ホーム(http://birdis.main.jp/)アーカイブ>2005年04月の日記

Birdis Land's Favorites!




2005年04月の日記


Powered by Google
Powered by WwwSearch

PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-30

連休スタート (2005-04-30)

あっという間に連休に突入してしまいました。明日からは長男と二人で東京に小旅行です。本当は家族4人で東京在住の連れ合いの兄一家を訪ねる予定だったんですが、次男が骨折したため、長男との二人旅となりました。長男と二人きりでの旅行は初めての経験ですが、いろいろ忙しくて準備もままならなかったので、前日(正確にはもう日付が変わってしまったので当日)の今になってようやく楽しみになってきました。連れ合いと次男には申し訳ないですが、楽しんできたいと思います。

ちなみに旅のお供の電脳グッズは、Zaurus SL-C700とCLIE N600C。デジカメは新しく購入したpowershot S1ISです。リナザウには宿泊先の地図とか地下鉄路線図とかを詰め込んでます。リナザウはSambaでWindowsマシンとファイル共有しているので、Webで見つけた情報を保存するのに、ユーティリティを起動したりデータを変換したりHotSyncしたりというステップを踏まず、Ctrl+Sで保存先をリナザウのメモリにするだけでいいので、非常にラクチンです。N600Cは、メインマシンのTJ37のバックライトが壊れているので、ピンチヒッターとしてTJ37の代わりに持っていくことにしました。たった今、4大アプリのデータをTJ37から移して各種アプリのインストールを終えたところです。細かい設定は新幹線の中でするつもりです。そのあたりの話も含めて、旅行中のエピソードはこのサイトやKOTORI日記の方でおいおい紹介していきたいと思います。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050430



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-28

niftyの迷惑メールフォルダでトラブる (2005-04-28)

私は@niftyのアカウントをメインのメールとして使ってますが、先日メールボックスがいっぱいになってメールが届かなくなるという事態に陥りました。普段はメーラにBeckyを使っていて、もちろんサーバにメールを残さない設定にして一日一回は受信してるので、こんな事が起こるなんで予想もしてませんでしたが、調べてみると数ヶ月前に興味半分で設定したniftyが提供している迷惑メールフィルタサービスのせいで、迷惑メール用のメールボックスがいっぱいになってしまったのが原因でした。このサービスは無料で利用できるんで、つい登録してしまったのですが、フィルタにかかったメールを自動削除するオプションを切っていたため、あっという間にspamがたまってしまったというわけです。

フィルタを設定すればspamメールが激減するはずなのに何故気づかなかったかというと、ほぼ同時期にBeckyでもspamメールをブロックするBkASPil for Becky!2というプラグインを入れたからです。spamメールが激減したのはBkASPilのおかげと思ってましたが、どうやらniftyのフィルタとBkASPilのダブルでチェックをかけていたようです。おかげで英文のspamメールはほとんどこなくなりました。

で、めでたしめでたし、なら良かったのですが、niftyでブロックした迷惑メールを、削除する前に何となく眺めていたら、大事なメールを発見しました。つい先日、Powershot S1IS用のアクセサリーを海外のメーカーに発注したんですが、その出荷案内が迷惑メールと判断されていたのです。ちなみにSubjectは「RE: Lensmateonline Shopping Cart Order #xxxxxx」という感じです。私にとっては大事なメールですが、確かにこれだけ見るといかにも「怪しい」メールですね。そういえば、以前、海外の取引先からのメールがBkASPilでspamと判断されたということもありました。英語でのメールがよく来る人や、特に海外の業者の通販を利用される方は注意が必要です。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050428



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-27

Tungsten E2のレビユー (2005-04-27)

pocketgamesさんでTungsten E2のレビユーを公開されてます。T|E2は値段も機能も手ごろで、CLIE TJシリーズからの乗り換えにぴったりなので気になっていたのですが、興味深かったのはBattery Bench2のフルパワーで6時間を達成したという点。以前、私が所有しているCLIE3機種(N600C, T650C, TJ37)で比較テストしたことがありますが、液晶の輝度最低で6時間持った中古のN600C並ということです。pocketgamesさんのテストでは液晶の輝度についての条件はかかれてませんでしたが、もし最大輝度で6時間もったとすれば、輝度を落とせばさらに使用時間は延びるわけです。N600Cを使ってたときはバッテリーの持ちに対して不満はありませんでしたので、確かにこれだけ持てば私的にも文句なしです。

意外だったのがZire 72の結果が3時間だったこと。T650Cほどではないにしても、意外とも持たないようです。Zire 72はカメラ付きということで、今使ってるTJ37の乗り換え候補として考えてるんですが、価格やデザインなど総合的に判断すると、私にとってはT|E2が今のところ魅力的です。

あと、話は変わりますが、以前日記に書いたランドウォーカーですが、PalmFanさんで知ったこのニュースによると、もし売るなら値段は3600万ということです。う〜ん、ちょっと庶民には手が出ませんね。せめて一桁安ければ可能性はある(それでも限りなくゼロに近いですが)のですが。私が定年を迎える頃には、量産効果で手が届く価格に下がっていて欲しいものです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050427



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-26

キヤノンPowerShot S1 ISを購入 (2005-04-26)

さて、更新が滞っていた間のネタですが、予告していた通りキヤノンPowerShot S1 ISを購入しました。いつも利用している家電量販店のセールで価格.comの最安値より更に安い35,000円で購入出来ました。購入した日に子供が骨折してしまい、じっくり触る時間も取れず、まだ、屋外にさえ連れ出してさえしていませんが、一通りの機能は試した結果、概ね満足しています。あとはアクセサリー類の購入です。ゴールデンウィークは子供と小旅行に行く予定なので、取り敢えずは大容量のメモリーカードが必要です。メモリーカードが安いことで有名なあきばおーで物色しましたが、結局楽天の上海問屋でSANDISKの60倍速の1GBを昨日購入。SANDISCの高速タイプが税込10,979円と、かなり安く買えました。さらにはレンズアダプターとか、ワイドコンバージョンレンズとかフィルタとか、いろいろ欲しいアイテムはありますが、これから検討します。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050426



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-25

近況報告 (2005-04-25)

前回の更新から長らく空いてしまいました。たまに一週間くらい空くことはありましたが、二週間も更新が途絶えたのは久しぶりです。ためしにGoogleのサイト内検索で「更新 ストップ」で検索すると、過去にも同じようなことがありましたが、やはり二週間以上空いたことはここ数年なかったようです。

さて、更新ストップの理由ですが、今年に入ってから始まった仕事の大きな案件がピークを迎えたのに加え、子供が骨折するという事件があって、テンションが切れてしまったからです。子供の怪我は手術も成功し、その後の経過も順調で取り敢えず心配は無くなりましたが、その後も仕事の忙しさは引きずっています。ピークは過ぎましたが、その間放置していたルーチンワークが山ほどたまっていて、どうやら忙しさにバタバタしながらゴールデンウィークになだれ込みそうです。そうすればまたまた長期間更新ストップしてしまいそうなので、今週はがんばって再開します。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050425



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-12

Palmに初めて入力した予定 (2005-04-12)

pamupamu blogの2005-04-09の記事で、Palmで初めて予定表に入力したスケジュールのことを書かれているのを読んで、ふと自分のPalmに一番最初に入っている予定は何だろうと思いました。Palm Desktopでバックデートしていくと、最初に入っていた予定は何と連れ合いの誕生日でした。初めて購入した年に定期的な予定をいろいろ入力していたのですが、連れ合いは早生まれだったため、たまたま一番最初に入っている予定がそうだったというわけです。

続いて、初めてPalmを購入した1999年5月の予定を見てみると、面白いスケジュールを発見しました。以下はそのスクリーンショットです。

予定表のスクリーンショット

これは私の本当の予定ではありません。この予定に見覚えのある人は結構年季の入ったPalmユーザーだと思います。そう、初の日本語版PalmデバイスであるIBMのWorkPadのカタログに載っていた写真に表示されていた予定(確かそのはず)です。Palm IIIを購入していろいろいじっている過程で、カタログに載っていた予定をそのまま入力してみたりして遊んでいたのが、そのまま残っていたのです。1999年というとほんの6年前ですが、何かタイムカプセルを開いたような気分でした。

Palmを初めて購入した時って、誰でもウキウキワクワクしていたと思います。何年もPalmを使っていると、そんな気持ちもすっかり忘れてしまいがちですが、予定表に最初に入力したスケジュールを見ると、購入当時の気持ちが蘇ってきて新鮮な気分になれるかもしれませんよ。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050412



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-11

悩めるデジカメ選び(その後) (2005-04-11)

3月16日の日記で書いたデジカメ選びですが、ほとんど機種が絞れました。キヤノンPowerShot S1 ISです。レンズが35mm換算で38mmからと、画角が狭いのがかなり大きな欠点ですがそれ以外はほぼ要求事項を満たしています。画素数が少ないのは私にとってはむしろメリットだし、起動時間も今まで使っていたDSC-MZ2に比べたら早いし、1.5型という小さな液晶モニタも最近メインで使ってるSANYO Xacti DMX-C1と同じだし、一眼っぽいデザインは好みだし、店頭で見た限りでは操作性とかホールド感も良さそうです。比較対象としていたPowershotのGシリーズの画質には惹かれるけど、おそらく私のレベルではそこまでの違いは分からないでしょう。RAW画像の現像(Gシリーズは出来るけどS1ISは出来ない)なんかも興味がありますが、面倒くさがりで時間もないので使わない可能性大です。

S1ISは、同じ手振れ補正付き高ズームのライバル機であるパナソニックやミノルタの機種と比べて評価は低いです。しかし、店頭で持った感じでは、パナソニックやミノルタの製品はスペック以前の問題として、私の手に全くフィットしませんでした。ミノルタのZ5は電池ケースの部分の張り出しが大きすぎて持ちにくいのと、電源ボタンが右手だけで持ったときに操作できない位置にあるのが致命的でした。パナソニックのFZシリーズはデザインは結構好みですが、持ったときに小指が全く掛からないのが凄く不安定に感じます。あと、個人的にパナソニックは好きでないので、パスしました。こういう、ある程度気合を入れて撮るカメラは持ったときのフィーリングとか、いかに愛着を持てるかというのが大事だと思うので、やはりキヤノンに落ち着いたというわけです。

あとはいつどこで買うか。後継機が出る可能性は低そうですが、いきなり出るとショックでしょうね。特にCCDの面積が大きくなって画角が広がっていたら、大ショックだと思います。でも、いろいろ情報収集した限りでは、キヤノンはデジタル一眼とIXIに注力していくという感じなので、後継機が出たとしてもせいぜい色が変わり、液晶モニタが1.8型になりCCDの面積はそのままで画素数が500万画素クラスになる、といったマイナーチェンジにとどまるというのが私の読みです。というわけで、量販店が在庫処分価格を出すのを狙っています。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050411



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-09

TJ37のページをアップ (2005-04-09)

今日も休日出勤。ここんとこずっとです。で、いつものように昼休みの更新ですが、ずっと懸案事項として頭の隅にあったCLIE TJ37のページですが、昨晩「総括」をアップしました。これで一つのコンテンツとしては一応の区切りがついたかなと思います。TJ37のページを作った時点では、少しずつ内容を追加していき、息の長いページにしていこうと思っていたのですが、一旦はこれで終了にしたいと思います。ソニーがPalmデバイスの製造販売から撤退してしまった今となってはTJ37をどれだけメインマシンとして使い続けるのかも分かりませんし。とりあえずバックライトの修理(忙しくてまだしていない)をして当面は使い続けますが、メインマシンをPalmデバイス以外にするということも可能性は低いながら具体的な選択肢として考えているくらいです。(それにしても、ソニーのPalm撤退のニュースって、最初はほとんど気にならなかったけど、徐々にボディブローのように効いてきました。)

念のため、更新終了はTJ37のページの話で、このサイト自体はまだまだしぶとく続けていくつもりです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050409



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-07

ロボット好きの備忘録 (2005-04-07)

いつも日記のネタは夜に仕込み、時間があれば粗方テキストを仕上げて翌日の会社の昼休みにHTMLにしてアップしてるんですが、昨晩は出来なかったんで、備忘録的なネタをアップしときます。ランドウォーカーです。いわゆるG世代ならあれこれ言う必要はないでしょう。私も「3倍」と「専用」という言葉に敏感なクチなんで、単純に感動しました。実物大スコープドッグの作成過程をテーマにしたblogも感動しましたが、今回のはその感動に匹敵します。子供の頃の夢は、パワーショベルを自宅で所有することでしたが、このランドウォーカーが発売されれば、夢を変更したいと思います。

関連リンクとして、実物大スコープドッグの一部が展示されたワンフェスを報道するニュース「1/1スコープドッグの両腕とレンズがワンダーフェスティバル2005冬で展示::[アキバBlog]」も書いときます。この記事中で紹介されている近藤科学の小型人型ロボット組立てキットKHR-1に装着するKHR-1用トランスキット スコープドッグにも激しく惹かれます。今風に言えば、「萌え〜」って感じでしょうか。このような製品を作ってる人々って、きっと小さいころロボットアニメなんかに胸をときめかしていて、大人になってもそのときめきが失われなかった人なんだなぁと勝手に想像しています。「夢をカタチに」。いい言葉ですね。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050407



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-06

SHARPのDVDシステムを購入 (2005-04-06)

DVDとCDとFMが聞けて持ち運びできるラジカセスタイルののオーディオ機器が欲しかったのですが、以前から狙っていたDVDパーソナルシステム、SD-FV10は、近くの家電量販店で聞くと生産終了で在庫はないとのことでした。コンポスタイルのものや、MDのついているものはいろいろありましたが、どの機種も値段は数万円します。SD-FV10は確か1万円代の値段がついていましたし、機能とデザインと価格がちょうど好みにフィットしていたので、ネット通販で探してみることにしました。

先ずは定番の価格.comでSD-V10 の最安価格をチェック。一万円を超える製品なので、出来ればSSLに対応していてプライバシーポリシーなんかも掲載していてサイトの作りもきちっとしている店で買いたいと思ってましたが、安値リストに名を連ねているショップはどの店もピンときません。少々高くてもいいやと思い、有名どころのネット通販ショップをいくつか見ましたが、どこも売り切れのようです。で、いろいろ探した結果、楽天に出展している金沢の某ショップで購入することにしました。楽天のシステムを使っているのでSSLに対応してますし、サイトに掲示板を持っていて、そこでのログを見る限り、良心的な対応をしていたからです。通販ショップでBBSを公開しているという気構えが気に入りました。さらに価格も価格.comの現時点での底値より安かったです。深夜に注文したら、翌日に発送しましたというメールが届き、その次の日には届いてました。Vis-a-Visなみの速さです。

製品自体は気に入りました。まだ軽く動作確認をしたただけで、しかも深夜に子供の寝ている部屋の隣で触ったのでボリュームをあげることも出来ませんでしたが、なかなか良さそうな感じです。値段の割にデザインも質感もいいし、機能も意外と豊富でリモコンもついているし、制限はありますが、CD-Rに焼いたMP3も再生できます。この機種はもう生産終了品ですが、流通在庫にはまだ多少はあるようなので、安価でそこそこの音質で気軽にDVDが見れてCDとFMも聞けるポータブル機を探している人にはお勧めです。最近私の中ではSHARP株上昇中です。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050406



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-05

ユセージって何? (2005-04-05)

Pal Mac 2003! WebLog Version: Usageのことをユセージというのかという記事で、PalMacさんが、山田祥平のre:config.sysの「第45回:絵空ごとのユセージモデル」で、usageという英単語のカナ表記をユセージとするのは違和感があるという旨の記事を書かれています。山田祥平のre:config.sysは私も時々見ていますが、あの記事を読んだだけではユセージをusageのこととは思わなかったでしょう。ひょっとして別の意味かもしれませんが、本当にUsageをユセージと書いているとなると、確かに私も違和感を感じます。原音に近い表記はユーシッジ又はユーセッジあたりだと思いますし、スペルにつられてユーサッジと書くまでが私的には許容範囲です。

これと似た例で、コンピュータ関連用語で長年気持ち悪いと感じる言葉がありました。ストレージです。英語のstorageはストーリッジまたはストーレッジといったほうが原音に近いです。アクセントは最初の「ト」にあり、更に「ト」は「トー」と長く伸ばします。で、"age"の部分はusageと同じで、軽く「ィッジ」又は「ェッジ」という感じになります。ユセージとかストレージとカナで書くとアクセントも「セー」とか「レー」といった長音に置かれると思うので、母音の長さもアクセントの位置も原音と離れてしまい、元の単語が想像できません。なんか、「まったり」をわざと「マターリ」と表現する2ちゃんねる語を彷彿させるような書き方です。

まぁ、外国語の発音をカナ表記で正確に再現するのは不可能ですし、カナ表記方法はたとえ原音から離れていても認知されればそれが普通になるものです。以前も書きましたが、例えばマクドナルドなんて原音からかなりかけはなれてますが、市民権を得たもの勝ちです。ストレージも最初は気持ち悪かったですが、最近では随分慣れました。ユセージも広く使われれば気にならなくなるかもしれません。(いや、でもやっぱり気持ち悪いです。)

参考までに、以下はgoo辞書の英和辞典で聞ける原音のwavファイルへのリンクです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050405



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-04

暇つぶしにはNHK教育 (2005-04-04)

先週は子供が春休みだったので、連れ合いと子供達が3日ほど実家に帰えり、一時的独身状態でした。仕事が忙しくて帰りは遅いし、雑用もあったりで、あんまり羽を伸ばすことも出来ませんでしたが、とはいえ初日はかなり夜更かししてしまったので、次の日は早く寝るつもりでした。

翌日。早めに寝る準備を済ませ、洗濯ものをたたんでから寝ようと思い、退屈だったのでテレビをつけました。子供が生まれてからというものテレビは殆ど見なくなったので、目的も無く暇つぶしにテレビを見るのは数年ぶりです。その時間に何をやってるか全然分からなかったので適当にチャンネルを切り替えましたが、民放は俗っぽいバラエティ番組とかドラマばかりで、暇つぶしとはいえ時間の無駄のような気がしたので、NHK教育にチャンネルを合わせました。

番組は、初老といってもいい大学教授らしき人がウィルスの話をしていました。喋り方が非常に単調で、学校で退屈な先生の講義を聞いているようで、一瞬消そうかと思いましたが、話をきいているうちにどんどん内容に引き込まれていきました。いろいろな話がありましたが、印象に残ったのは、ウィルスは人の役にも立っているということ。例えば、人が妊娠時に免疫システムが働いて胎児に悪影響を及ぼさないのは、レトロウィルスの働きで母親のリンパ球を宮内に通さないようなフィルタが出来るから、ということです。(説明ははしょってます。興味のある人は適当に検索してみてください。)

続いて、聞いたことがない作家(私が知らないだけで有名な人だと思います)が出てきて、適当なテーマについてあれこれ話すという雑誌のコラム記事のような番組が始まりました。その日はソメイヨシノの話で、ソメイヨシノの名前の由来とか東京の桜の殆どがソメイヨシノであるとか日本の桜の8割がソメイヨシノとかいった話に続き、桜は「自家不和合性」といって自分のおしべとめしべだけでは受精出来ないが、ソメイヨシノはいわゆるクローンで、人口的に増やされた品種だということを知りました。花見の席でちょっとウンチクをたれるだけの知識を得ることが出来ました。

続いての番組は英会話です。今回はputの使い方について。「置く」という基本の意味だけでなく、前置詞と組み合わせて様々な意味になります。例えば"put together"で「考えをまとめる」とか。簡単な基本単語に前置詞が加わって意味が広がるのは、書き言葉なら時間をかければある程度類推できますが、話し言葉ではなかなか理解出来ませんし、ましてや自分が使うことは不可能です。こういう番組を見て反復練習してないと身につかないとなぁと思いました。

次はビジネス英語の実践講座。ビジネス英語ではIQL、つまりInteractive, Quick, Logicalが大事だということです。なるほどそのとおりで、特に最後のLogicalの部分は重要です。翻訳ソフトで日本語から英語に変換すると使い物にならない英語になるのは、入力した日本語がロジカルでないのが原因であることが多いです。文法面はもちろん、会話の組み立て方にいたるまで、一種の論理性が求められるのは、昔言語学を勉強した(落ちこぼれでしたけど)私にとってはよく分かる話でした。

次はドイツ語講座。大学自体、半分冷やかしでドイツ語の講座を受けていたこともあり、これも興味を惹かれましたが、流石に夜も遅かったのでここで切り上げてテレビを切りました。

しかし、その後、この日記の下書きを書いたり番組の内容をネットでさらに深く調べたりしていたので、結局夜更かししてしまいました。テレビって久しぶりに見ると面白いです。特にNHK教育って、暇つぶしには最適だと思いました。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050404



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-04-01

個人情報保護法スタート (2005-04-01)

4月1日といえば社会人なら人事異動、Web系ならエイプリルフール企画とか、いろいろネタはあるのですが、私にとっては今年の4月1日は個人情報保護法の完全施行されたことが一番大きいです会社のWebサイトにプライバシーポリシーを掲載したり、社内むけにパンフレットを作成したりと、この日に向けて色々と対策に終われてました。昨日は最後の仕上げとして、不要な個人情報の廃棄処分を実行。ハードディスク内のデータは削除するだけでいいですが、リムーバメルメディア、特にフロッピィディスクに入っているものは処理が面倒です。容量が少ないのでデータのサイズが小さくても何枚にも分かれてます。単純にデータを削除だけしたりクイックフォーマットだけして廃棄しても、データが復元される可能性がありますし、ランダムなデータを書き込んで復元できないようにするツールを一枚一枚実行するのも時間が掛かるので面倒です。そこで、完全削除ツールを実行するよりマシだろうということで、ディスクを解体して廃棄することにしましたした。どちらにせよ、職場ではゴミを分別しているため、捨てる際には金属部分と軟質プラと硬質プラに分けなければなりませんし。

解体作業ですが、先ずは金属製のシャッターを外します。これは簡単です。次にプラスチックのボディの継ぎ目に指をいれ、割腹します。そして、半開きの状態で、ディスクを外します。その際、シャッターにテンションをかけていたバネも外します。最後に、取り出した円盤部の中央の金属部分と記録面のプラスチック面を分離し、記録面のプラスチックをカッターナイフで切断して終了。あとは金属とプラスチックに分けて廃棄です。

最初は作業に手間取りましたが、十数枚やるとコツも分かり、手馴れてきました。魚介類の缶詰工場なんかで、パートのおばちゃんが魚や貝を手馴れた手付きで次々とさばいていきますが、ちょうどあんな感じです。フロッピィは100枚近くありましたが、意外と早く終わりました。(それでも数十分かかりましたが)まぁ、こんな作業が上手くなっても嬉しくありませんね。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200504.htm#20050401




Copyright (C) 1999-2005 Birdis Land, All Rights Reserved.
Link freely! But hopefully mailto:birdis@nifty.com