ホーム(http://birdis.main.jp/)アーカイブ>2005年06月の日記

Birdis Land's Favorites!




2005年06月の日記


Powered by Google
Powered by WwwSearch

PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-27

無線LANカードを紛失 (2005-06-27)

リナザウで使っていたCFタイプの無線LANカードを本格的に紛失してしまいました。「本格的に紛失」という表現も変ですが、出張時にホテルの部屋に忘れてきたのではという淡い期待があったが、ホテルに問い合わせたところ、そのような落し物はないとのことで、「本格的」に紛失となったわけです。

リナザウは家の中でちょっとした空き時間のブラウザとして使っていたので、無線LANが使えないと不便です。紛失したBUFFALOのWLI2-CF-S11は既に生産終了しているので、中古でもいいかと思い、相場を調べてみたらびっくりしました。確か1年ほど前に7000円くらいで新品を購入したのですが、中古市場の価格はその時の価格とほぼ同じかそれ以上のようです。無線LANの普及でPCカード用の無線LANカードは随分安くなった感がありますが、CF用のカードしか使えない機種というとPDAか超小型のミニノートくらいしかいないわけで、生産数も少なく中古価格が高騰しているのでしょう。

ザウルスサポートステーションでSL-C700に対応している無線LANカードを調べてみましたが、いずれも生産中止か入手困難なようで、中古市場の価格も高いです。それならば、と現在生産されているCFタイプの無線LANカードを探してみたら、PLANEXのGW-CF11Xが一番安いようでした。Zaurus SLシリーズへの対応は1000/3000のみのようですが、ありがたいことに有志の方がSL-C700用のドライバを公開されているということです。家の無線LANアクセスポイントはBUFFALO製ですし、本当はWLI2-CF-S11の方が安心なんですが、GW-CF11XはWLI2-CF-S11の中古価格の2/3〜3/5程度の値段なので、そっちを購入しようかと思ってます。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050627



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-23

出張中の食生活の乱れについて (2005-06-23)

いい加減くどいかもしれませんが、東京出張関連ネタの続きで、今日は出張中の食生活についてです。

出張中は食事が偏ります。特に今回のような展示会の出展の場合は乱れまくります。朝は少しでも多く寝たいので、ホテルのレストランなんて利用せず、(朝食付きプランなら別ですが)前日に買っておいたコンビニのパンなんかを、着替えしながら詰め込みます。昼は休んでいる暇などないので、客の切れ間を狙ってやっぱりコンビニのサンドイッチとかオニギリとかを10分くらいで胃に流し込みます。で、夜は一日の疲れを癒し、ストレスを一気に開放すべく、飲み屋に繰り出します。こんな生活が数日間続くわけで、体調が崩れるのも当然です。

毎日外回りで夜も遅い営業職な方は、多かれ少なかれこのような食事パターンになるようです。外食中心だと、どうしてもビタミンやミネラルの摂取が不足しがちです。普通の定食を頼むときについてくる付け合せの野菜程度ではビタミンやミネラルは全然足りません。ちょっと料理した人なら誰でも知ってますが、野菜は生で食べるより、煮たり蒸したりする方が、体積がぐんと減るので、沢山食べられます。とんかつ定食についてくるキャベツの千切りなんて、蒸したり煮たりすれば小鉢くらいにおさまってしまいます。生野菜を山盛り食べればなんとなくビタミンは十分取れたと思い勝ちですが、生野菜だけで一日に必要なビタミン・ミネラル類を摂取するのは想像以上に大量に食べなければいけないと聞いたことがあります。ファミレスのサラダバーでサラダをお代わりするより、昔ながらのお惣菜を小鉢に2〜3皿食べるほうが栄養バランスはいいんでしょうね。ちなみに肥満体でも健康なお相撲さんですが、彼らの主食のちゃんこなべは、肉や魚と一緒に大量の野菜も摂取できるので、理にかなった食べ物なんだということに、今更ながら気づきました。

健康的な食事法は、朝と昼にしっかり食べ、夜は控えめにするというのがセオリーです。私の普段の食生活は、食べる内容や飲む量はともかく、時間だけはきちんとしていますが、大人はどうしても晩御飯がメインになりがちです。しかし、うちの子供達は、朝と昼は大人がびっくりするくらい食べるのに、夜は好物以外はそんなに食べません。具体的には、4歳の長男は、朝食は私より多く取り、2時間後にバナナを1本平らげ、昼は私と同じくらい食べ、夜は肉はあまり食べず、ご飯と野菜中心です。子供は本能で生きている部分も多いので、自然に健康的な食事のリズムを実践しているのでしょう。私も彼らに見習いたいですが、晩酌をやめることは流石に無理なので、せめて夜食のカップラーメンはなるべく避けるようにするつもりです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050623



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-22

東京所感 (2005-06-22)

東京出張での肉体的な疲労は大分無くなりましたが、どうも気力がいまいち湧いてきません。大きな展示会だったので、張り詰めていた気が切れてしまったのに加え、出張中にたまっていた仕事は展示会の後処理で手付かずですし、さらに追い討ちをかけることに、リナザウに挿していた無線LANカードをどこかで紛失したことに気づきました。というわけで、今日は出張中の雑感です。

東京はモバイラーにとっていい場所です。私がよく仕事で行く展示会場の周辺地域では、フリーの無線LANスポットを見つけるのもそう難しく無さそうです。相変わらずICカード公衆電話もまだあちこちでみかけましたし、ホテルのロビーでは無料で使用出来るパソコンが置いてます。部屋からインターネット接続出来る安いビジネスホテルも沢山ありますし、出張前に検討していたAIR EDGEを契約する必要性は感じられませんでした。

鉄道の乗り換えのややこしさは相変わらずです。PDA用の路線図は有志の方がフリーで公開されていますが、一つ一つは素晴らしいもの、地下鉄とJRと私鉄を全て網羅しているコンパクトなものが見当たらないのが残念です。路線図によって載っていたり載っていなかったりするものがあるので、目的地への乗り換えを確認するのにいくつかの路線図を見比べなければならない事がありました。今回はZaurus SL-C700とCLIE TJ37を持っていきましたが、PDAが二台あると、両方に違う路線図を表示させたり、片方に予めWebで検索して保存しておいたアクセス方法のメモ、もう片方に路線図を表示して見比べるという使い方が出来て、結構便利でした。

この、PDAを2台同時に使うという方法は、パソコンのマルチモニタに通じる便利さがあると思います。画面の大きいディスプレイは非常に高価ですが、マルチモニタならもっと低価格で同じ情報量を得られます。同様に、モバイル用の小型ノート1台よりPDA2台の方がトータルの重量も体積も小さく、価格も安く済みます。もちろんノートでしか出来ないこともありますが、起動が早いとかバッテリーの持ちがいいとかいったPDAとしてのメリットもあるわけで、PDA2台という選択肢もありなのかなぁと思いました。もっともこれって、いわゆるヘビーユーザーの方は既に昔から実践されている事だと思いますが。

東京所感のつもりがPDAの使い方論になってしまいましたが、ちょっとずつ気力を回復していこうと思ってます。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050622



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-21

東京出張 (2005-06-21)

東京出張から帰ってきました。ホテルの部屋には有線LANポートがついていたのでリナザウでインターネットに接続することは出来ましたが、連日ほとんど休憩無しで一日中立ちっぱなし、しゃべりっぱなしという重労働だったのに加え、夜はお約束で飲みに出て行くので、ホテルは寝るだけといった状態でした。サイトの更新はもちろん、ニュースサイトを見る暇もなく、テレビや新聞もほとんど見てなかったので、出張から帰った時は、ちょっとした浦島太郎状態でした。(野茂の日米通算200勝達成すら知らなかった。)

最終日は夕方6時頃仕事が終わったので、秋葉原に寄りました。まだ行ったことの無いモバイルプラザに行きたかったのですが、そこまで足を伸ばす元気はなく、じゃんがらを食べるだけで帰ってきました。ちなみに私は東京出張の帰りには、時間が許す限り秋葉に行き、じゃんがらとビールでささやかな個人的打ち上げをするのが習わしです。頼むのはじゃんがら角肉入りです。一度、ぼんしゃんを食してみたいのですが、秋葉店は夜8時からやっていないので、まだ食べたことはありません。大阪行き新幹線は夜9時頃まであるので、その日に帰るとしても食べられないことはないのですが、いつも体力気力が残っていなくて、断念しています。

あと、秋葉の駅がきれいになっていたのにびっくりしました。前回来たときは工事中でしたが、そのことを忘れていたので、一瞬駅を間違えたかと思いました。変わったのは構内の駅前だけで、街の雰囲気は相変わらずでしたけど。

次回出張時には、モバイルプラザに行けるだけの体力を残しておきたいものです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050621



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-15

CLIE TJ37、あっという間に修理完了 (2005-06-15)

昨日会社から帰宅すると、日通のパソコンポの箱が置いてありました。修理に出していたTJ37が帰ってきたのです。しかし、いくらなんでも早すぎます。最初は宛名不明で帰ってきたのかと思いましたが、ソニーの指定業者(日通)が引き取りにきたのでそんなはずはありません。中を開けると、修理が完了したTJ37が丁寧に梱包されていました。保障期間内なので無償です。取れて無くなった板側面のネジも全部ついてきました。

金曜日にソニーのサポート(NCCL)に電話して、土曜日に引き取ってもらい、修理を終えて配達されたのが火曜日なので、受け取ったら即修理して即発送していることになります。以前VAIOノートを修理に出したときも対応に感心しましたが、今回の修理の早さは感心を通り越して感動しました。

同じ時期に修理に出したキヤノンの場合、購入した店舗に持ち込んでから返却されるまで2週間程度かかっています。まぁこれくらいかかるのが普通でしょう。キヤノンの場合、修理の対応についてのアンケートをしていたので、「概ね満足だが、期間はもっと短く、修理明細には故障の原因(製造上の問題か取り扱い上の問題か)を書いて欲しい」という旨の回答をしました。今回のソニーの場合、期間は文句なしですし、明細書にはちゃんと「故障状態=不良」と書いてありました。不良品を出すのはよくないですが、きちんと自分の非を認めて、迅速・的確な対応をすることで顧客の信用を取り戻すという、ソニーの対応は流石です。最近ソニーに対する個人的は評価は急落していたのですが、これで随分持ち直しました。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050615



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-14

Powershot修理完了 (2005-06-14)

修理に出していたPowershot S1 ISが直ったという連絡があったので、購入した店に引き取りに行きました。ストロボのポップアップ部の部品を交換したとのこと。保障期間内だったので無償でした。購入してそうそうの故障でしたが、保証が効いたので良しとします。

ついでにリナザウでホテルの部屋からネットに繋げるためのLANケーブルも購入。ロアスのDSL-BB03BKというやつで、品名はブロードバンドケーブルとありますが、要するにLANケーブルです。幅2mm、厚さ1mmと非常に細いので持ち運びに便利です。100BASE-Tですが、LANカードがLPC-CF-CLTで10BASE-Tなんで、モバイル用としては全く問題なしです。

リナザウですが、出張を前にハードの準備は整ったので、次はソフトの準備ということで、Operaを入れてみました。しかし、本体メモリの空きがないので敢え無く失敗。NetFrontでも致命的な問題はないので、出張中に時間があれば本体メモリの整理でもしたいと思います。

あと、書き忘れてましたが、ようやくCLIE TJ-37の修理を出しました。不具合は、バックライトがつかなくなったのと、本体側面のネジの紛失です。ソニーのサポートに電話をしたら、翌日に業者に引き取りに来てもらえました。VAIOノートを修理に出したときもそうでしたが、手厚いサポートは流石です。

なんか、取りとめもない、ただの日記になってますが。出張から帰るまではバタバタしているので、こんな感じの更新が続くと思います。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050614



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-13

リナザウのハード環境を整備 (2005-06-13)

Muchy.comショックから数日経ちました。その間、いつものようにPALMLINKでいこう!!さんからPalm系サイトを拝見してましたが、ほとんどの方が様々な形でMuchy.comに対する想いを語られてました。それだけでなく、Muchy.comが果たしてきた役割を今後どのように引き継いでいくかという提案がいくつものサイトで湧き上がり、一部では既に実践までされています。改めてMuchy.comの偉大さを感じました。そんな中、Palmではなくザウルスの話をするのもちょっと恐縮ですが、週末は今週末の東京出張に備えリナザウのモバイル環境の整備をしてました。

もともと中古で購入したSL-C700なので、バッテリーがかなりへたってました。純正品を購入することも考えましたが、ここは値段の安さに惹かれてROWA(ロワ)の、EA-BL06-TO(税込みで2500円)を選びました。シャープ純正のEA-BL06は税抜きで5500円なので半額以下で購入出来ます。おまけに容量も純正の950mAhに対し1050mAhと一割程度アップしており、お買い得です。代引で注文したので、注文翌々日に届きました。早速充電してみましたが、今のところ問題無しです。

次に有線LANカードの購入です。出張時の宿泊先は全室インターネットOKという謳い文句でしたが、流石に無線LANではありません。ザウルスサポートステーションでSL-C700に対応しているカードを確認し、いろいろ検討した結果、バッファローのLPC-CF-CLTにしました。オークションで購入することも考えましたが、Amazonで税込みで3,255円で売っていることを発見。Amazonなら安心ですし、送料込みなのでトータル金額はオークションの相場と変わりません。早速金曜日の夜に注文したら、日曜日に着きました。こちらも自宅のネットワークにつなげてみましたが、特に問題なくすんなりいきました。

こんな感じでSL-C700のハードウェア強化はひと段落し、あとはソフトウェアの準備をすればOKです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050613



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-09

Muchyさんありがとう (2005-06-09)

Muchy.comさんがサイト上で無期限停止を宣言されました。既にほとんどのPalm系サイトでこの事が取り上げられていますが、私としても感謝の言葉を述べないわけにはいきません。

私にとって、パーム航空Palmfanそして、Muchy.comの3つのサイトは、数あるPalm系サイトの中でも特別に大きな存在でした。その3大サイトの一つ、機長さんのパーム航空が更新終了された時のショックは、CLIE撤退のニュースなど比較にならないくらい大きなものでしたが、今回のMuchy.com更新終了は、それに匹敵する大きさです。いろいろな思いはありますが、今がとりあえず、語り尽くされた言葉ですが、一言だけ。今までありがとうございました。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050609



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-08

新ザウルスSL-C3100 (2005-06-08)

Linux/ZaurusのページSambaでファイル共有実現swapファイル設定という記事を追加しました。もうちょっと書きたい項目はあるのですが、なるべく早くアップしたいと思ってます。こういうのは、思い立った時にやりきってしまわないと、いつまでたっても完成しないので。

で、そうこうしているうちに、新しいザウルス SL-C3100が発売されるというニュースリリースが出ました。見た感じ、SL-C3000のソフトウェア強化判という感じですが、フラッシュメモリーが16MBから128MB に増えている点がポイントでしょうね。これで動作速度もSL-C1000並になり、名実共に現時点での「最強」のリナザウになったと思います。

以前「新型ザウルス発売で思ったこと」でも書きましたが、ザウルスの開発サイクルって、遅くてもすごく堅実だと思います。デザインから仕様からコンセップトからガラっと変わったり、旧モデルがゴミに思うほどの見違えるようなブラッシュアップモデルをリリースするのではなく、基本路線をしっかり踏襲し、大きな変化は抑えつつ、地味だけど大事なポイントを少しずつ改良していくことで、結果的に既存ユーザーも安心して次の買い替えタイミングを考えられますし、製品自体の完成度も高まっていきます。私的には、動作速度以外は今使っているSL-C700でほぼ満足してますが、屋外でもきちんと見える半透過型液晶を採用して重量200g前半に収まるSL-C700並みのコンパクトな新機種が出れば、真剣に買い換えを検討すると思います。重量はともかく、液晶については屋外で使う人も多いはずなので、いつかは出してくれると信じてます。というか、シャープの姿勢はそう信じさせてくれます。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050608



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-07

価格.com不正アクセス事件から得た教訓 (2005-06-07)

少し前に世間を騒がせた価格.comの不正アクセスによる閉鎖問題ですが、その後の報道を見ていると、攻撃された手口はSQLインジェクションを利用したものだということが分かってきました。(asahi.com: データベースを攻撃、外部から支配 カカクコムHP事件などを参照)このSQLインジェクションという手法、私は知らなかったのですが、いつもは意見しているがんばれ!!ゲイツ君の「宿命のセキュリティホール(その2)」というコラムですごく丁寧に解説されているので紹介しておきます。どうやら手口としては初歩的なもののようで、システムに詳しそうな人のblogなどを見ていると、今時こんな攻撃にやられる大手のサイトがあったとは信じられないとか、システム設計した業者の手抜きだ、といった意見が多く見られました。価格.comだけに、複数の業者に合見積もりを取って、一番安いところを無条件で採用したのではないかと疑ってしまいます。

当初、「最高レベルの……」発言にすっかりだまされてカカクコムに同情していた私ですが、結果的には裏切られた形となりました。私にとって価格.comは、メールアドレスを提供したこともない完全なROMユーザーだったので、特に実害を被ったわけではありませんが、今回の事件は、個人情報やもっとセンシティブな情報を提供している会社や団体に裏切られるという可能性があるということを示唆してくれました。今回の事件で得た教訓は、ブランドイメージやシェアが高いという安易な理由で企業を判断すべきではないことと、製品やサービスを選ぶ基準は価格が全てではないということでした。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050607



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-06

思いつくままにダラダラと (2005-06-06)

相変わらず仕事は一日中メール処理で、疲れてます。単調な作業の繰り返しだと、どうも気力が萎えてくるようで、仕事のみならずプライベートでもどうもやる気が起こりません。というわけで、今日の日記は思いつくままにダラダラと書いて見ます。

いなあもさんのところのアクセスカウンタがそろそろキリ番ということで、週末寝る前に見てみたら、200,000まであと100を切ってました。ためしにリロードしてみると、数字は一つ増えます。どうやらリロードすると増えるタイプのようです。思わずF5キーを連打でキリ番をゲットしようかと思いましたが、人為的にカウンタの数を増やすのも悪いかなと思い、そのまま寝ました。翌日、見てみると、カウンタは200,010で10番違い(残念!)でした。20万突破おめでとうございます。(一応スクリーンショットは撮りました。)

今年はZガンダムの劇場版が公開されるというので、個人的にもガンダム熱が少しだけ盛り上がってます。昨晩も、よせばいいのに0時を回ってから、何となくファーストの映画場を半分以上観てしまいました。Zの劇場版を見に行けるかどうかは分かりませんが、ビデオかDVDがレンタル開始すれば、間違いなく見るでしょうね。その前にテレビシリーズを見直さなければ。ストーリー、細かいところは殆ど忘れているし。

TJ37の代替機として使い続けているCLIEのN600Cですが、突然ハングアップしてハードリセットに見舞われたことが2度ほどありました。原因は不明ですが、素の状態では起こらないので、Hackか何かのアプリの相性のようです。なるべくインストールするアプリを減らして使ってますが、ちと不安です。ところでバックライトのつかなくなってTJ37は、実はまだ修理に出してません。N600Cが以外に快適なので、ついつち先送りにしてましたが、これは早いとこ修理に出さないといけないかも。

なんか、とりとめも無くダラダラ書いても意外と書けるものですが、こういうのは自分のスタイルじゃないので、次回からは一日一テーマのいつものスタイルに戻したいです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050606



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-03

嬉しい悲鳴、嬉しくても悲鳴は悲鳴 (2005-06-03)

「嬉しい悲鳴」という表現があります。思った以上にいい結果が出て、予想以上に忙しくなったときなどに使います。確かに嬉しい状態なんですが、悲鳴をあげる当事者にとっては出来れば避けたい状態です。とうのも、今まさに仕事がそんな状態で、とあるプレゼント企画をしたんですが、応募者が通常の10倍、予想の3倍近くあって、その対応に追われているんです。具体的には毎日200通前後来るメールをチェックして、応募内容に不備があったら連絡し、質問が書かれていたら回答し、spamは削除するという作業をずっとしています。ほとんど一日べったりかかりますが、ちょっと別の仕事が入ったり邪魔が入ったりすると、あっというまに100単位で未処理のメールが増えていきます。もちろんメール処理してる間にそれ以外の仕事もたまっていくわけで、日に日に未処理の仕事が増えてきて溺れそうです。

処理が大変なのは私のせいもあって、事前の準備段階でバタバタしていたので、Webからの受付ページをmailto:を使ったフォームで安易に作ってしまったのが大きな原因です。スクリプトを書き換えたりサーバにあげて動作確認する暇がなかったので、ついついHTMLだけで簡単に作れるmailto:を使ってしまったのですが、この方法だと入力事項にチェックをかけたり、ちゃんと送信されたことをユーザーに知らせるような動的な仕掛けが出来ないため、内容に不備のあるメールが来たり、サブジェクトだけのメールが送られてきたり、同じメールが何通も来たり(きちんと送信されたかどうか分からないので不安になって何度もクリックする人が多い)で、それらに全て対応しなければならないために手間が数倍にも増えてます。

こんなことなら事前に無理してでもきちんとCGIでフォームを作っておけばよかったと後悔しながら、毎日数百通の未読メールと格闘しています。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050603



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-06-01

PHSデータ通信選び (2005-06-01)

今年は仕事で東京方面へ出張する機会が多くなりそうなので、PHSデータ通信に手を出そうかどうか迷ってます。私は携帯を持ってませんし、無線LANスポットは私の活動圏にはまだほとんど無いし、今まで使っていたIC公衆電話は来年3月に順次撤去されていくことが決まりましたし、PHSデータ通信しか通信手段が無くなってきたからです。そんなわけで、昨晩も遅くまでWebで色々調べてました。

費用はなるべくかけたくないけど、どうせなら金額を気にせず使いたいので、先ず思いついたのが月額2000円程度で定額通信のbitWarpKWINSのPDAコースです。しかし、両方ともPalmには対応してませんし、リナザウはSL-C750以降で、私のSL-C700は非対応です。いっそ、SL-C700を処分して中古のC750か760辺りを購入しようかと考えましたが、オークションや中古ショップを調べてみると、相場は30000円ほどのよう。さらに、bitWarpやKWINSも初期費用として1万円前後かかります。トータル4万程度の投資に対して、つなぎ放題という恩恵が私にとって割りに合うとは思えません。というのも、利用頻度を考えると、職場はほとんどデスクワークですし、家では無線LAMで通信できます。通勤はバイクなんで、PDAは使えないし、休日の外出も大抵は小さい子供と一緒なんで、じっくり腰を据えてネット接続する余裕はありません。利用するときといえば展示会等で出張する時くらいで、出張が無い月はほとんど使わない可能性もあります。

と考えると、AIR-HDGEの一番安いデータパックでも十分な気がします。割引なしで月額3000円で最大140分のデータ通信が出来ますが、それでも使い切れない気がします。さらに調べると、月額基本料金980円+従量制のTwo LINK DATAが一番維持費が安そうなことが分かりました。このプランは通話先が限定されますが、プロバイダがDAL(アクセスポイントが全国同一)に対応していれば問題ありません。本当はツーカーのプリケーのように、ある程度まとまった金額の使用権を購入し、足りなくなったら買い足し出来るデータ通信サービスが出てきてくれればありがたいんですが、需要は殆ど無いでしょうね。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200506.htm#20050601




Copyright (C) 1999-2005 Birdis Land, All Rights Reserved.
Link freely! But hopefully mailto:birdis@nifty.com