のように掲載されていた三菱自動車関連記事が、最近はほとんど見られませんから、イメージ回復にはうってつけです。

もっとも、マスコミの三菱バッシング報道はやりすぎのような気がして、ちょっと三菱に同情します。確かにクレーム隠しは良くないですし、ましてや死者まで出しているのだから社会的な責任は問われて当然ですが、似たようなことは他メーカーでもやっているらしいです。自動車整備の現場では、これはクレーム扱いじゃないの、というような製造上の欠陥に起因するらしき故障を発見することは珍しくないそうですし、某メーカーのディーラーなんかでも、本来クレームとして扱わなければいけないレベルの欠陥に対する通達は、普通の通達とは別の形でまわってきたりするそうです。

また、オリンピックが始まるまでは、毎日のように「三菱車が突然火を噴いた」みたいな記事が新聞に載ってましたが、実際には他メーカーの車もどこかで爆発していて、統計上は三菱車が毎日一台爆発してもおかしくないそうです。ということは三菱よりも出荷台数が多いトヨタや日産の車は、三菱車以上に頻繁に爆発してるはずですが、それらはちっとも報道されません。ここまでバッシングが続くと、本当なら業界の団体なり国なりがなんらかの保護なり援助すべきなのに、三菱自動車はすっかりスケープゴートのようでした。

マスコミはあからさまに嘘をつくことは少ないですが、結構嘘も報道します。しかし、もっともやっかいなのは、断片的な事実を積み重ねることで、偏った知識を植え付けられることです。日本は一応言論の自由が保障されているので、マスコミの流す情報というのは概ね正しいという認識が一般的にまかり通ってますが、こういう状態っていうのはマスコミの流される情報で簡単に国民大半が偏った思想に洗脳されてしまう危険をはらんでます。むしろ、独裁政治下で厳しい報道管制がしかれている中、口コミで細々と伝わる情報の方が、マクロ的には事実が正しく伝わるような気がします。

こういう危険があることを気づかせてくれるのが、いうまでも無いインターネットの恩恵のひとつです。今の日本、もしインターネットがなければ、と思うとぞっとします。




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/24
オリンピック期間中にやってる(た)こと

ちょっとサイト更新が滞り気味です。世間一般ではオリンピックや高校野球のおかげで睡眠不足の人も多いようですが、私の場合は誤字・ら・日記の2004年8月11日(水)の「オリンピックが始まりますが」という日記に触発されて、普段はあまり見ないニュース系サイトでオリンピック報道の影に隠れて見落とされてしまうようなニュースをしっかり見ようという気持ちになりました。ところが、国際政治や経済などの時事ネタは、普段見慣れないので解説無しには理解できず、挫折。そこで、時事解説のサイトなどを見ることにしましたが、なかでも小泉の波立ちというサイトの「[付録]ニュースと感想」が面白くてバックナンバーを読み漁っていました。私のレベルでは理解するのが難しい話も多いですが、田中宇の国際ニュース解説と同様、目から鱗の連続で、時間の経つのも忘れてハマってました。

ところで、前回の日記で前振りしといたPalmネタですが、ネタの内容は、TJ37を購入したという話です。そう、購入しちゃいました。久しぶりに中古品でも型遅れでもなく、新品のCLIEの現行機種です。(といっても旬はとうに過ぎてますが。)いつものように、この日記でつらつら感想などを書いてもいいのですが、まとまるようなら別ページで独立したコンテンツにしたいと思ってます。とういうわけで、テキストは随分溜め込んでますが、もうちょっときちんと整理してから公開しようと思ってます。それまでは、どうでもいいような日記でお茶を濁すつもりです。




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/18
どこにも行けなかったお盆休み

昨日から仕事が始まってますが、日記なんで一応お盆休みの間のことでも書いておきます。今年のお盆休みは子供二人が順番に体調を崩し、どこにも行けませんでした。連休前半は長男がおたふく風邪(予防接種を受けていたので症状は軽かったのですが)にかかり、近所の公園にも行けず、天気がいいのにずっと家にこもって子供の相手をしてました。連休中盤は次男が40度近い熱を出し、連休の最後になってようやく子供たちの体調が回復しましたが、二人とも病み上がりで本調子じゃないので、無理をせず家の近くを散歩したり、近所の公園でちょっと遊ぶ程度で、本当にどこにも行ってません。休みの間は私が食事当番なんで、朝起きて、朝食を作って食べさせて後片付けして、子供の相手して、昼飯を作って食べさせて後片付けして、昼寝の添い寝して、夕飯を作って食べさせて後片付けして、風呂に入れて、添い寝して一日が終わる、という単調な毎日の繰り返しで連休が終わってしまいました。

そんな中、日記のネタになる、とあるモノを入手したんですが、その話は明日以降、書くつもりです。これまた長期シリーズになりそうです。あるモノとは何か?ヒントはこちらのページです。




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/17
お盆休みが終わり、パルマガも終わった

いよいよ、というかようやくというか、お盆休みも終わりだなぁと思っていた昨日、パルマガ終了を知りました。既にあちこちのサイトで悲報として取り上げられてますが、私は意外とあまりショックを受けませんでした。パーム航空をリアルタイムで(といっても無期限休航のちょっと前からですが)経験していた私にとっては、あの時(パーム航空が無期限休航に入った2000年2月7日の「最後の定期便」を読んだ時)の衝撃に比べたら、今回のパルマガ終了のお知らせは、大した事ではありませんでした。

もちろん、大したこと無いと言えるのは、パルマガ終了のお知らせの中に、機長さんが新しいサイト「プロジェクト・パーム」を立ち上げるというコメントがあったことも大きいと思います。もし、パルマガ終了と同時に機長さんもネット上での活動を一切停止する、なんてことになったら、もっと動揺していたかもしれません。しかし、私にとって、2000年2月7日のあの衝撃以来、個人が運営する非営利のWebサイトというのは、始めるのも止めるのも個人の自由なんだし、たとえお気に入りのサイトが閉鎖されても、ただ残念がるだけでなく、サイト管理者さんに対しての感謝と、今後の活躍を願う気持ちを持つべきだ、と思うようになりました。だから、パルマガが終わったことは残念ではありますが、機長さんはじめライターの方々には、パルマガとは別の場所でご活躍されることを期待しています。

ところで、今回の出来事をきっかけに、パーム航空が終わった直後に書いた機長さんあてのメッセージを久しぶりに読み返してみました。今読むと、まさに「誉め殺し」(死語)過ぎる感じがして機長さんに申し訳ない気がしますが、でも、話の大筋は今も変わりありません。人間というのは忘れっぽい生き物なので、大事なことをいつまでも覚えていることは難しいですが、でも、生きていく節目節目に思い出さなくてはならない事はあると思います。っていうことを思い出させてくれました。




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/12
お盆休みは

そういえば、昨日からお盆休みに入っていたのでした。今年は次男も歩けるようになったので、ちょっと遠くへ遊びに行こうと思っていたのですが、子供も私もどうも体調がすぐれずに断念。結局長男はおたふく風邪でした。予防接種をしていたのでこじらすことは無かったのですが、ほっぺたの痛みが取れるまで外出禁止。次男は昨日40度近い発熱がありました。私も一週間ほど前から咳が止まらず、旅行を中止して正解でした。せっかくの休み、天気もいいのに連休前半は家の中でくすぶっています。で、リナザウ(SL-C700)を持ち出し、デカレンジャーのサウンドトラックを子供たちと聞きながらこのテキストをポチポチ書いている次第です。

そのリナザウですが、こういうときは重宝しますね。無線LANカードを挿しているんですが、アクセスポイントをBUFFALOの11g/b共用のWLA-G54に変えたら、以前使っていたWLAR-128より電波が強くなったのか、以前なら電波が届かなかったトイレとか一階の部屋でも使えるようになって、どこでもネット状態です。




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/11
ハードディスク交換でパソコンのスピードアップ

T650Cを修理に出した時に購入した80GBのATAPIのハードディスクをつけました。今まで使っていた40GBのをスレーブにして、新しく買ったのをマスターにし、新たにWindows2000をインストールしたところ、パソコンの速度が結構向上しました。古いハードディスクが5400rpmなのに対し、新しいのは7200rpmでバッファーは8MBの流体軸受けタイプなので、ある程度のパフォーマンス向上は期待していたのですが、効果は思った以上です。なんせ、CPUはAthlonの650MHzなのに、会社のCeleron2.7GHzマシンよりアプリの起動が明らかに早いのです。もちろん、もろにCPUパワーが必要なヘビーな作業はクロック4倍の差を実感しますが、メールやWebのブラウズ、テキストエディタでHTMLのコーディングにWebサイト用の比較的小さなサイズの画像のレタッチといった作業においては、CPUパワーよりハードディスクの性能の方が利くというのを実感しました。




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/10
予備機のN600Cを再セットアップ

さて、メインマシンのCLIE T650Cの修理中に使うため、予備機のN600Cを引っ張り出してセットアップしました。しばらく使っていなかったので、いわゆる電池抜きリセット状態でしたが、特に問題なく快調に動いています。会社のパソコンも新調したばかりなので、Palm Desktopもインストールし直し、4大アプリのデータのバックアップをPalm Desktopをインストールしたフォルダに上書きコピーしてから、HotSync。N600Cで予定やメモ帳のデータがきちんと見えることを確認して、一安心です。

次にパームウェアのインストールです。まずは定番の4大アプリの置き換えです。予定表はKsdatebook、アドレスはAddrex、メモ帳はPsMemo、とここまでは定番中の定番だと思います。で、私の場合、ToDoボタンには手書きメモのHandWriteを割り当ててます。ハイレゾにも対応していない古いアプリですが、シンプルで軽くて使いやすいので、Palm IIIのころからずっと愛用しています。そして、忘れてはいけないランチャーソフト。私はハイレゾ機を使うようになってから、ずっとCrs-Launcherを使ってます。

これで最低限の環境が整いました。次に入力系ですが、英語版を使っていたころから慣れ親しんでいるJ-OS IMEと、その辞書データ、dic-itを入れます。それから、細字FIXンソ字FIXも忘れずインストール。これで、大分環境が整ってきました。

さらに、Hack系へ進みます。先ずは、これがなくては始まらないX-master。次に、シルクスクリーンのキーボードボタンを英語版と同じように電卓ボタンに変更するCalc Button Hack、DA起動用にApp/DA Launcher、そして、入力にJ-OS IMEを使うので不要になった変換ボタンや決定ボタンにアプリの起動を割り当てる変換ボタンHack。そして最後に、Palmデバイスのシステムサウンドをスタートレック風に変更する、私にとってのキラーアプリ、TechSounds hack。ここまですれば、ようやくMy Palmっていう感じで違和感なく使えるようになりました。T650Cには、更にこまごましたアプリや辞書、DAやデータベースの類を入れていたのですが、N600CはメモリがT650Cの半分なので、必要に応じて入れていくことにします。

久しぶりにゼロからPalmをセットアップして、星の数ほどあるパームウェアを組み合わせて自分好みにカスタマイズしていくことがPalmデバイスの魅力のひとつなんだと再認識しました。素晴らしいソフトを開発して下さった作者の皆さんには感謝です。最初はインストールしたアプリの名前を列挙するだけにしようと思ってましたが、せめてもの感謝の気持ちをあらわすために、がんばってリンクしました。




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/09
T650Cを修理に出す

先々週の土曜日のことですが、いきなりCLIE T650Cが壊れました。症状は、画面の乱れ。表示がかすれたような感じで、細かく震えます。表示している内容はかろうじて判別できるので、一通り操作してみましたが、どうやら悪いところはディスプレイの表示のみのようです。

そういえば、私が過去にPalmデバイスで経験した故障は、液晶割れも含めてほとんどがディスプレイ関係でした。Palm IIIのころは裏面の4つのネジを外せば簡単に分解できたので、画面の表示が乱れたら自分で液晶のリボンケーブルを挿し直したりして修理したものですが、T650Cは複雑そうでちょっと怖いです。幸いなことに、購入したSofmapで中古ワランティに入っていたので、Sofmapのサポート窓口に電話してみました。

症状を説明すると、メーカー送りになるので、現物を無償で運送会社に引き取りに来てもらうか、または自分で店舗に持ち込むか、どちらかを選んで下さいとのこと。ほかに買い物もしたいので、先週の土曜日に購入したSofmapの京都店に行ってみました。

サービスカウンターの横の修理受付カウンターで修理依頼します。開店直後に行ったので待ち時間ゼロで、対応もスムーズでした。購入代金以内なら無償で修理、超えるなら事前連絡しますとのこと。ただし、お盆休みにかかるので修理の期間は3〜4週間か、それ以上かかるかもしれないとのことでした。修理の期間中は昔使っていた予備機のN600Cを引っ張り出して使うつもりですが、これもいつソニータイマーが発動するか分かりません。そこで、TJ37のシルバーの中古品でもあれば購入しようかな、という目論見もあって、店舗持込にしたのですが、TJ37は中古どころか新品もオレンジ以外は品切れでした。TJ37はネット通販ショップでもオレンジ以外は品薄のようですが、後継機種が出るんでしょうか。海外市場撤退後の新機種のうわさは聞きませんが、いずれにせよN600Cだけで一ヶ月近くを乗り切るのは不安なので、中古品も含めて新しいPalm購入を本腰を入れて検討したいと思ってます。




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/06
Palm Desktopについて

昨日の日記で、Palm DesktopをWindows2000のユーザー権限で使う方法を書きましたが、うちの会社の情シスの人間が、企業系をターゲットにしたソフトならユーザー権限で使えないというのは致命的な問題だと言ってました。そりゃぁ当然です。ちなみにSONYのサイトのTH55の仕様を見ててみると、「Windows(R) 2000/Windows(R) XP では、Administrator 権限でのみご利用になれます。」とありました。導入を検討している企業は、この一行を見ただけでひくでしょうね。もしかしたら一時的にユーザーにAdministrator権限を与えてインストールする方法が通用するかもしれませんが、これは「裏技」に近い方法でしょうし。

Palm Desktopといえば、日本語版ではPalm OSのバージョンが3のころから基本的な機能がほとんど変わってません。3から4で見た目が結構変わりましたが、私的にはメモ帳の内容をプレビュー画面で直接編集できないという点と、見た目がシンプルな点で、3の方がはるかに使いやすいです。大幅な機能追加は無理にしても、表示フォント(サイズ含む)を変更できるとか、メーラやテキストエディタのようにURLやメールアドレスらしきテキストをダブルクリックするとブラウザやメーラが起動するとか、メモ帳やアドレスのカテゴリーを一括変換するツールとか、簡単に実装できそうな機能はいくつもあります。せめて、プラグインという形でもいいので、気の効いた機能が増えていけばいいのにと思います。




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/05
Windows2000にハマる

ちょっとデカレンジャーネタが続きすぎたので、パソコンネタに戻ります。

会社のパソコンが新しくなった話は前に書きましたが、OSもWindows98から2000に変わりました。Windows2000をセットアップするのは初めてでしたが、ユーザー権限で見事に深みにハマってしまい、3回もOSのインストールと環境のセットアップをし直すハメになりました。

Windows2000はスタンドアロンで使ったり、家庭内LANのワークグループ内で一人が使うだけなら、いつもAdministrator権限で作業すればWindows98のようなシングルユーザーのOSと同じように使えるのですが、比較的大規模なネットワークでドメインに入るとなるとこれが簡単には行きません。うちの会社の場合、ユーザーにはアドミニ権限はもらえないのですが、ソフトによってはアドミニ権限で無いと動作しないものがあります。一番困ったのはPalm Desktop。私の場合、ローカルアドミニ(Local Administrator)の権限を一時的にもらったのでインストールはできたのですが、ユーザーでログオンするとHotSyncが出来ないのです。ローカルアドミニの権限ではドメインに入れないので、会社のネットワークにぶら下がっているファイルサーバや他のパソコンやネットワークプリンタも利用出来ないし、ユーザーでログオンすればドメインには入れますが、動かなかったり不安定になるアプリがいっぱい出てきて困り果てました。もちろん何でもアリのドメインアドミニ(Domain Administrator)の権限は一時的にももらえません。(ちなみに、Administratorにローカルとドメインがあるということもはじめて知りました。)

細かい経過を書いてもダレるので結論からいくと、ソフトをインストールする時にはローカルアドミニでログオンし、コントロールパネルの「ユーザーとパスワード」でユーザーの権限(グループ)を一時的に"Administorator"に変えてからユーザーでログオンし直し、インストールしてからもう一度ローカルアドミニでログオンし、ユーザーの権限を"Power Users"に戻し、もう一度ユーザーでログオンするという方法を取れば、OKでした。

そういえば、過去にPalm系のBBSやメーリングリストでWindows2000でHotSync出来ないトラブルがあちこちで報告されていた事がありましたが、当時私はWindows98ユーザーだったので、完全に人事モードで内容をほとんど読みませんでした。あの時ちょっとでも見ていれば、今、こんなに時間を費やさずに済んだのにと、今になってちょっと後悔しています。

新しいパソコンはまだ、CD-Rの書き込みに失敗するとかブラウザ内でPDFファイルを表示させたらやたらと動作が重く不安定になるとか、いくつか問題はあるものの、とりあえずは仕事が出来る状態になりました。後は、盆休み前までに片付けなければならない仕事をどうするか。通常の半分しか稼動日が無いのに、作業量はいつもの月と同じ。CPUのクロックが4倍になっても仕事の速度はそんなに変わらないので、頭を抱えています。(だったらこんな日記書いてないで休み中も仕事しろ、というツッコミは無しにして下さい。)




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/03
デカレンジャーメンバーのキャラ設定

まだまだ続くデカレンシリーズ。今日はココログの子育て系blog、KOTORI日記にもデカレンネタを書いたので、今日は軽い話。

昨日取り上げた週刊テレビ放談:特捜戦隊デカレンジャーで、グリーンはSMAPの草なぎくんにちょっと似てる、っていうコメントがありました。で、「クールなブルーがキムタクで、無鉄砲なレッドが、香取くん」という風に続きます。話はここで終わりましたが、残りのメンバーも当てはめてみると、いつも元気で皆を引っ張るピンクは中井君でしょうね。で、ちょっとミステリアスな雰囲気のイエローは稲垣五郎と。って考えると、すごくしっくりきます。5人のキャラ設定ってひょっとしてSMAPを参考にしてるのかもしれません。

ちなみに、途中から登場したデカブレイクはタッキーですかね。




PageTop
Home
PageEnd
2004/08/02
ロジャー、ラジャー、デカレンジャー

モバイルネタもパソコンネタもいっぱいたまってますが、パソコンの前に座ればついついデカレンジャー関係のサイトを巡る日々が続いてます。こうなりゃ、いきつくところまで行こう、ということで、もうちょっとデカレンネタ、続けます。

了解という意味の「ラジャー」と人名の「ロジャー」、スペルはどちらも"roger"で発音も同じですが、日本語では了解の意味では「ラジャー」という発音がすかっかり定着しています。ところが、デカレンジャーは「ロジャー」って言ってるんです。

週刊テレビ放談:特捜戦隊デカレンジャーというWebページで、デカレンジャーは英語教育の一環だという意見があって、なるほどと思いました。これについては、公式サイト第三話の次回予告の「こぼれ話」に、ロジャーの方が正しい発音に近いから採用したとあります。

確かに"roger"の"o"は発音記号を見ると日本語のオとアの中間音です。ちょっと詳しく説明すると、母音というのは舌の位置と唇の形によって決まりますが、日本語のアは舌の位置は前(歯に近い方)で高さは下の方、オは舌の位置は後ろ(咽に近い方)で高さは真中くらいです。一方、英語の"roger"の"o"の部分の発音は舌の位置は後ろで高さは下のほうです。つまり、日本語のオの発音から、舌の前後の位置は変えずに高さのみ日本語のアを発音する位置まで下げてやれば英語の"roger"の"o"の発音になるのです。(大昔に勉強した知識なので間違ってるかもしれません。あと、本当は唇の形も関係してくるし、もっと言えば直前の子音を発音する時の舌の位置も絡んでくるのですが、難しいので省略しました。)

しかし、英語を発音する際、言語学をやってる人でなければ舌の位置とか唇の形とかをいちいちチェックしません。そこで教育の現場では、母語の発音をベースにして、「エ」の口の形で「ア」といえ、とか、「イ」の口の形で「エ」と言え、という風に教えるわけです。"roger"の"o"の発音も、私がもし先生なら、「オ」の口をして「ア」と言え、ただし、ちょっと「オ」寄りにね。というでしょう。

しかし、「ア」と「エ」の間とか「イ」と「エ」の間と言っても、ローマ字とかカタカナ英語の発音に縛られて、どうしても英語っぽく発音できない人もいます。そういう時は、逆に固定観念を利用した教え方をするとうまくいく場合があります。例えば、以前もネタにしましたが、英語の短母音の"i"は実際は「イ」と「エ」の中間の音です。例えば"it"の発音は「イット」ではなく「エット」と「イット」の間なんですが、日本人は"i"は「イ」という固定観念があるので、ついつい「イット」と発音してしまいがちです。そこで、「イ」と「エ」の中間なんていわず、はっきり「エ」と発音しろ、と言うのです。"i"は「イ」という固定観念を持った人は、"it"を「エット」と発音することに何となく後ろめたさを感じ、はっきり「エ」と発音できず、「イ」をひきずった「エ」という発音になり、結果的に英語っぽい発音になります。試しにYes, it isをイエスエテーズ、stillをステユなんて言って見て下さい。ぐっと英語っぽくなります。

で、本題にもどってロジャーですが、ラジャーという発音があまりに一般化しているので、あえてロジャーと言え、というと英語に近い発音になるかもしれません。というところまで考えて、「ロジャー」と言わせてると考えるのは深読みし過ぎでしょうか?





Copyright (C) 1999-2005 Birdis Land, All Rights Reserved.
Link freely! But hopefully mailto:birdis@nifty.com