ホーム(http://birdis.main.jp/)アーカイブ>2005年01月の日記

Birdis Land's Favorites!




2005年01月の日記


Powered by Google
Powered by WwwSearch

PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/31

デカレンジャー終了間際

デカレンジャーがついに残すところあと1話になってしまいました。先々週くらいから最終回に向けての伏線が張られ出して盛り上がってきたのですが、昨日の話はもう最高潮といった感じです。あとはどうやって大団円にもっていくか。早く見たい反面、終わってしまうのが寂しいので見たくない気もします。

それにしても、ある程度予想はしていたものの、ここまでデカレンにはまるとは思ってませんでした。昨日も缶ビールを飲みつつ朝放映された話やその他の話を見てるうちに、気が付けば空缶が二桁に突入してしまったほどです。私は普段ほとんどテレビは見ないので、毎週欠かさず見る番組はデカレンだけという状況です。そんななので来週で終わってしまうのはICカード公衆電話が無くなる以上に残念です。踊る大捜査線のように、年1回くらいのスペシャルでもいいので今後も映像化され続けて欲しいなぁと切に願っています。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.htm#20050131



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/28

ICカード公衆電話の補足

Mobile Newsさんで一昨日の日記を紹介していただき、

ICカード公衆電話を使ったデータ通信は,それなりに便利だったと私も思います。それほど通信をしないということであれば,PDC携帯電話などに赤外線アダプタをつけてIrDAでデータ通信をするといった方法もあると思います。

というコメントをいただきました。なるほどその手があったかと思いましたが、私はそもそも携帯を持っていないので、残念ながらその手段は使えません。そういえば、昔使っていた初代CLIEのS300には携帯にケーブルでつなげてネット接続するためのモバイルコミュニケーションアダプターが付属してましたが、一度も使わずに机の引出しの中で眠ってます。少し改造すれば、予備機のN600Cにも使えるのでずっと持っていましたが、今に至るまでずっと携帯を持つ事は無く、結局使わずじまいだったことを思い出しました。

それにしても、(くどいですが)ICカード公衆電話が無くなるのは残念です。単に便利なだけでなく、公共の設備である公衆電話に、ケーブルなどで物理的に接触さすことなく、デバイスを赤外線ポートに向けるだけで手軽にネットに接続出来る、というスタイルがちょっとSFチックで好きでした。Bluetoothや無線LANと違って常に赤外線ポートを向かい合わせておかなければいけないという点も、セキュリティという観点から見るとむしろ長所なわけですし、携帯の普及と機能アップの速度がこれほど速くなければもう少し長生きできたかもしれません。とまぁいくら嘆いた所で、いずれ消え行く運面にあったのは間違いないですし、ICカード公衆電話からの通信の代替策は気長に考えて行きたいと思います。

あと、一昨日の日記では「IC公衆電話」と書いてましたが正しくは「ICカード公衆電話」です。訂正しておきました。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.htm#20050128



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/26

ICカード公衆電話に代わる通信手段

昨日の日記でICカード公衆電話が撤去される事に触れましたが、Palmなお部屋で「思ったよりも使っている人の多かったICカード公衆電話」と書かれているように、ICカード公衆電話を利用していたモバイラーは意外と多いようです。ICカード公衆電話からIrDAで通信するという方法は、私のように外出先からインターネットに接続したい機会が年に数回あるかないかっていう人にとっては非常に便利でした。赤外線ポートはほとんどのPDAについてますし、モデムやアダプタといったハードウェアやサービス利用料や基本料金といった追加投資が一切かかりませんし、接続までの時間も早いし、メールチェックくらいなら十分なスピードでした。私の場合、1000円のICカード一枚あれば一年間は十分持ちました。設置場所についても、普段公衆電話を利用しない人は意識がないのであまり見かけないと感じるようですが、本気で探せば結構あちこちにあります。一番確実なのは駅で、JRの主要駅はもちろん、私鉄でも急行が止まるような比較的大きな駅では結構見かけましたし、少なくとも私は首都圏や幕張などの出張先でICカード公衆電話が見つからずに困った経験はありませんでした。

そんな便利な通信手段があと一年くらいで使えなくなるというのは悲しいだけでなく、大げさにいえば私がモバイラーであるための死活問題です。そこで、代替手段を考えてみました。

先ず、モバイラー御用達のPHS通信カードですが、これはどんなお得なプランを探しても利用料に月数千円かかります。ハードウェアの初期投資はある程度仕方ないにしても、費用面で月数百円ですんだICカード公衆電話の比ではなく、年間で数時間程度しか使わない私にとっては、無用の長物です。

かといって、大昔のグレ電からモデムでダイアルアップという方法には戻りたくありません。モデムさえ入手できれば利用料はICカード公衆電話と大差ないものの、今更ケーブルとモデムを取り出してネゴシエーションに数十秒かけて、遅い通信速度でネットに接続するのは面倒でストレスがたまります。それに、今メインで使っているCLIE TJ37で使えるポケットモデムって聞いたことがありません。

サブ的に使っているLINUX ZAURUS SL-C700用ならCFタイプのモデムがありますが、SL-C700を使うのなら無線LAN倶楽部という手もあります。既に現在無線LANカードをつけて家庭内モバイルしているので、ハードウェアの投資は要りません。サービス利用料もライトプランなら年間数千円で済みそうですし、「無線LAN倶楽部」TimeTicketというのを使えばもっと安くすみそうです。しかし、いかんせんまだまだ利用できるエリアが狭いのが難点です。今のところ首都圏の駅が中心のようですが、ICカード公衆電話のように、ちょっと大きな駅に行けばどこでもあるというレベルではないです。

といろいろ考えましたが、冷静に考えれば、私の場合、他の多くのヘビーなモバイラーな方と違ってネット依存症の傾向は全く無く、数日間ネットに接続できなくても実は全然平気なので、ま、いいかっていう気がしてきました。無線LANのエリアがもう少し広がったら「無線LAN倶楽部」TimeTicketを検討してもいいかなぁと思ってます。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.htm#20050126



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/25

アンラッキーウィーク

最近公私共にトラブルが多発して更新が滞ってます。DVDドライブや無線LANといったトラブルだけならいいんですが、なんと言うか、理不尽というか、貧乏くじを引かされたというか、恩を仇で返されるといった類のゴタゴタが立て続けにあって参ってます。公私の「私」の方は先週であらかた片がつきましたが、「公」つまり仕事の方は、週が開けると事態がますます悪化していて大阪弁でいうところの「さっぱわや」状態になってました。似たような経験は皆されていると思いますが、仕事をしていく上での危機管理というのは、当たり前のことをマニュアル通り、過去の慣例通りに当たり前にやっているだけでは不十分だということです。って抽象的で奥歯にモノが挟まったような言い方ですみません。グチはこれくらいにしときます。

で先週はいといろ日記に書きたい時事ネタがありましたが、個人的に一番大きかったのはICカード公衆電話が来春までに全て撤去される(リンク先はNTT東日本のニュースリリース)というニュースです。携帯もPHS通信カードも持たない私にとっては、非常に辛いニュースでした。

とにかく先週はアンラッキーなウィークでしたが、今週はなんとか運が向いて欲しいものです。(今のところその気配は無いですが・・・・・・。)

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.htm#20050125



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/19

DVDドライブでもトラブル

無線LANのトラブルは解決しましたが、実は同じ時期に内蔵DVDドライブでトラブルに見舞われていました。

うちのメインマシンにはCD-R/RWとDVD-ROMの、いわゆるコンボドライブを付けてますが、書き込みエラー防止機能のついてないかなり昔のタイプで速度も遅く、ブランドもののメディアでも相性が悪いとよく書き込み失敗していました。さらに、デジカメの画像のバックアップをCD-Rでするのも疲れてきた(最近は動画をよく取るので一ヶ月分のバックアップがCD-Rに入りきらないことも多い)ので、DVDの書き込みにも対応した新しいドライブを買うことにしました。先週の土曜日に京都のSofmapに行ったのですが、特に下調べはしていなかったので、どれを買うかかなり迷いましたが、バルク品はソフトが付いていないので、メジャーなBuffaloとIOから選ぶことにし、採用しているドライブがPlexter製ということで、BuffaloのDVM-DM16FBSにしました。

日曜の昼、子供が昼寝している間にセットアップ開始。電源を切って電源ケーブルを抜き、DVDドライブを繋げて電源を入れたら、ハードディスクがカタっと音をしてから動かなくなり、モニタにも何も表示されません。電源を長押しして落とし、もう一度電源ボタンを入れましたが、やはりブートしません。ケーブルを抜いて数分間放置してから電源ケーブルをさすと、電源ボタンを入れてないのに電源が入りましたが、やはりモニタに信号も行かずにフリーズしました。

DVDドライブを交換する時ケーブルを挿し間違えたかと思いましたが、可能性があるのはオーディオケーブルくらいです。これが原因とは考えられません。その後、メモリを抜き挿ししてみたり、PCIスロットに挿さっているカードやUSBでつながっている周辺機器等を一個ずつ外して起動させてみたり、マザーボードに挿さっている電源ケーブルを抜いてしばらく放置したりと、いろいろしましたが、何をやっても変化なく、途方にくれました。

結局その日の深夜、フロッピィディスクドライブにWin95の起動ディスクを入れると、ようやくブートしてくれました。FDISKするとFAT32でフォーマットしてるドライブが見えたので、ようやく一安心。Win95なのでNTFSでフォーマットしているパーティションは当然見れませんが、最悪の事態は避けられそうです。

Win95のブートディスクを抜いて電源を再投入すると、何事も無かったかのようにハードディスクから普通にWindows2000が起動しました。ハードディスク内のデータは全て無事でした。その後、恐る恐るDVDドライブを繋げて電源を入れてみましたが、こちらも何の問題も無く認識しています。

結局何が何が原因だったのか良くわかりませんが、どうもマザーボードが不安定なのは確かなようです。以前USBポートの接触不良が原因でトラブったこともありますし、そろそろマザーボードとCPUを交換したいと思ってます。

ちなみに書き込みテストはまだしていません。最近無線LANトラブルで睡眠不足がたまっていたので子供と一緒に寝てしまいました。今晩実験予定です。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.htm#20050119



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/18

無線LANトラブルの教訓

昨日の日記で取り上げたVAIOノートの無線LANのトラブルが解決しました。VAIOノートにドライバを何度も入れ直したりしてるうちに挙動がおかしくなってリカバリーCDから再インストールしたりしたので累計10時間以上費やしてしまいました。結果的に行った手順を備忘録として書いておきます。

  1. 有線でLANにつなげる。
  2. Windows Update実施。特にIEのバージョンアップは忘れずに。(インストーラーが要求するバージョンに上げる)
  3. 無線LANの設定に必要なソフトやドライバの入ったCDをローカルディスクに丸ごとコピー。
  4. 念のためデバイスマネージャーで有線LANのNICを使用不可にしてから、無線LANカードを認識させる。
  5. DHCPを使わず、IPアドレスをマニュアルで設定。
  6. 続いてESS-ID、MACアドレスフィルタリング、WEPによる暗号化の設定。

ついでに今回のトラブルで学んだ教訓。

  • Windows Updateはやっぱりやるべき。パッチを当てると不安定になるとか、個人情報が吸い上げられるのでは(?)とかいった悪評もありますが、Windowsを使う以上は例え荊の道でもやるしかないです。
  • DHCPは信用しない。これに限らず、ユーザーの手間を省く便利機能には落とし穴があるので、なるべくなら使わないほうがいい。
  • 作業前に過去の事例を思い出す。せっかくWebサイトでこのような日記をつけてるんだから、有効に利用しないと(猛省)。

ということです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.htm#20050118



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/17

無線LANで再び深みにはまる

電源が入らなくなって修理に出していたVAIOノート(Z505N/BP)が帰ってきました。基盤の交換ということで約30000円かかりました。新しいバッテリーも購入したのに加え、ウイルスが発見されたということでハードディスクまで初期化されて戻ってきたので、内側はほぼ新品に生まれ変わった分けです。土曜日の夜、子供を寝かしつけてから大昔に自分が書いたページを参考にセットアップを開始しました。

起動するとユーザー登録画面が出てきました。なんだか5年前にタイムスリップした感じです。購入したばかりのVAIO Z505は常駐アプリが多くて使い物にならないくらい遅かったと記憶しているのですが、今はメモリを+128MB増設しているおかげか、結構実用的に動いてます。とはいうものの、不必要なアプリを残しておくのは無駄なので、カスタマイズ開始です。先ずはネットに繋げなければ、ということで無線LANの設定から開始し始めました。

ここから先はトラブルの続出でした。実はトラブルの内容を後で日記のネタにするためにちょこちょこメモしてたんですが、ふと、以前も似たようなことを経験したなぁと思って過去の日記を調べると、わずか半年ほど前に全く同じことをしている自分を発見しました。半年前のトラブルは2004/07/14の日記「無線LAN設定で深みにはまる(その1)」以降に書いてますが、そのときと同じ轍を踏んでしまい、我ながら自分の忘れっぽさに軽い自己嫌悪を覚えました。

ということで、土曜日は午後10時から午前4時、日曜日は午後10時から午前2時まで作業したものの、無線LANの設定は出来ませんでした。今晩再々チャレンジしますが、過去の日記を見た限りではIPアドレスの自動割り当ては使わないほうが良さそうので、DHCPは使わずに家庭内LANに繋がってる機器の全てのIPアドレスを固定しようと思ってます。なかなか大仕事で、気が重いです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.htm#20050117



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/14

My Sonyに登録

遅ればせながら、My Sonyに登録しました。My Sonyについてはソニーのニュースリリース(ユビキタス・バリュー・ネットワーク時代の顧客サービス向上を目指しソニー共通で使える顧客ID「My Sony ID」を導入)に書かれてますが、今まで製品ごとに個別にユーザー登録して個別のIDを発行していたのを、共通のIDで情報を一元管理するというものです。ユーザーにとっても企業にとってもメリットのある、いい試みだと思います。まもなく個人情報保護法も施行されますので、今後こういう動きは増えてくるでしょうね。(って今更書くのも遅いですが。相変わらず時流に乗ってない私です。)

それはともかく、私は昔ほど熱烈でないものの一応ソニーファンなんでソニー製品はたくさん持ってますが、My Sonyに登録できたのは新品を購入してユーザー登録したCLIE2台(S300とTJ37)とVAIOノートの3機種でした。随分前に登録したVAIO Z505N/BPの登録まできちんと引き継がれたのは、当たり前ですが感心しました。

そのVAIO 505ですが、先日電源が入らなくなるトラブルが発生して修理に出してます。ためしにVAIOの修理/お預かり品状況確認というWebページから修理受付番号を入力してみたら、きちんと現状が表示されてました。これも当たり前ですが、感心しました。CLIEに限らず最近のソニーの製品ってポリシーが無いとか独創性や先進性に欠けるとかいろいろ言われてますが、ユーザーサポートの良さに関しては今も変わっていないと再認識しました。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.htm#20050114



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/13

ソニーとアップルとPDA

あんまりつながりのないタイトルですが適当なものが思い浮かばなかったので・・・・・・。

さて、少し前の話ですが購入して随分たつSONY CLIE TJ37のユーザー登録をしたら、「できるCLIE PEG-TJ25/37編 特別版」という小冊子が送られてきました。オールカラー63Pで、PalmOSの基本的な使い方からCLIE独自の機能まで網羅された入門書です。私にとってはほとんど既知の内容だったので新鮮味はありませんでしたが、初心者向けに非常に分かりやすく書かれてあり、その内容と、わざわざ郵送で届けるサービスに関心しました。

この小冊子に限らず、ソニーは今までPDAを普及さすために尽力してきました。CLIE関連のWebサイトを見ても、初心者向けからマニアックな情報まで、本当にいろいろなコンテンツが公開されていまし、広告や記事掲載などのパブリシティも含め、その活動は旧Palm社やIBMが行ってきた活動と比較にならないくらいでした。しかし、結果的に(現時点では)PDAは日本市場でメジャーになることは出来ず、ソニーのマーケティングは失敗だったと言われています。別の戦略をとればPDAが普及したかどうかなんて分かりませんし、そもそも日本でPDAがメジャーな存在になる可能性があるのかという疑問がありますが、私が何となく思うのは、PDAのよさをPRするのに、あれもこれも出来るという多機能さを強調し過ぎたのが敗因なのかなぁということです。

で、話は突然飛びますが、アップルからMac miniiPod shuffleが発表されました。私はMacについてもシリコンオーディオについてもあんまり詳しくないので、以降に書く内容は間違っているかもしれませんが、以下はこの二つの製品に対する感想です。

Mac miniの方は、低価格なことと、Windows用のモニタやキーボードがそのまま使えるので、Windowsからの乗り換えにぴったり、という点をアピールしてます。しかし、周辺機器の共用については、私の理解では、もう随分前からMacのハードウェアは周辺機器はもちろんCPUやチップセットなどの基幹部分を除く部品(ビデオカードやハードディスクなど)に至るまで、ほとんどPC/AT互換機と同じになっていますし、PS/2がついているならまだしも、キーボードやマウスが共用できるのはUSBでの話なので、そんなの当たり前じゃんという感じです。実際、以前会社にあったMacのG3にWindowsのモニタを繋げて使ってましたし、今はG4にWindows用のホイールマウスを付けてます。価格についても、確かに以前のMacから考えるととんでもない安さですが、Windowsマシンとして考えると結構安い、というレベルです。最低スペックの59,800円というのは確かに魅力的ですが、Apple StoreのBTOでそれなりな構成にすると、値段もそれなりになります。

一方、iPod shuffleの方も低価格という点がかなり取り上げられてますが、既存のシリコンオーディオプレイヤーと比べるとかなり低機能のようです。一般的なマスメディアの報道などでは、あたかもアップルが初めてこのような製品を市場に投入したという感じですが、もちろん実際はそうではありません。

と、批判的に書いては見ましたが、両者が魅力的な製品であることは私も認めます。マスコミの反応も、ネット上でのユーザーの反応も、実世界での私の周りの人の反応も上々ですし、実際に売れそうな感じです。このあたりは勢いというのもあるでしょうけど、アップル社のマーケティングの上手さもあると思っていたら、binWord/blogさんでものは言いよう「iPod shuffle」というエントリーを見つけました

「冒険がある人生」をなんてキャッチコピーで、シャッフル機能をアピールしているわけだが、冷静に考えてみると「液晶ディスプレイとホイールがないだけ」では。皮肉ではなく、こういう「引き算」をアピールするやり方は日本のメーカーに欠けているものだと思う。

と書かれてますが、まさに言いえて妙だと思います。

で、またまた話が戻りますが、こういう「引き算」発想が日本市場におけるPDAのマーケティングに求められているのかもしれないなぁと思った次第です。今までのソニーのように「あれも出来る、これも出来る」と多機能をアピールするのではなく、機能は限られていても、ユーザーの琴線に触れる「ツボ」をアピールする。今乗りに乗っているアップルが「今」PDAを作れば、結構面白いものができるかもしれません。

#「できるCLIE」が来たっていう話と、アップルの新製品の話をさらっと書くつもりが、気が付けば長文になってしまいました(苦笑)。
この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.htm#20050113



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/12

クリクラの凄さ

大事な話題を取り上げるのを忘れていました。クリクラの愛称でCLIEユーザーはもとより全てのPalmデバイスユーザーに長年親しまれてきたCLIE User Club!が2004/12/31を持って活動を休止されました。クリクラの素晴らしさ、いや、「凄さ」は多くの人により語りつくされていますが、私からも一つだけ。これは、Googleで「CLIE」という単語を検索した結果ですが、今日の時点では検索結果のトップはソニーの公式サイトではなくクリクラがヒットしています。ソニーといえば日本、いや世界中の企業の中でも最もWebマーケティングに力を入れているところの一つです。うろ覚えの数字ですが、ソニー関連のWebサイトは世界中で数千、その製作・運営に携わっている人は数万にもなるといいます。(←間違ってたらすみません)そのソニーの商標である製品名のGoogle検索結果で本家サイトを押さえてトップになるということが、クリクラというサイトの凄さを如実に物語っていると思います。そのようなサイトが終了してしまうことは本当に寂しいことですが、最後の更新によればクリクラは休止するけど新たなサイトを立ち上げる予定だということなので、ここは一つゆっくり待ちたいと思います。SPAさん、今までお疲れ様でした&ありがとうございました。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.htm#20050112



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/11

手書きHTMLでも効率化

この3連休はいろいろネタを仕込みましたが、その前に先週末のネタを書いておきます。いなあもさんの2005.1.7[金]の日記で、mizuno-amiさんのPalmなお部屋がHTMLを手書きで更新されているのは大変そうだと書かれてました。私もWebサイトの更新を全てHTML手書きでしてますが、日記の更新についてはテキストエディタの秀丸の自作マクロを利用してるんで、そんなに苦ではありません。マクロを実行すると一日分の日記の雛形がトップページ(index.htm)の日記の部分の一番上に挿入されます。その際、日付や固定URLも自動で入るようにしているので、あとはPalmのメモ帳なりエディタなりで書いた日記の本文をペーストして、タイトルを付けてFTPするだけで更新終了です。日記の本文が出来ていれば、更新にかかる時間は十数秒ほど。むしろ、ココログで細々とやっているKOTORI日記にエントリーする方が面倒くさいです。blogだとサーバの状態によってはログインしたり作成した記事を反映するのに待たされたりしますし、アップした後でちょっとした間違いを発見したときの修正などはかなり面倒です。

blog作成ツールでうらやましいのは日記がたまってきたら自動的にアーカイブに入っていく機能ですが、この作業も一番面倒なアーカイブのページの過去の日記のインデックス(各日記の固定リンクへアンカーをつけたタイトルのリスト)の作成をマクロでやらせているのでそんなに苦痛ではありません。作業としては、トップページ(index.htm)から一ヶ月の日記をカットしてアーカイブ用の過去の日記のHTMLファイルのテンプレートにペーストしたあと、マクロを起動してインデックスを作り、アーカイブのページにペーストする、という感じです。昔はインデックスをいちいち手書きしていたので大仕事でしたが、今では数分で終了します。

サイト運営の効率化はblog化すればあっさり解決できるのかもしれませんが、blog化することによるデメリットもいろいろあるので、当面はこのスタイルで続けていくつもりです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.htm#20050111



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/07

今年の抱負

正月気分も抜けかけていますが、新年のスタートということで、今年も目標を掲げておきたいと思います。と思ったものの、イマイチ具体的な項目が思い当たりません。XMLを勉強したいなぁとかサイトのソースコードを書き直したいなぁといった漠然とした希望はあるのですが、○○を修得するとか、平日毎日更新とか、アクセスカウンタ毎月○○以上維持といった具体的な目標が思い当たらないのです。無理やり立てることも可能ですが、そんなことをしてもモチベーションが維持できないのは明白なので、今年はまったりといきたいと思ってます。

このサイトについても基本路線は従来どおりで、Palmデバイスを中心としたいわゆるIT系の話題と、山やスキー、子連れハイキングといったアウトドア系の話題を中心に、まったりやっていくつもりです。あと、今年はそれ以外の話題も雑多なページに入れて行きたいと思ってます。

流行のblogについては、現時点では導入するつもりはあまりありません。(ということは少しはある。)とはいえ、最近の拙サイトは日記中心でスタイル的にはほとんどblogサイトといってもいい内容なので、当面はblogツール(MovableTypeとかISPが提供するサービスとか)を使わずにblogツールの提供する機能(長所)をサイトに取り入れていく方法を模索していきたいと考えてます。(その一例として、日記の固定リンクの表示を今年からはじめたわけです。)

あ、最後のはなんとなく抱負っぽい気がするので、今年のWebサイトに関する目標は、「blogツールを導入せずblogサイトの長所をサイトに取り入れる研究及びその実践」ということにしときます。(今、決めました。)

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.html#20050107



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/06

正月休み

昨日から仕事が始まり、正月気分も随分抜けてきましたが、毎年恒例(?)の休み中の出来事を書いておきます。

12/29
連休初日は知人と近場でスキーに行く予定だったが、雪不足&朝からの雨のため、中止。その代わりKID'S いわき ぱふへ。子供達と積み木遊びを堪能。
12/30
大掃除のやり残した部分を済ませる。夜、デカレンジャーキャンペーンを実施中だった焼肉チェーン店「牛角」で焼肉。小さい子供と一緒だと、焼肉屋はちょっとキツいということを実感。(ゆっくり食べられない。)デカレンジャーのトレカやソフビ人形などをもらう。
12/31
昼間ちょっとした買物に車で出かけたら、みぞれ交じりの雨が本格的な雪に変わってあっという間にあたり一面スキー場のように。雪はすぐに止み、道路の積雪も夕方には溶けて無くなったが、山の斜面や畑など、あちこちに白いものが残る。今年最後の夕食は鍋。
1/1
元旦は遅めに起床し、家族で新年の挨拶。簡単な御節を食す。その後、近くの長岡天満宮に初詣。昨年は凄い行列で本殿での拝礼は断念したが、今年は本殿の鈴が無かったせいか、参拝客の流れがよく、それほど待ち時間は無かった。
1/2
2日の昼は親戚一同が集まり宴会。夜はビールを飲みながら「踊る大捜査線THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ」を見る。普段ほとんどテレビは見ないので、2時間以上も続けてテレビを見たのは数ヶ月ぶり。
1/3
天気が良かったので、雪遊び&スキーにでも行きたかったけど、子供達がイマイチ体調がよくないし、昨日の疲れもたまってたので、家の中でクリスマスプレゼントに子供に買ってあげた組み立てクーゲルバーンで遊ぶ。夜はたこ焼きパーティー。
1/4
年末にKID'S いわき ぱふに行ったとき忘れ物をしたので、取りに行く。お店でちょっと遊んでから、夕食に回転寿司屋へ。帰り道にデカレンジャーのDVD Vol.5を借りて、子供を寝かしつけてからビールを飲みながら観賞。一本だけ見るつもりが、ついつい全話+特典映像まで見てしまい、深酒してしまう。

で、昨日は仕事始め&久々の休肝日。サイトの更新意欲はなんとなく湧かず、という感じです。そろそろ通常ペースで更新しようかと思ってたら、明日はもう週末です。正月ボケが直るのは来週以降になりそうです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.html#20050106



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005/01/03

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

何とか三が日中に今年最初の更新をすることが出来ました。先ずは業務連絡です。休み中に時間が取れたので、以前から気になっていたサイト内のコンテンツの見直しを少ししました。変更箇所を挙げておきます。

という感じです。拙サイトの日記にマニュアルトラックバック(特定の日記に対してリンク)される方は、表示されている固定リンクにしていただければ幸いです。

変更の経緯とか、恒例の新年の抱負とか連休中の出来事とかは明日以降おいおいやっていくとして、本年もよろしくお願いいたします。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200501.html#20050103




Copyright (C) 1999-2005 Birdis Land, All Rights Reserved.
Link freely! But hopefully mailto:birdis@nifty.com