ホーム(http://birdis.main.jp/)アーカイブ>2005年12月の日記

Birdis Land's Favorites!




2005年12月の日記


Powered by Google
Powered by WwwSearch

PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-31

2005年の総括 (2005-12-31)

今年も残すところ後わずか。今年もいろいろなことがありましたが、特にこれをしたというモノもなく、気が付けば一年が過ぎていたという気がしますが、簡単に一年を振り返ってみたいと思います。

実生活では完全に子供中心のライフスタイルが定着してしまい、自分の趣味でどこかに行くという事は殆ど出来ませんでした。この傾向はあと数年続くと思いますが、子育て中心の生活というのは今しか出来ない経験なので、あまり悲観しないようにしています。実際子供と接するのは楽しいですし、いろいろ教えられることもあるので、山たスキーはしばらく我慢です。ただ、体力の衰えだけが心配ですが。

このWebサイトについては、大きな変化はありませんでしたが、RSSフィードの配信を開始したのが大きいです。サイトをブログ化せずにフィードを配信するのは私にとってはレベルの高い作業でしたが、それがきっかけとなって、XMLやスクリプト言語といった今までは未知の領域が、少しは理解できたのは大きな収穫です。

このサイトも運営スタイルはいいかげんマンネリ化してますが、特に理由もないので来年もとりあえずはこのままのスタイルで惰性で続けていくと思います。ただ、最初に書いたように、ライフスタイルが完全に子供中心になってしまった今、「自分の時間」が持てるのは家族が寝静まった今の時間帯しかないので、その時間帯に出来るWebサイトの更新というのは、毎日の生活の楽しみの中で、以前より上位に上がってきました。なので、来年は、もうちょっと力を入れて、いろいろなことをしたい思ってます。

世の中の出来事については暗くなるので書くのを止めます。思い返してみても、明るい出来事はほとんど思い浮かばず、暗くて重くて悲しい出来事ばかりが頭に浮かびます。しかし、悲観ばかりでは明るい未来は訪れません。次世代を生きていく子供達のためにも、明るく前向きに生きていかねばならないと思います。

極めて個人的な日記になってしまいましたが、一年の最後なんで、このくらいでもいいかなと思ってます。それではみなさん、良いお年を。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051231



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-30

PRO TREKをプレゼントしてもらった (2005-12-30)

あっという間に休みに入りました。そして今日は私の誕生日。お誕生日プレゼントに一人でスキーに行きたかったのですが、昨日の夜、子供達に一人でスキーに行ってもいいか打診したところ、きっぱりと否定されました。まぁ、これは想定の範囲内。子供にちやほやされるのは今のうちだけなので、甘受します。代わりにプレゼントしてもらったのは腕時計。長年愛用しているG-Shockのスカイマスターは、次男が小さかったころ気圧センサーの周りをかじられてしまってドラえもんの耳状態になっていたので、いつかは買い換えなければいけないと思っていたものです。冬になるとガラスが曇って見えなくなるという不具合(これは私がずっと腕につけたまま風呂に入っていたせいと思います)もあったので、買ってもらいました。選んだモデルはCASIOのPRO TREKPRG-40SJ-1JFという一番シンプルなモデル。最近流行の電波受信やソーラー電池機能はついてませんが、その分安くて実売価格15000円程度で売られてます。外観も、前面プラスチックで黒という質実剛健さが気に入りました。大きさは今使っているスカイマスターとほぼ同じですが、機能的には方位センサーとオートライト(腕を傾けるだけでボタンを押さなくてもバックライトが点灯する機能)付ELバックライトが追加したにもかかわらず、随分軽くなりました。まだ説明書も見ていないので機能を把握するのはこれからですが、とりあえずの感想は、暗いところでのELバックライトの見易さと、液晶の数字が大きくなったこと。特に数字の大きさはスカイマスターの4倍くらいで、、時間を見るたびにびっくりしてしまいます。

G-SHOCKスカイマスターとPROTREK この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051230



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-28

年賀状作りに活躍したブラザーの複合機 (2005-12-28)

さて、年末といえば年賀状。先ほどようやく完成しました。毎年添えている手書きの一言メッセージがまだ書けてないやつもあるけど、別に書かずに出してもいいので、一応完了です。年賀状の印刷は、以前この日記(2004年12月3日)で取り上げたブラザーのMFC-5840CNです。あれから一年経ちますが、相変わらず好調で、年賀状印刷にも活躍してくれました。

毎年何枚か印刷を失敗するのですが、今年も案の定何枚か失敗しました。ただ、今までの失敗は人的ミスだけでなく、印刷がかすれたり汚れたり、給紙に失敗するといったプリンタの調子の悪さが原因であることも多かったのですが、今回の失敗は100%私のミスです。ミスその1は、給紙トレイに葉書が入っていることを忘れて別の印刷をしてしまった事。そしてミスその2は、給紙トレイの上につけるトレイカバーを外したまま印刷してしまった事です。特に二番目のミスは、カバーがなくても一応印刷できるのですが、一枚印刷した後、二枚目以降に紙詰まりや印刷のかすれが発生します。一枚ずつだとカバー無しでも普通に印刷できるので、紙詰まりの原因がカバーだと気付くのが遅れてしまいました。

MFC-5840CNはSOHOで使われることを前提とした製品だけに、使っていて、何と言うか、安心感があります。いたずらに高スペックでは無い代わりに、本当に必要な機能や、あれば便利な機能をきっちり搭載した、頼りになるプリンタです。こんな製品を作るブラザーという会社、この機種を買うまでノーマークだったんですが、今ではすっかりファンになりました。この間も、交換インクを買ったら箱の中にファームウェアのアップデータの入ったクレジットカードサイズのCD-ROM(販促物なんかで見かける8cmトレイに収まるヤツ)が入っていて感心しました。入っていたのはサイトで公開されている最新版より一つ古いものでしたが、Webサイトからアップデータをダウンロードしてインストールするという作業が困難に感じる層には嬉しい配慮だと思います。

最後に、ご存知の方も多いと思いますが、ブラザーの社員が運営しているブログを紹介しておきます。その名も「ブラザー社員のブログ brotherhood」。企業が運営するブログの成功例として非常に有名ですが、なるほど読んでいて楽しいだけでなく、読みつづけると自然にブラザーという会社のファンになってしまいます。はてなダイアリーを使っているというのも、何か親近感を感じますね。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051228



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-27

マルチモニタ雑感 (2005-12-27)

以前から会社のパソコンはマルチモニタですが、右側に17インチのCRT、左側に液晶の15インチのを使ってました。それが、先日ちょっとゴニョゴニョして液晶を17インチのものに交換してもらいました。CRTはUXGAで液晶はXGAだったのが、どちらもUXGAになり、さらに快適になりました。ところが一つ困ったことが。液晶はCRTに比べて同じ型(サイズ)でも実際のサイズが大きいので、左右並べるとちょっと液晶の方が一回り大きくてアンバランスなんです。これはまぁ、大した問題ではないですが、もう一つ問題なのが、液晶の方がディスプレイの位置が高くて、ちょうど真中で南斗水鳥拳で切られたみたいに段違いになってしまうのです。Excelのシートなんかを両方のモニタを使って横長に表示さすと、ちょうと5行ほどセルがずれて、とても使いにくいです。液晶の高さは調節できないので、CRTの方を上げ底して高くしてやれば解決するのですが、面倒なのでそのまま使ってます。

ところで、マルチモニタというと、同じモニタを並べるのが普通だと思いますが、なぜ液晶とCRTを使っているかというと、両者の見え方の違いを簡単に確認したいからです。一応会社のWebサイトを作ってるんで、ブラウザでの見え方というのはそれなりに気にしていますが、一般的に液晶はCRTに比べて発色が明るめに出るようで、片方に合わせて作るともう片方では見づらかったりします。そこで、コンテンツを作りながら、時々ブラウザを左右のモニタで見比べてるわけです。ちなみに自宅のパソコンもマルチモニタにしてますが、こちらは17インチのCRTを二台並べて置いているので、なかなかの迫力です。

マルチモニタ、一度それに慣れてしまうと、一つしかない普通のディスプレイがすごく手狭に思えてしまいます。家でWebをブラウズするだけならいいですが、仕事でいくつもの窓を出して作業する際は、マルチモニタでなければ許せない体になってしまいました。それは贅沢だという声も聞こえてきそうですが、大画面の液晶モニタを一台買うより、随分値段の下がった15〜17インチあたりの手ごろな液晶モニタを二台買うほうが安いので、興味のある方は一度試されることをお勧めします。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051227



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-26

ただ継続するだけでは身につかない (2005-12-26)

昨日は仕事のとあるレポート作成に費やしました。A4で2ページ、文字数で2400字程度の短いレポートでしたが、なんだかんだで完成まで8時間ほどかかってしまいました。骨子は頭の中で出来上がっていたので、後はそれを文字化して、数字や固有名詞などを資料でチェックするだけなので、半日もあれば楽勝と思っていましたが、結果は先ほど書いたとおり。それほど難しい内容でもないので、時間が掛かりすぎです。

このWebサイトで、毎日とはいかないまでも一ヶ月に15〜20回くらいのペースで日記を書きつづけてから6年以上も経ちました。少しは文章を書く能力が身についたのでは、と思っていましたが、ぜんぜんですね。と、軽く自己嫌悪。継続は力なりといいますが、体を使った単純な作業ならともかく、頭を使う作業においては、ただ継続するだけでなく、何らかの目的意識をもちながら継続しないと、能力は身につかないということでしょう。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051226



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-23

ニッチな製品を作る意義 (2005-12-23)

仕事でとある情報を探してて偶然見つけたんですが、amadanaという会社(正確にはamadanaはブランド名で会社名はREALFLEETです)のWebサイトの商品説明のページの最後に載っている「こんな風にはお使いになれません。」という使用例。面白すぎです。最初は間違ってパロディ系のサイトを開いてしまったのかと思いましたが、どうやら違うようです。amadanaというのはデザインに特化した家電製品のブランドで、モノマガジンなんかで見たような気もしますが、こういうニッチな製品を世の中に提供し続ける会社があることが嬉しいです。

PDAやスマートフォンも、今の日本においてはニッチな存在ですが、しかし、確実に需要はあります。私はメーカーの人間なんで、こういうニッチな製品を提供する難しさは分かりますが、でも、敢えて言えば、これからの時代にメーカーに求められる事は、そこそこの品質でそこそこ一般受けする製品をより安く提供するより、高くてもいいからより個人の嗜好にマッチした、より高品質の製品を提供していくべきだと思います。ニッチな製品は、他の製品との差別化が図れるので、価格競争に落ちる可能性は少ないです。コスト削減の制約がゆるくなれば、製品の品質や安全性を高める事も易しくなります。逆に、万人受けする仕様でコストダウンを徹底すると、品質や安全性の低下は免れません。最近話題のマンションや牛肉の安全性の問題などを見ても、コストダウンを追求すると品質や安全性が犠牲になることは明らかです。

マンションにしても牛肉にしても、安いものには理由があります。同時に高いものにも理由があります。肝心なのは、その理由を理解することです。われわれ消費者は、「少しでも安いほうがいい」というスタンスは捨てるべきです。自分のポリシーにあった製品を見極め、それに見合う対価で購入するという行為が消費者の間に浸透すれば、問題のある業者は自然に淘汰され、マンションや牛肉の安全性の問題なく無くなっていくと思います。

とはいえ、貧乏人の私には難しいことですね。やっぱり安いものには惹かれます。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051223



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-22

大雪 (2005-12-22)

私の住んでいる京都府南部地方では、年に2〜3回積雪がありますが、今年は既に二回目ですね。前回は18日の日曜日だったのでしたが、今回は平日なのでマウンテンバイクで出勤しました。今日は降り始めが遅かったせいか、路面が完全に凍結していなかったので、MTBのブロックパターンのタイヤで結構グリップしたので安心でした。通勤とはいうものの、久しぶりの雪の感触が嬉しかったです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051222



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-21

ベースタイタンとアクアポリス (2005-12-21)

最近TJ37のバッテリートラブルに関する話が続いているので、今日は軽い話題。タイトルで内容が分かった人は、ズバリ私と同年代だと思いますが、ベースタイタンとは現在放映中のウルトラマンの最新シリーズ、ウルトラマンマックスに出てくるUDF(地球防衛連合)の基地です。マックスについてはいろいろと書きたいこともありますが、(結構ハマってます)とりあえずはウルトラマンマックス・ファンサイト - Max Power! Max Speed!!を見ていただければよく分かると思います。で、ベースタイタンは、東京湾岸副都心の沖合に浮かんでいる(建っている)という設定です。その姿を見たとき、私が思い出したのはアクアポリスでした。

アクアポリスというのは1975年に開催された沖縄海洋博でのシンボルとして建造された、海上都市です。子供ながらに未来を感じさせる建物で、憧れた記憶があります。そのアクアポリス、今はどうなっているのかと調べてみたら、なんと2000年10月に中国にスクラップとして売られたそうです。さよならアクアポリスというページに中国に曳航されるアクアポリスの最後の姿が掲載されていますが、子供の頃の未来への憧れの象徴だったものが文字通りスクラップとなって消えていくというのは悲しいものでした。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051221



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-20

TJ37不調 (2005-12-20)

バッテリー交換したTJ37が不調です。Battery Bench2を何度か行った後、純正のACアダプタから充電して満充電になったはずなのに、たった数分間の使用で突然画面が真っ黒に。バッテリー残量は100%でした。ACアダプタをつなげると普通に電源が入りますが、ケーブルを外した瞬間に電源オフに。数分間充電してからケーブルを外して電源を入れると、電源は入りますが、数秒後に電源オフ。これは修理に出す前の状態と同じです。

その後、ケーブルを挿した状態でリセットとかいろいろいじってたら、今度はどうやっても電源が入らなくなりました。数十分放置してから再びケーブルをつなげて電源を入れると、液晶にぼんやりとかすかにPalmのロゴが表示されているような状態になった状態でハングアップ。ケーブルを外すと表示も消えたので、再びつなげて電源を入れると、今度はバックライトのみ点灯しして画面に何も表示され無い状態で、再びハングアップ。今度は電源ボタンを操作してもリセットボタンを操作してもケーブルを抜いても真っ白な画面のまま変化なし。仕方ないのでそのまま放置して寝ると、翌朝には消えてました。その後は前日と同じ状態です。

どうやら単純にバッテリーがヘタったのではなく、原因は別の所にありそうです。症状の出方が唐突だったんで、何となくそんな予感もしていたのですが、サポート窓口の話では、検査の結果、バッテリーの寿命以外に特に問題は見つからなかったということなので、それを信じてました。交換したバッテリーの回路自体に不具合があった可能性もありますが、そうだとしても構成部品の品質管理が駄目だったわけだし、バッテリー以外に問題があったとしたら、それを見抜けなかった検査方法に問題があります。もちろんクレーム対応はしてもらえると思いますが、どちらにしても、せっかくちょっと上昇した個人的ソニー株は、再び下落してしまいました。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051220



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-19

バッテリー交換後のTJ37のベンチ結果 (2005-12-19)

バッテリーを交換したCLIE TJ37ですが、恒例のBattery Bench2をしてみました。結果、なぜか購入直後にテストしたときより悪くなっていました。バックライトの輝度最高でFull Powerモードでの結果で、念のため二回テストしましたが、二回とも2時間と数分でバッテリー切れになりました。購入直後のテストでは3時間半ほど持ったので、半減とまではいかないまでも、かなり短くなっています。ただ、ダウンするまでの電圧の降下具合は購入直後のテスト時とそれほど変わりませんでした。ひょっとしたら容量は同じでも、バッテリーの特性が、急激な電圧低下には早めに終了するように変更されたのかもしれません。それとも、単純にバッテリーの個体差かもしれません。バックライトの輝度を落としたりNormal Useモードで測定すると違う結果になったかもしれません。まぁ、今のところTJ37は予備機として使うつもりなんで、そんなに気にしていないのですが、でもちょっと気になりました。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051219



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-16

CLIE TJ37、再びあっという間に修理完了 (2005-12-16)

バッテリーがヘタった為に交換修理に出していたCLIE TJ37が戻ってきました。相変わらずソニーのサポートは仕事が早いです。電話で修理依頼したのが月曜日。翌日火曜日に業者が引き取りにきて水曜日には診断結果と修理の見積もりの電話がかかってきました。木曜日に有償修理を了解する返事をして、今日は金曜日。振り返ってみると、輸送にかかる時間以外のタイムラグが殆どありません。まるで私のCLIEのためにソニーのスタッフが待ち構えていてくれたようなスピードです。

このTJ37は以前バックライトがつかなくなって修理に出したのですが、同じようなスピードで修理から戻ってきました。そのときは保障期間内だったので無償でしたが、今回は保障期間を過ぎているし、内容がバッテリーのヘタリだったので、有償でした。しかし、費用は税込みで4420円とリーズナブルで、バッテリー以外に異常が無いことも点検してもらえましたし、運送費用もかかりません。サポート窓口の女性は有償になることをしきりに恐縮していましたが、むしろこちらのほうが恐縮してしまいました。最近何かと叩かれるソニーですが、腐ってもソニーと思わせるサポートでした。いや、腐ってもらっては困ります。時間がかかってもいいので、復活を期待したいです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051216



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-14

ボイスブログを配信しない理由 (2005-12-14)

昨日はボイスブログを聞かない理由について書いたので、今日は自分で配信しない理由も書いてみます。

昨日書いたように、個人的にはあまり聞いていないボイスブログですが、自分が配信する方についても今の所は興味がありません。理由は、やっぱり面倒だから。いくら簡単になったとはいえ、配信するには準備することはあるわけで、他のやりたいことや、やりたくないけどやらなければならない事などと天秤にかけると、プライオリティが上がらないのです。仮に興味が出てきて、プライオリティが上がったとしても、上手く話せる自信がありません。話の上手い人なら、録音するだけで配信できるボイスブログは普通のブログよりむしろ短時間で出来てしまうのかもしれませんが、私の場合この日記を書くのですら、何度も書き直したり誤字脱字を修正したりで結、一気に書き上げ修正無しでそのままアップ出来た試しがありません。ボイスブログをやるとしたら台本は必須で、面倒くささに拍車が掛かります。そして、最後に一番気が進まない理由。それは自分の声質が嫌いだからです。

自分の声って不思議なもので、他人が聞いている声と自分が聞いている声は違います。大昔、まだ小さな子供だった頃、始めてテープレコーダーで自分の声を聞いたときにはショックでした。今まで自分の声と思っていた声質ではなかったからです。まるで別人のような声に、きっとこれはレコーダーの性能が低くて原音を忠実に再生できないのだと思い込んでしまいました。しかし、ほどなく他人の声は肉声でもテープの声でも同じな事に気付きました。さらに大きくなって、自分の声を自分で聞く場合、耳から入る音だけでなく体を伝わってくる音が混ざるので、人が聞くのと違うように聞こえるということが分かりました。客観的に聞く私の声は、くぐもっていて通りにくい声です。そういえば、お店なんかで遠くの方にいる店員さんに声をかけても大抵気付かれません。まぁ、私は声優でも歌手でもないのでそんなに声に気をかける必要は無いし、他人からみれば特に変わった声でもなく普通の声のバリエーションの一つだと思うのですが、自分の声質には軽いコンプレックスを持っているのです。

ってここまで書いてみて、これはまさにボイスブログ向けのネタだなぁ(笑)と思った次第です。いや、実際に配信するつもりは無いので、こうしてテキストを書いているのですが。それにしても、ボイスブログを配信されている皆さん、話もうまいし声質もいいし、羨ましいです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051214



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-13

ボイスブログを聞かない理由 (2005-12-13)

ボイスブログというヤツ、最近の流行ってるようですが、個人的にはあまり興味が湧きません。あまり積極的に聞く気が起こらないし、自分から配信しようという気も起こらないからです。聞く方でいくと、わざわざパソコンの前で身構えて聞くのが単純に面倒だからです。電車や車で通勤されている方が通勤時間中に聞いたりするのにはちょうどいいと思いますが、自分の場合はバイク通勤なんで、それも出来ません。昼間は子供がいるので、一人でイヤホンを耳にさして聞くのも難しいです。家事とかしながらスピーカーで聞くというのは出来ますが、何となくボイスブログってヘッドホンで聞くもののような気がするので、それもしてません。結局深夜に一人でパソコンの前で聞くしかないのですが、聞いている最中は目を使わない訳で、何となくもったいなくて聞きながら雑誌を読んだり別のWebを見てしまって、そうすると私の頭はマルチタスク処理が出来ないので肝心のボイスブログの内容が頭に入らなくて、何度も同じ個所をリプレイする羽目になって、やっぱり面倒くさいということになっちゃうわけです。

そうは言っても、これだけ流行っているボイスブログ、たまに気が向いたときに聞くことはあります。先日もいなあもさんががはじめた道の途中で〜On the Way〜を聞きましたが、面白かったです。内容も楽しめましたが、一番驚いたのは声質。何となく、もっとネトっとした声(上手い表現が見つからずにすみません)を勝手に想像していましたが、何か好青年といった感じの爽やかで癒し系の声で、イメージと随分違いました。個人のWebサイトを長い間拝見していると、その人のイメージが自分の中で勝手にどんどん膨らんでいきますが、実際に会うだけでなく、声を聞くだけでも自分のイメージと現物とのギャップが分かって面白いです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051213



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-12

TJ37を修理に出す(2005-12-12)

今日は休日出勤の代休。下の子が水ぼうそうにかかったので、保育園はお休み。一日面倒見ながら、掃除とか食事の準備とか家事をこなしつつ、年賀状を作成しました。それから、ソニーNCCL(ネットコミュニケーションカスタマーリンク)に電話して、CLIE TJ37の修理依頼をしました。2005年11月14日の日記で書いたように、どうもバッテリーが死んでしまったようだからです。最近はNX80Vをメインに使い続けていて、TJ37は予備機になってしまいましたが、予備機が壊れていては予備機の意味がありません。で、電話したら、明日には引き取りにきてもらえるそうです。最近いろいろ言われるソニーですが、相変わらずサポートの対応は早くて好感が持てます。保障期間は過ぎているので有償修理になるようですが、これは仕方ないです。TJ37が直ったら、NX80VのCFカードスロットが閉じた状態で固定できなくなったのも修理に出すつもりです。

こんな感じで一日中家の中にいたので、寒い一日のようでしたが、実感がありません。明日はこの冬一番の冷え込みだそうです。バイク通勤なので、路面の凍結が心配です。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051212



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-11

HTMLタグ整形マクロをバージョンアップ (2005-12-11)

数日前からいじっていたHTMLソースを簡易整形する秀丸のマクロの改良版を、こちらにアップしました。今まで公開していた古いバージョンよりは少しはマシですが、まだまだ稚拙なマクロで、いろいろと改善したい部分はありますし、分かっている不具合も多いですが、私のスキルの向上を待ったいては満足なものが出来るまで何年かかるか分からないのでアップしました。プログラマーな人から見るとゴミのようなマクロですが、自分自身にとっては、苦労して少しずつ機能を追加したいったものなので愛着がありますし、自分が個人的に使う分においては十分役立ってます。こういう、極めて個人的、限定的にしか有益でない情報を、堂々と世界に向けて公開できるのもインターネットの良さだと思いますので、恥をしのんで公開しています。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051211



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-09

PALMLINKでいこう!!の存在 (2005-12-09)

ADSLのトラブルで更新されていなかったPALMLINKでいこう!!さんですが、復旧されたようで何よりです。そこで、きょうはPALMLINKでいこう!!さんについての話題。

ちょっと古いですが、CHEEBOWさんのヒビノアワこのエントリー(2005-11-30)で知った「RSSリーダー使ってません。 [絵文録ことのは]2005/11/30」という記事。私もRSSをあまり利用してません。RSSリーダーはいくつか試しましたが、もう一つピンと来ませんでした。理由はやっぱりPALMLINKでいこう!!の存在が大きいと思います。登録されているサイトははっきりいってPalmネタ中心でないところも多いですが(ウチもその一つ)、むしろそのおかげでPalmに限定されない幅広い分野で情報収集することが出来るので、他の手段の必要性を感じないからです。PALMLINKでいこう!!の登録サイトを次々と読んでいくのは、雑誌とか新聞を斜め読みする感覚と似ていますが、これは、自分で登録サイトを選定しないというのと、Palmネタに限定されていない(むしろそれ以外の話題の方が多い)というのがポイントだと思います。自分でアンテナをつくったりRSSリーダでフィードを集めると、ともすれば自分の嗜好の世界に偏ってしまいがちですが、PALMLINKでいこう!!さんのおかげで世界が広がってます。管理人の連珠erさんに感謝です。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051209



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-08

石油ファンヒータについて (2005-12-08)

最近松下電気産業の石油ファンヒーターのリコール問題がよくニュースに取り上げられますが、うちでは三菱電気製のを使ってます。三菱を選んだ理由は販売店の店員に勧められたからで、バーナー部が三菱は他社製品と違う方式いいもの使っているのと、タンク容量が他社品の二倍ある(=給油の回数が1/2になる)というセールストークが気に入りました。購入後、石油ファンヒーターを開発したのは三菱電機だということを知り、さすが老舗は違うと納得した記憶があります。今年の冬も先日から使い始めたのですが、この石油ファンヒーターというやつ、実は三菱電気をはじめ、松下や日立大手家電メーカーは、相次いで生産終了しているそうです。一酸化酸素中毒や火事等、安全面での問題は確かにありますが、ランニングコストの安さはかなり魅力的な暖房器具です。普及率もかなりのものと思いますが、今回の松下のような事故があっては、今後も生産中止するメーカーが出てくるかもしれません。個人的には暖房器具はガスファンヒーターが一番好きですが、石油ファンヒーターの低いランニングコストも魅力なので、ちょっと残念です。なお、バーナーの違いや、生産中止したメーカー、製造を続けているメーカーなどの情報は、毎度おなじみのWikipediaの石油ファンヒーターのページをご参照下さい。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051208



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-07

ベイサンのバッテリー交換サービスとリチウムイオン電池の話 (2005-12-07)

相変わらず秀丸のマクロ作りにハマってます。自作のHTMLソースの整形マクロを改良しているのですが、いろいろと欲が出てきてまだ完成には至ってません。そこで、今日は軽い話題。いつものように、個人的備忘録をかねてですが、株式会社 ベイサンという会社がバッテリーリフレッシュサービスというのをやってます。主にノートパソコン向けで、PDA工房がやっている内蔵バッテリー交換サービスと同じようなサービスですが、ここの会社は技術力が高いので評判がいいそうです。以前、主に連れ合いが使っているVAIOノートのバッテリーがへたって、新品を購入したことがありますが、ここのサービスを使えばよかったと思いました。

あと、同社のサイト内にあるリチウムイオン電池の基礎というコンテンツはためになりました。メモリー効果が無いはずのリチウムイオンバッテリーですが、使い方が悪いとバッテリーのヘタリが早くなります。例えばPDAを常にクレードルに置いて、満充電の状態が長時間続くような使い方をしたり、ノートパソコンでバッテリーをつけたままACで使い続けると、早くバッテリーがへたるという話は良く聞きますし、自分自身も経験していますが、その理由が分かりました。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051207



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-06

スタイルシートや秀丸マクロをいじる (2005-12-06)

昨日の日記にも書きましたが、最近秀丸のマクロとかRSSフィードの構文とかの理解が深まり、学習意欲が高まってきました。で、今日は会社でニュースリリースの印刷用スタイルシートの作成に取り組みました。前からやりたかったのですが、なかなか手がつけられなかったものです。ブラウザのバグだか書き方が悪いのか、なかなか思ったとおりの結果になりませんでしたが、なんとかそれらしいものは出来ました。家に帰っても制作意欲は衰えず、一年以上手をつけてなかったちょこっと役立つテキストデータ集で公開している、CSV/TSVファイルからHTMLのTABLEを作成する秀丸マクロに少し手を加えました。

このマクロ、手書きでHTML書いてて、ちょっとした表を挿入したいときに便利なんですが、いまどき手書きで更新してる人って極めて少数派で且つスキルのある人なので、公開してもあまり意味がないと思ってました。しかし、良く考えてみるとブログのエントリーで表を挿入したい時にも使えることに気付きました。ブログサイトで記事の中に表を入れている人ってあまり見ませんが、おそらくエントリーで<table>タグを入れるのが面倒なんでしょう。タグを打つのが面倒で、且つWindowsで秀丸を使ってブログの下書きをしている人は、少しは有益かもしれません。

マクロの動作確認を済ませた後、KOTORI日記の方でテストしてみたところ、問題発生。表の前後に大きなスペースが出来るのです。どうも、KOTORI日記で使っているブログサイト管理システムのSerene BachではTABLE要素を見やすくするため入れている改行が、そのまま表示に反映されてしまうようです。ちなみにココログでは<table>タグ以下の改行コードは無視してくれるので問題ありませんでした。ココログは確かType Padを使っていたはずなので、ブログ作成ツールのデファクトであるMovable Typeでも問題ないかもしれませんが、ブログのエントリーで使う際は改行コードは無くすほうが無難かもしれません。一応readmeファイルに改行コードを取っ払う方法を書いておきました。

というわけで、マクロの修正自体はすぐに終わったのに、動作確認とかドキュメントとかの作成に時間がかかって、夜更かししています。ソフトウェアを公開されている作者さんの苦労がちょっと分かった気分です。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051206



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-05

成長の喜び (2005-12-05)

KOTORI日記Ver.2の「潜りとボタンがけ」という記事で、

大人になると、昨日までは出来なかったことが、ある日急に出来るようになる事ってあまりないが、小さな子供にとってはそんな経験が日常なんだろう。

と書きましたが、実は先日そんなレアな経験をしました。会社のWebサイトでもRSSフィードを配信しようと思い、タブ区切りの更新情報からRSSフィードを生成する秀丸のマクロを作っていたのですが、それまで理解できなかったマクロの文法が急に分かるようになったのです。

秀丸のマクロは単純にコマンドを順番に実行していくだけでなく、変数が使えたり、if 文や while 文による条件判断や繰り返し処理など、高度なプログラミングが可能です。なんて知ったように書きましたが、昔からプログラミングについては興味はあるものの、「Hello world!」から先に進めたためしのない私にとって、そういうことが出来ると分かっていても、いざ自分でマクロを書こうとすると、何をどうしていいのやらさっぱり分かりませんでした。しかし、TSVからRSS1.0のフィードを生成するには、変数とか while といったプログラミング的な処理をしないと無理なことが分かり、一日かけて勉強したところ、急にそれらの使い方が分かるようになったのです。完成したマクロはプログラマーな方から見れば稚拙だと思いますが、if とか while の入ったオリジナルのソースがなんだか格好良くて、何度もソースを眺めたり、マクロを何度も実行させたりしました。

もちろんこれで秀丸マクロの文法をすべてマスターした訳でなく、分からないことはまだまだいっぱいありますが、一つの大きな壁が取り除かれたといった感じです。プログラミングというのは長い間の夢でしたが、何となく自分にもやれば出来るかもと思えました。これから頑張っても本格的なプログラミングまでたどり着けるか分かりませんが、いつか、PerlでオリジナルのCGIスクリプトが書けるようになればいいなぁと思ってます。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051205



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2005-12-02

やっぱり気になるW-ZERO3 (2005-12-02)

既に多くの方が取り上げられていますが、SHARPのスマートフォン、W-ZERO3です。発売日も正式に発表されて、盛り上がってます。屋外でも見やすい半透過型VGA液晶。QWERTY配列のキーボード。ブラックボディ。動画も撮影できるカメラ。ハードウェア的にはほ理想です。これでPalm OSが載ってれば、通信機能が無くても無条件に買いです。Windows Mobileというのがネックというか気になるところですが、通信端末用のOSとしてはPalm OSより優れているということですし、私はWindowsユーザーなので、使ってみると案外気に入るかもしれません。ということはやっぱり買いか。ただ、純粋なPDA出なくて、あくまでPHS端末というのが引っかかります。個人的には通話機能は要らないし、データ通信機能もあれば便利、程度しか思ってないので、WILLCOMと契約して毎月数千円の出費をするのはちょっと考えます。PDA好きだけど携帯嫌い(というか、必要性をあまり感じない)で、WindowsユーザーだけどアンチMSな私にとっては、Windows Mobileのスマートフォンというのはちょっと微妙な存在ですが、でもかなり気になる存在です。Armアーキテクチャなんだしパワーユーザーな方がLinux乗っけるかもしれないとか、腕Palm+W-ZERO3という組み合わせもアリかなぁとか、いろいろ妄想は膨らみます。

ところで、Palmの話になりますが、NX80Vを使い出して、今までPalmデバイスを使っていてハードウェア的にネックに思えていた部分が100%でないにしてもかなり解消されたおかげで、最近Palmデバイスの魅力を再認識しています。一時は本気でPalmから決別する事も考えましたが、代替機として考えていたLinux Zaurusが、やっぱり自分の好みに合わなかったと気づきました。Linux Zaurusは超小型パソコンであって、PDAの代替にはなれないということです。(念のためフォローしておくと、超小型パソコンとしては非常に使えるデバイスだと思います。)

話は戻って、W-ZERO3は自分にとって未知数、というか想像できないデバイスですが、私が考える「PDA」として使えるかどうか、非常に興味があります。とにかく今後も目が離せない存在です。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200512.htm#20051202




Copyright (C) 1999-2005 Birdis Land, All Rights Reserved.
Link freely! But hopefully mailto:birdis@nifty.com