ホーム(http://birdis.main.jp/)アーカイブ>2005年08月の日記

Birdis Land's Favorites!




2005年08月の日記


Powered by Google
Powered by WwwSearch

PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-31

確定拠出年金 (2005-08-31)

うちの会社でも確定拠出年金制度が導入されることになりました。今日が締め切りだったんで、昨夜申込書を書いたんですが、その前にちょっとWebで知識を仕入れようと思って年金とか投資関係のサイトを巡っているうちに、久しぶりに小泉の波立ちを見てしまって、つい夜更かししてしまいました。このサイトの「ニュースと感想」は、1〜2ヶ月に1度は訪れて、一気読みするんですが、内容が濃いので読み終えた後はぐったりします。昨晩も、ほとんど休みなしに、朝の2時まで読み耽っていたんで、今日は寝不足です。

で、肝心の確定拠出年金ですが、いろいろな商品の組み合わせを選ぶことが出来ます。大きく分けて、元本保証型(預金と保険)と元本非保証型(投資信託)の2タイプありますが、結局両者を半々の割合で選択しました。元本保証型は預金タイプと保険タイプを半々にして、元本非保証型は国内外の株式と債権に分散投資するタイプを選びました。私はこの分野(株とか投資とか)にはからきし弱いのですが、かといって全て預金にまわすのもバカらしいしです。しかし、いくら投資信託とはいえ、株や債券に全てを回すのも怖いので、結局無難な線に落ち着きました。ミドルリスク・ミドルリターンというヤツで、何の面白みもないですが、商品の組み合わせは後から変更できるので、とりあえずは良しとしときます。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050831



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-29

能登半島温泉旅行感想 (2005-08-29)

先週末の旅行の感想の続きです。京都から和倉温泉まで、特急サンダーバードで約3時間。4歳の長男はともかく、2歳の次男はヤンチャ盛りで、とてもそんな長時間持ちそうにありません。そこで、ぐずった時の対策に、事前に本屋で子供向けのシール付絵本を購入しました。さらに念のため、常用しているCLIE TJ37に加え、予備機のN600Cも持っていくことにしました。一台だと兄弟で取り合いになるからです。TJ37とN600Cにはお絵かきソフトを入れ、さらに、迷路の好きな長男のために、Maze Raceというゲームをインストールしていきました。しかし、結果的にCLIEは使わずじまい。往路はお弁当とムシキングのシールブックで何とか持ちこたえ、帰路は長男は疲れて熟睡。次男はやっぱり疲れから壊れてしまい、何を与えても手がつけられない状態でした。一応N600Cでお絵かきもさせたのですが、Palmデバイスによる時間稼ぎは数分間しか持ちませんでした。

旅行中はキヤノン PowerShot S1 ISで絞り優先モード中心で写真を撮ったんですが、帰ってから撮った写真をじっくり見てみると、失敗写真が大量にありました。ここ数年コンパクトデジカメのフルオートモードばかりで撮っていたせいもありますが、自分の技術の無さを痛感しました。S1 ISにもだんだん慣れてきて、不得意分野とかも分かってきたので、もう少し使い込めば失敗も少なくなるという手ごたえはつかめましたが、やはり静止画を撮るにはデジタル一眼レフがいいです。コンデジ(コンパクトデジカメ)も随分進歩しましたが、合焦の速さと正確さ、絞り開放時のボケ味など、素人にもはっきり分かる圧倒的な優位性がデジイチにはあります。動画が取れるのと適度な大きさ、そして価格の総合バランスで選んだS1 ISですが、はやくも限界が見えてきた感じです。(その前に写真の腕を上げろよ、という声が聞こえてきそうですが)

あと、宿泊した銀水閣のすぐ近くに、プロが選ぶ日本のホテル旅館100選で20年以上に渡り連続総合一位に選ばれているという有名な旅館、加賀屋があったんですが、私たちが宿泊した日に花火の打ち上げをしていました。何でも加賀屋に宿泊した団体さんが特別に注文したそうで、花火は私たちの部屋の窓からもよく見えました。時間は短かったものの、各地で開催される花火大会さながらの大玉が何発も上がり、ラッキーでした。

その他にも、いろいろネタで出来るエピソードはあったので、思いついたらまたネタにするかもしれません。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050829



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-29

能登半島に温泉旅行 (2005-08-29)

週末は石川県能登半島の和倉温泉に一泊二日の旅行に行ってきました。京都からJR西日本の特急サンダーバードを利用し、宿泊先は銀水閣という旅館で、普通に行けは結構高くつくところを、旅行会社の用意する、いわゆるパッケージツアーでかなり安く行けました。パックツアーは自由度がないので、気ままな貧乏旅行が好きだった若い頃は利用しませんでいたが、子供連れの旅行となると重宝します。

ところで、温泉旅館というと、昔のドラマとか漫画とかで、毎日家事に終われている一家のおかあさんに、旦那さんとか子供とかが、「たまに温泉にでも行ってゆっくりしてきたら」と言われてホロっとなって、旅行から帰った後で、「おかあさん、明日から又がんばるわ」みたいな脚本がよくありました。私も休日は食事の支度や後片付けから布団敷きまでいろいろ家事をやってますが、それらを全部やってくれる旅館は至れり尽せりで、ずいぶん楽が出来ました。でも、明日からがんばろうという気になるより、ずっとこんな生活が続けばいいなぁと思ってしまう私は、どうやら根っからのぐうたらのようです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050829



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-25

SL-C700は長寿デバイス (2005-08-25)

ひさしぶりにLinux/Zaurusのページを更新しました。といっても、既に日記で何度か取り上げたスペシャルカーネル導入の話で、この日記を読んで下さっている方には新鮮味のないネタですが。Linux/Zaurusのページはほとんど自分の覚書のためのページなので、これからも気が向いたらZaurusの設定メモとかを追加していくつもりです。

それにしてもSL-C700は、耐久性があるというか、長い間つかえるデバイスです。スペシャルカーネルとswapファイルにより性能アップできるだけでなく、概観も長持ちするのです。私の場合、中古で購入した後、さらに一年半ほど使ってますが、いまだに筐体には目立った大きな傷はなく、それなりに綺麗です。ディスプレイの開閉部分のヒンジのガタつきもそんなにひどくなったような気がしません。メインマシンでなく休日の時にしか持ち歩きませんが、家の中では結構ちょこちょこ使ってますし、ケースに入れずに常に裸で使っていて、ポーチの中にカメラや電池なんかといっしょに無造作に放り込んだりしているにもかかわらず、です。いつだったか、Mobile Newsの山田さんも書かれていましたが、長年使っていても、筐体に使用感があまり出てこない作りになっているようです。SL-C750/760の中古価格もずいぶんこなれてきましたし、筐体の厚みは気になりますが、SL-C1000といった後継機種が出ているにもかかわらず、新しいZaurusに食指が動かないのは、スペシャルカーネル&swapファイルと、本体の耐久性のために、SL-C700が今でもそれなりに使えているからだと思います。いいデバイスだと思います。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050825



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-24

新パソコンセットアップ完了 (2005-08-24)

パソコンを新調して、盆休みにセットアップしてたんですが、昨晩Palm Desktopをインストールして、ほぼセットアップが完了しました。前にも書きましたが、購入したのはドスパラのショップオリジナルパソコンです。

品名 Prime Outlet Regulus Light SP
CPU AMD Sempron 2600+
メモリ DDR SDRAM 128MB
ハードディスク 40GB
マザーボード VIAチップセット搭載 マイクロATX マザーボード
グラフィック機能 オンボード VGA グラフィックス
サウンド マザーボードオンボード
光学ドライブ 50倍速CD-ROMドライブ
LAN 1 (10BASE-T/100BASE-TX)
ケース GW Micro ホワイト(ミニタワー)
電源 350W SilentKing2(静音タイプ)

税込み¥27,980のアウトレット品でした。(OS、ディスプレイは無しです)メモリは512MBにして、光学ドライブはDVD±R/RW(いわゆるスーパードライブというヤツ)に変更してます。

今まで使った感じですが、エントリークラスとはいえ、それまで使っていたAthlon 650Mhzのマシンよりはるかに快適です。Sempron(センプロン)という胃薬のようなネーミングのCPUですが、なかなか優秀のようで、実クロックは1.8GHzですが、会社のCeleron(Dのつかないヤツ)の2.7GHzより早いようです。350Wの静音仕様の電源を標準搭載しているのも、気に入ってます。Athlon 650MHzは発熱がすごかったのでファンもやかましく、傍で扇風機を強風にして回していてもファンの音が耳についたくらいですが、新パソコンは隣で扇風機を回すとファンの音が聞こえなくなるくらいです。純粋な静音パソコンではないので扇風機を止めればファンの音はそれなりに聞こえますが、ずいぶん静かになったので満足です。あと、嬉しかったのは、SANYO Xacti DMX-C1で撮りためたMP4の再生がスムーズになりました。ただ、ビデオの性能が悪いのか、全画面表示で640x480の30fpsのMP4を再生すると、ちょっとコマ落ちするので、再生は今まで通り、非力なハードでもスムーズな再生が出来る動作の軽いVLCを使うつもりです。

ビデオやサウンドはマザーオンボードですし、CPUやハードディスクも今時のパソコンのスペックから見るとずいぶん貧弱な構成ですが、私の用途においては十分です。あと数年は現役で使えそうです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050824



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-22

遅まきながらカウンタ150000突破のお礼 (2005-08-22)

盆休みの報告を書いてからさらに数日。サイト更新に関しては、未だ休み気分が抜け切れていませんが、ここらでシャキッとするために、アクセスカウンタが節目を迎えたことを書いときます。とはいっても、150000を超えたのは今月に入ってすぐ。今更ながらの話です。

以前はカウンタのキリ番ネタは10000台ごとに取り上げてましたが、100000の大台を突破してからは、110000とか120000とかいう数字でネタにするには中途半端な気がして、心の中でささやかにお祝いをするにとどめていました。しかし、150000というと結構キリのいい数字です。100000突破したときはサーバを長年利用していたniftyからロリポップに変更したので、150000の時も、独自ドメイン取得とか、いっそブログ化といった大掛かりな変更をすればよかったかと、ちょっと後悔しています。ブログ化の是非とかは置いておいて、大掛かりな変更に着手するには、何かのきっかけがないと、なかなか重い腰が上がらないので。

ちなみに、100000のときの2003年11月23日の日記を読み返すと、拙サイトは99年からやっていたということです。随分前のような気もしますし、ほんの少し前のような気もしますが、気がつけば、Palm系サイトの中でも、かなり古いサイトになっていました。メジャーなサイトに比べるとアクセス数は知れてますが、それでも150000という、そこそこ大きな数字になったのは、単純に長年細々とサイトを続けてきた結果です。私は本来飽きっぽい性格なんですが、これだけ長くサイトを続けてきたことは、自分でもちょっと不思議です。この先どこまで続くのか分かりませんが、とにかく、こんなサイトを見に来て下さるビジターの皆さんには感謝してます。(最後にとってるけたような言葉ですみません。)

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050822



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-17

お盆休み報告 (2005-08-17)

今年の休みは「お盆休み日記」として休み中毎日更新を目論んでたんですが、三日坊主ならぬ二日坊主で終わってしまいました。連休中の特筆事項としては新しいパソコンをセットアップしたことですが、子供が病気で何処にもいけなかった昨年と違い、遠出はしなかったもののチョコチョコ外出もしました。パソコンの話は明日以降のネタにするとして、とりあえず日記をサボってしまった13日以降の報告をしときます。

13日は昼寝の寝かしつけに失敗した次男を連れてソフマップ京都店でお買い物。たまっていたポイントを使って512MBのメモリと内蔵式のメモリカードリーダを購入しました。カードリーダーはブランド物だと2〜3000円しますが、OwltechのFA405Mというバルク品が1300円で買えました。ポイントも結構たまっていたので、メモリはJEDEC準拠のにするつもりでしたが、奮発してSamsungのにしました。この日はメモリ増設や、自作機からDVDドライブなどのパーツを移植したり、家庭内LANの設定やWindows Updateなど、パソコンの設定に明け暮れました。

14日は子供たちと京都市青少年科学センターへ。夏季限定でカブトムシの家を公開していたので、最近昆虫好きの子供が喜ぶと思ったのですが、カブトムシの家は屋外にあり、蚊が凄くてほとんど観ることも出来ず、退散しましたが、屋内展示の恐竜の化石や、ティラノサウルスの動く復元模型に喜んでました。

15日は両親と一緒に尼崎にある外資系のホールセール、コストコへ。の大量生産・大量消費が基本のアメリカンテイスト(?)を味わいました。

そして連休最終日の昨日は、連れ合いと長男が子供向けミュージカルに出かけたので、昼は次男と一緒にまったりと過ごし、夜はパソコンのセットアップの続きなどで終わりました。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050817



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-12

お盆休み日記2(新パソコン到着) (2005-08-12)

連休二日目。話は昨日の日記の続きになりますが、昨日の夕方、オークションで購入したDXデカレンジャーロボDXデカバイクロボ、さらにドスパラで購入した新しいパソコンが相次いで到着しました。オモチャの方の感想は、後日書くとして、今日はパソコンの報告です。

購入したのはドスパラのオリジナルパソコン、Prime PCのRegulus Light SPというタイプのアウトレット品。恐らくモデルチェンジする前の機種だと思います。主だったスペックは、CPUがSempron 2600+でメモリはPC2700の128MB、ハードディスクは40GBで、ビデオやサウンド、LANは全てオンボードというエントリーモデルです。開梱して添付のパーツとかマニュアルとかをざっと眺めていたら、嬉しい誤算がありました。先ずはハードディスクが7200rpmだったこと。しかもHITACHI製です。そして、マウスが光学タイプだったこと。3万を切るエントリーモデルなので、てっきりコストを抑えるためにハードディスクは5400rpmの安いブランドのもので、マウスも下手したらホイールすらついていないものだと思っていましたが、全くの杞憂でした。電源も、静音タイプの350W電源を積んでます。細かいところにも手を抜かない仕様に、好感を持てます。(最も、いまどきのパソコンはそのくらい当たり前なのかもしれませんが。)結局昨日は開梱しただけで、電源も入れずに終わりました。

Prime PC

そして、今日。流石にメモリ128MBは少ないので、パソコンショップに行って、追加のメモリとかメモリーカードリーダといった周辺機器を購入するつもりでしたが、連れ合いが体調不良で、ショップ行きは断念。メモリは後でも足せるので、取り敢えず動作確認も兼ねてOSをインストールしてみます。モニタや電源などのケーブル類を挿して筐体全面の電源ボタンを押しますが、何の反応もありません。一瞬焦りましたが、背面のメインスイッチがオフになってあることにすぐ気づきました。気を取り直して再度電源オン。今度は普通に電源が入りました。後は特に問題もなく、普通にOSのインストール完了。付属のドライバCDで、各種ドライバやユーティリティをインストールしましたが、問題なく動作しているようです。ここで今日の作業は終了。アプリのインストールやカスタマイズは明日以降にするとします。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050812



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-11

お盆休み日記1(新パソコンとデカレンジャーロボ) (2005-08-11)

お盆休みがスタートしました。今年は昨年のような連休にならないよう、少しでも生産的な休みを過ごしたいということで、いつもなら休日はサイトの更新を殆どしないのですが、頑張って初日の昼から更新してみます。

連休初日、長男は連れ合いとおでかけ。私は次男の昼寝の寝かし付けを終え、このテキストを書いているのですが、つい今しがた、オークションで購入したDXデカレンジャーロボが届きました。この間から長男がずっと戦隊もののオモチャをおねだりしていて、誕生日のプレゼント無しでもいいから、とまで言うので買ってあげたのです。最初は今放映中のマジレンジャーのDXマジキングが欲しいといってましたが、マジキングは合体プロセスが複雑で、可動部品も多くて壊れやすいため、4際の長男は良くても、一緒に遊ぶ2際の次男には難しいと思いました。それに、現行品なので、それほど値引きされてません。長男は今でもマジレンジャーよりデカレンジャーが好きで、聞くとDXデカレンジャーロボでもいいとの事だったので、デカレンジャーロボの方を定価の半額以下でオークションで落札したわけです。一台しかないと次男とケンカになるので、デカレンジャーロボと一緒に遊べるDXデカバイクロボも、やはりオークションで落札してやりました。次男が昼寝から起きたら、長男が帰ってくる前に、次男とこっそり遊ぶことにします。(実はマジレンよりデカレンが好きな、私の嗜好でデカレンを選んだという要素もあります。)

それから、もうひとつ。この間からネタにしている新しい母艦の話ですが、昨日、会社の昼休みにドスパラで安いアウトレット品が出ていたので、思わずポチっとやってしまいました。メモリが128MBしかない最低スペックのマシンですが、今使ってるAthlon650MHzの自作機に比べたら雲泥の差ですし、同等の現行機種より10%ほど安かったので購入に踏み切ったのです。この日はたまたま財布を忘れてしまってクレジットカードを持っていなかったので、決済方法に代引きを選んだので手数料630円がかかりましたが、それでも現行機より安く買えてラッキーと思ってました。しかし、ポチっとした後でスペックをもう一度見ていると、ハードディスクが7200回転と書いて無いことに気づきました。アプリの起動やファイルの読み書きといった一般的な操作においては、CPUのクロック数よりハードディスクの回転数やバッファの大きさの方が重要なのは経験済みです。現行機は7200回転のものがついていますが、アウトレット品は恐らく5400回転のものでしょう。これにはかなりショックです。しかも、さらによく見ると、アウトレット品の価格表示は税抜きがメインで、税込み価格は括弧内に表示してましたが、通常品の価格は税込みのみになってました。私はアウトレット品の税抜き価格と、通常品の税込み価格を比較していたのです。代引き手数料と消費税に送料を加えると、店頭で現行機を購入する値段とほぼ同じだけかかる事が判明しました。ハードディスクの回転数を考えると、結局損した事になります。

こういうのを「安物買いの銭失い」というのでしょうか。いやちょっと違う、「慌てる乞食は貰いが少ない」の方が正しいか。まぁ、やってしまった以上、前向きに考えて、休み中は新しいパソコンで楽しみたいと思います。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050811



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-09

その後の母艦のアップグレード計画 (2005-08-09)

母艦のアップグレード計画のその後です。週末にソフマップの中古販売でマザーボードを購入しようと思ってたら、次男がウイルス性の口内炎にかかってしまい、対応に追われてる間に狙っていた機種が売れてしまいました。それで、ちょっと萎えてしまったんですが、どうも子供達の体調がいまひとつで、このままだと昨年の盆休みのように、特に何をするでもなく子供の世話で連休が終わってしまうような事態になりかねないので、休み中にしか出来ない事として、アップグレード計画を再開することにしました。

選択肢は、今使っているケースはそのままでマザボ、CPU、メモリ、ハードディスクを購入して中身を総入れ換えするか、それともショップオリジナルの安いエントリーモデルを購入するか。気分的には新しいパソコンを買う方が気持ちいいし、リスクも少ないしセットアップも楽でいいのですが、ケースを流用してパーツを個別に購入するほうが、全体のグレードは上がるし、価格も安く押さえられるので魅力的です。いまどきのトレンドは64ビット対応のCPUにメモリはDDRのデュアルチャンネル、ハードディスクはSATA接続なんですが、安いモデルはどれにも対応していない場合が多いですし。で、昨晩も遅くまであれこれ悩んでましたが、結局結論が出ませんでした。

そうこうしてるうち、気がつけばもう盆休みの2日前です。これは今からBTOの新品を注文しても休み前に届く可能性はありません。それどころか、パーツを通販で購入しても、ひょっとしたら休み明けになるかもしれません。結局休みになったらショップに行って、新品のパーツを買うか、即納モデルをお持ち帰りで購入するという事になりそうです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050809



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-05

母艦のアップグレード検討中 (2005-08-05)

夏のボーナスが予想以上に多かった(基本的に薄給ですが、相対的にみて)ので、家計から3万円の特別手当をもらえました。3万円というと、私にとってはかなりの大金です。それだけあれば一昔前の高級PDAが中古で買えちゃいます。しかし、今のところCLIE TJ37とZaurus SL-C700の二台体制で大きな不満はありません。まぁ小さい不満とか中くらいの不満はいろいろありますが、新しいPDAを買うほど困ってもいないので、母艦であるデスクトップパソコンのアップグレードを検討することにしました。

実はパソコンの方も買い替えを決意するほどの大きな不満があるわけではありません。Slot AのAthlon 650MHzという、古いパソコンですが、OSをWindows2000にしてハードディスクを7200回転のに変えたら、レスポンスと安定性が格段に向上したので、Webやメールといった普段の作業においては特にストレスはありません。一応DVDも再生出来ますし。ただ、デジカメで撮ったMP4のVGA動画の再生が苦しかったり、USBが2.0じゃないのでデジカメのメモリカード内のデータ転送にやたら時間がかかったり、Athlonの発熱が酷かったりファンがうるさかったりと、不満点はいろいろあります。そこで、取り敢えずケースはそのままで、パーツをアップグレードしようと思い、いろいろ調べてるところですが、パソコンの世界は日進月歩ならぬ秒進分歩なので、一昔前の知識が通じなくて大変です。いつのまにかハードディスクのインターフェイスはシリアル接続が主流になっているし、AMDのCPUはSockt 754が主流になっているし、安いマザボは大抵マイクロATXだし。予算3万円でマザボにCPU、メモリと、出来ればハードディスクも入れ換えたいので、中古パーツを上手く選んで、盆休みにでも組み立てたいと思ってます。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050805



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-03

CLIE生産終了に思う (2005-08-03)

ここ数日、パーム系サイトでソニーのPalmデバイス、CLIEの生産が7月末で終了したことを嘆く記事があちかちで見られました。個人的には、「まだ生産していたのか!」というのが正直な感想です。ソニーが世界市場に続き、日本市場からも撤退した時点で、少なくとも日本国内においてPalmデバイスは死んだと思ってましたし、生産終了に対する感慨は特に無かったです。

と、冷めた書き方をしましたが、私は今でもパームユーザーで、相変わらずTJ37を便利に使ってますし、単なるコモディティとして使うだけでなく、たまに新しいアプリを入れたりもして楽しんでます。しかし、初めてパームを手に入れてから数年間は持続した、私がWebサイトを立ち上げたモチベーションにもなった、パームに対するある種のときめきは得られなくなりました。もしこのサイトがパームネタにどっぷり依存したものだったら、サイトを閉鎖していた可能性が大です。幸か不幸か拙サイトは一時期ほどパームネタメインではなくなりましたし、更新頻度は低いもののパームやPDA以外のコンテンツもあるので、細々とサイトを続けてますが、かつて、日本語版パームが無かった黎明期からパームコミュニティを支えてきた数多くのパーム系Webサイトは、気がつけば大部分が閉鎖されるか、パーム以外を取り扱うサイトに様変わりしています。それはそれで、時代の流れですし、その代わりといっては何ですが、新しいパーム系サイトも生まれてきています。少なくともWeb上でのパームユーザーの活動は、以前とそう変わらないようにも見受けられますが、しかし、日本語版Palmデバイスが発売されなくなった時点で、一般ユーザーは間違いなく激減するでしょうし、やがてPDAという言葉自体が一般人に忘れ去られる日が来る可能性も低くないでしょう。

まぁ、現状を嘆いても仕方ないです。少なくとも私は英語版を日本語化するのはハードの価格面を除けば問題無いですし、しばらくは中古市場も無くならないと思うので、日本語版Palmデバイスの生産が終了したところで致命的なダメージを受けるわけではありません。しかし、しかし、こんな記事を書く辺り、やはり心の底ではCLIE生産終了のニュースに動揺しているのかもしれません。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050803



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-02

京都のソフマップが四条河原町にオープン (2005-08-02)

ちょっと古いニュースですが、京都のSofmap(GIGA STORE 京都店)が入っているプラッツ近鉄ヨドバシに売却されるというニュースがありました。ということは、Sofmap京都店も自動的に閉店かと思っていたら、今年9月に四条川原町に新店がオープンするようです。京都では数少ない本格的且つ大規模なパソコンショップなので、無くならなくて良かったです。と思ってたら、どうやらPC本体は扱わず、ゲームやDVDなどのソフト販売がメインの店になるようで、がっかりです。

その京都店ですが、先週久しぶりに行ったところ、PDAコーナーはほとんと中古品コーナーと化してました。かろうじてメイン通路側にザウルス現行機種が並んでましたが、後は新品よりも中古品の方が数が多かったです。なかなか魅力的な中古品(周辺機器含む)も置いてありましたが、在庫処分目的のものもあるようですし、新製品が出ない限り中古物権も少なくなっていくのは必定です。時代の流れとはいえ少し寂しいです。

ちなみにPDAコーナーの裏側は電子辞書コーナーでした。もちろんメイン通路に面してます。こちらも時代の流れなんでしょうが、ちょっとうらやましかったりしました。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050802



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-08-01

PLANEXの無線LANカードGW-CF11XをSL-C700で使う (2005-08-01)

以前日記でも取り上げたように、Zaurus SL-C700で使っていたBUFFALOの無線LANカードを紛失してしまったので、新しいものを購入しました。PLANEXのGW-CF11Xです。SHARPの公式ページでは動作保証外のものですが、リナザウ系サイトでは有名は塚本牧生さんがGW-CF11X用ドライバを公開してくださっているので、購入に踏み切りました。というより、最近CFタイプの無線LANカードは中古も含めて入手困難になってきており、新品で確実に手に入るのはGW-CF11Xの他はアイ・オー・データのWN-B11/CFZくらいです。京都のSofmapに行ったのですが、価格はネットのSofmap.comと同じ価格でした。

家に帰ると、とりあえずSL-C700に挿して見ます。出っ張り具合は以前使っていたBUFFGALOのWLI2-CF-S11と感覚的には大差ないですが、違和感があったのはカラーです。GW-CF11Xはアンテナ部が紺ですが、SL-C700に青系統は使われていないので、いかにも取ってつけた感があります。純正オプションでないので仕方ないですが、BUFFALOのはアンテナ部が黒いのでデザイン的にもフィットしてました。

まぁ、使えればいいかと思い、ドライバをインストール。しかし、ネットワークには繋がりません。ネットワークの設定を見てみますが、MACアドレスが取得されていないので、カードを認識していないようです。再起動してもだめ。そこで、ドライバを公開されているページにつけられたコメントをもう一度丹念に見てみると、スペシャルカーネルのバージョンが古いと動作しないようなことが書かれてました。動作確認されているバージョンはv14dですが、私のSL-C700はv14cが入っているようです。そこで、スペシャルカーネルを最新のv14eにバージョンアップしたところ、あっさり認識しました。レポートにもあるように、「電波が弱くなっています」という表示は出ますが、それ以外は特に問題もなく、今のところ快調に動いてます。電波の届く範囲も記憶の範囲ではWLI2-CF-S11と大きな変わりはないようで、一安心です。

あと、余談ですが、NetFrontでのページのスクロールが早くなったようです。ページを読み込む速度でなく、ページを描画する速度が変わったので、無線LANカードのせいではなくスペシャルカーネルをv14eにしたせいだと思いますが、前より快適な環境になったような気がします。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200508.htm#20050801




Copyright (C) 1999-2005 Birdis Land, All Rights Reserved.
Link freely! But hopefully mailto:birdis@nifty.com