ホーム(http://birdis.main.jp/)アーカイブ>2006年3月の日記

Birdis Land's Favorites!




2006年3月の日記


Powered by Google
Powered by WwwSearch

PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-30

健康維持活動実施中 (2006-03-30)

2006年1月11日の日記で、今年の抱負は健康だと書きましたが、それ以来、健康維持活動を実行中です。先ずはご飯の量を減らしました。ここ数年体重がちょっと増加傾向で、とはいえ標準値のほぼ真ん中に入ってはいるのですが、学生時代から社会人前半の頃に比べると筋肉は随分落ちているにも関わらず、体重は5%ほど増加しているので、ちょっとカロリーを取りすぎていると判断。昼と夜の主食(飯)の量を半分に減らしたところ、2ヶ月ほどで体重は5%減りました。それどころか、ちょっと気になっていてたウェスト周りもへっこんで、ベルトの穴が一つ内側になりました。

続いての取り組みは平日禁酒運動。結婚してからは週に3日は休肝刊を設けていたんですが、最近では休肝日はなんとか週に一日取れるかどうかというところでした。そのせいかどうか、健康診断の肝機能の数値はここ一年で急に悪化。そこで一発奮起して、平日月曜から木曜まで禁酒を実行することにしました。飲みたいと思う日はノンアルコールビールで我慢。この方法が結構効果があって、その日の気分とか晩御飯のおかずによっては、「今日はビール!誰がなんといってもビールをグビっとやりたい!」という日が少なからずありますが、そんな時でも最初の一杯をノンアルコールビールで済ますと、後はまぁどうでもいいかという気分になります。平日禁酒といっても、会社の宴会なんかが平日入ったときは例外ですし、もちろん金土日はガンガン飲んでます。しかし、月曜から木曜までは飲まないという習慣は結構ついたようです。肝機能の変化は会社の4月の健康診断のお楽しみですが、体調は良くなったように感じます。

こんな感じで最近健康的な生活を送ってたんですが、先週末は木曜から宴会続きで飲みすぎ&食べ過ぎで体調を崩してしまいました。日曜の夜はたっぷり寝たおかげで月曜は一応回復しましたが、その夜から何となく熱っぽくなり、喉も痛み出しました。火曜の夜は連れ合いが春休み中の子供達をつれてプチ里帰りしていたので、会社が終わってからZガンダムVでも見に行こうかと思いましたが体がだるいので断念。どうやら軽い風邪を引いたようです。風邪はおさまりつつありますが、健康を維持するのもなかなか大変です。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060330



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-27

ドイツレストランで満足 (2006-03-27)

木曜から月曜にかけて、毎日のように外食で美味いものばかり飲んで食べてました。木曜は会社のプロジェクトの打ち上げ。金曜は会社の送別会。土曜は家族でドイツ料理のレストラン。そして日曜日は実家で次男の誕生パーティー。胃腸が弱っていたところに、昨日は食べ過ぎて、子供と一緒を寝かしつけた後起きられませんでした。ただ、ビールを摂取しすぎたせいか、体が水分を欲して3時間おきに目がさめて水分補給してました。今日の夜はノンアルコールで素食で済ましたので、明日は回復してると思います。

土曜日に行っのはヴュルツブルクという琵琶湖畔にあるドイツ料理の店。

全景

店の外観からもドイツっぽさがただよってますが、料理もドイツっぽくて美味かったです。って、ドイツに行ったことはありませんが、北欧料理を彷彿させる、素朴な美味さで好みでした。

お子様ランチ

子供にはキンダーランドというお子様ランチを選びましたが、やはりドイツといえばソーセージ、ポテト、ハンバーグ。大人メニューとしても普通に美味かったです。ただ、ライスだけはイマイチ。別に頼んだパンの方はすごく美味かったです。ドイツレストランだから、特に理由が無い限りパンを頼むべきでしょう。

ビール

そして、ドイツといえばやはりビール。私の好きなヴァイツェン(白ビール)とデュンケル、そして生ビールを頼みましたが、やはり日本の普通のビールと違って、味に個性があります。

ファミレスなんかでの食事と違い、そこそこ費用はかかりますが、それ以上の満足感が得られた外食でした。

蛇足ですが、ヴュルツブルクの公式Webサイト、メニューなどに巨大な静止画像を貼りまくっていて、一般的にはあまり好かれない今時珍しいスタイルですが、個性を感じられてむしろ好感が持てます。中途半端にブログ化して小さい文字で拙いテキストをチマチマ書かれるより温かみを感じられてなんかいいです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060327



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-23

コメントスパム対策 (2006-03-23)

最近KOTORI日記Ver.2に海外からのコメントスパムがつくようになりました。最初は一回に数件だったのに、ここ数日は100件以上もつきます。前に日記でも書いたように、コメントスパムやトラックバックスパムはサイトをブログ化する弊害として認識していて、メインサイトを未だにブログ化していない理由の一つなんですが、まさか月間アクセス数が100にも満たないマイナーなブログがねらわれるとは思いもしませんでした。URIが、それなりにアクセスのあるこのメインサイトの下なのでねらわれたのだと思いますが、だとしたらDEKARANGER Reviewのページも危ないです。とりあえずKOTORI日記やDEKARANGER Reviewのページで使っているSerene Bachに標準でついている、「日本語を含まないコメントはスパムとして扱う」というフィルタを有効にしました。海外から知人が日本語の通らないパソコンでコメントをくれる可能性も無くは無いですが、その可能性はかなり低いですし、数百件のスパムを毎回手作業で削除なんてやってられないので、仕方ないです。コメントスパム対策については、少し研究することにします。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060323



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-22

TJ37は準備OK (2006-03-22)

昨日のPalmネタの補足。バッテリー交換の再修理から帰ってきたTJ37の方は、その後問題なく動いてます。NX80Vがメインマシンとなった時点でずっと予備機扱いだったのですが、ハードウェアの信頼性や、大きさ(軽さと薄さ)はNX80Vより遥かに上なので、今でもメインマシンとして使っていいかなと思ってます。このサイズでワイド液晶だったら最高です。それならPalm TXがあるよ、という声も聞こえてきますが、携帯を持たない私としては、たとえ35万画素でも、PDAにはメモ撮りに使えるカメラが欲しいです。

ところで、このサイトのプロフィールのページで愛用しているPDAやパソコンなどの簡単な紹介をしてるんですが、随分更新していないことに気が付きました。ビジュアルはなしですが、取り合えず現在のメインマシンであるNX80Vとドスパラオリジナルのパソコンの項目を追加しておきましたが、他にも色々追加したいものはあります。いつか時間を取って更新したいものです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060322



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-21

NX80Vのカメラに再び不具合 (2006-03-21)

Linux日記はKnoppixをハードディスクにインストールしたところで、次のステップに以降する時間がないのでネタきれになってしまいました。ネタがたまれば再開するということで、しばらくお休みです。今日はPDAネタ。メインマシンのCLIE NX80Vのカメラですが、先日の日曜日に公園で砂場遊びに興じる子供を撮ろうとしたら、画面が暗くなって、まるでスタートレックのワープのような光の筋が横方向に次々と現れました。2006-01-18の日記で書いた不具合が再発したようです。そのときはカメラ部を回転させれば直ったのですが、今回はどうしても直りません。この機種のカメラの不具合はあちこちで報告されているので、ついに来たかとあきらめましたが、その日の夜にもう一度カメラを起動してみると、何事も無く普通に映りました。カメラに何らかの不具合があるのは間違いないですが、再現性が無いと修理に出してもそのまま帰ってくる可能性があるので、完全に壊れるまでもう少し使い続けようと思います。

一方、2006-01-18の日記でも書いたCFスロットの不具合ですが、いつのまにか直ってました。不具合の内容は、スロットのフタを閉じても、閉じた状態でロックせず、常にオープン状態になるというもので、仕方が無いのでCFカードをずっと挿しっぱなしにして使っているのですが、ある日何気にカードを抜いてフタを閉じて見ると、閉じた状態で止まりました。といっても完全に止まっているのではなく、かろうじて引っかかっているという感じですが、レバーを操作するとちゃんと開きます。そのうち又壊れるかもしれませんが、これも症状がもっと悪化してから修理に出そうと思ってます。

NX80VはSofmapで購入した中古品ですが、3年保証の中古ワランティに入っています。保証期間はまだ2年半残っているので、当面は安心です。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060321



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-17

Linux導入記(その3) (2006-03-17)

前回の続きです。KnoppixはCDからブートするLinuxディストリビューションです。CD一枚でLinux環境が起動するというのは、富士通のTownsを彷彿させます。(私が始めて購入したパソコン、FM Townsも、ハードディスク無しでCD-ROM一枚でGUI環境が起動しました。)ハードディスクにインストールする必要がないので、手軽にLinuxを体験するにはもってこいです。しかも、商用ディストリビューションではないので使用するのにコストはかかりません。以前から興味もあったので、試してみることにしました。

取り合えず、KNOPPIX日本語版のオフィシャルサイトからCDイメージをダウンロードして起動ディスクを作り、ブートさせてみます。電源を投入するとBIOS起動後にKNOPPIXの起動画面が出てきます。エンターキーを押すと、起動開始。Linuxの起動中は黒字に白文字で小難しい英語が次々と表示されるの普通ですが、KNOPPIXのそれは文字に色がついて、やたらカラフルなのがびっくりしました。いい調子で起動シークエンスが進んでいるようでしたが、途中で画面はブラックアウト。TurboLinux3.0でも経験しましたが、どうやらLinuxのGUI環境である X がこけたようです。しかしブラックアウトといっても、画面は真っ暗でなく、白い横線がチラチラと表示されています。起動シークエンスは続行しているのに、ディスプレイ表示がうまくいっていないようです。回避策がないかWebで探すと、起動時にリフレッシュレートを60Hzに固定するオプションを指定するという対策が見つかったので試してみるとビンゴでした。具体的にはCDブートで最初に表示されるKNOPPIX起動画面のプロンプトで  boot: knoppix xvrefresh=60 と入力するのです。ちなみに、この時点では日本語キーボードを認識していないのでキーアサインはたぶん英語版キーボードになってます。「=」はshift+「ほ」でなく「へ」で入力出来ました。

デスクトップはFujiと雰囲気が似ていますが、どちらもKDEなので当然です。ブラウザはFirefox、メーラはThunderbird、オフィス系はOpenOffice 2.0Beta。GimpやEmacsといった定番ソフトももちろんあります。CD一枚で起動しているのに、一通りのアプリはそろってます。何かするとすぐにCDがウィーンと回ってやかましいですが、CDから読み込むわりにはパフォーマンスは実用レベル。評判通りすごいです。KNOPPIXの凄いところはハードウェアの認識能力だということですが、SlotAのAthlonというマイナーなCPUの構成でも、きちんとハードウェアを認識したのは評判通りです。

一通り操作したが、Webブラウス中心の用途なら、その前に試したTurboLinux Fujiに遜色ないように思えました。ただ、CDからブートさすと、毎回リフレッシュレートやネットワークの設定をしなければなたないのと、何かするたびにCDが回るってレスポンスが悪いので、ハードディスクにインストールしてみようと思いました。

(次回に続く)

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060317



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-16

Linux導入記(その2) (2006-03-16)

Dell騒動で一回あきましたが、Linux導入期の二回目です。以前にTurboLinux3.0をMMX Pentiumの古いマシンに入れた話を書きましたが、今回インストールするマシンは昨年の夏まで私が使っていたAthlon 650MHzの自作機です。メモリは256MB+128MBつんでいるのでWindows2000なら実用的な速度で動きます。

さて、Linuxといってもいろいろなディストリビューションがありますが、日本でもっとも初心者に優しいディストリビューションはTurboLinuxだと思います。例のライブドア騒動でちょっと心配な部分はありますが、前回試したのもTurboLinuxだったので、最新バージョンがどれほど進化しているか興味もあります。商用ディストリビューションなので有料ですが、インストールやメンテが楽なら多少の出費はいいかなと思うので、とりあえずTurbolinux FUJIのトライアル版ダウンロードしてみることにしました。

手順としては、先ずTurbolinux FUJIのトライアル版の配布ページで名前とメールアドレスを登録して、ISOイメージをダウンロードします。次に適当なライティングソフトでインストールディスク(CD-R)を2枚作成。私はISOイメージファイルをそのまま焼くという初心者にありがちな失敗をしてしまいました。ISOイメージをそのまま焼くと、CD-Rに巨大なファイルが一つ書き込まれるだけでインストールディスクにはなりません。続いてインストールですが、分かりやすいインストーラーのおかげで、3.0の時のように苦労することなく、スムーズに作業がすすみました。Windowsをインストールしたことのある人ならそれほど困らないとおもいます。なお、TurboLinuxのサイトには詳細なインストールマニュアルがあるので、困った時も安心です。

インストーラーのおかげで15分でインストール準備完了。続いてCD-Rからハードディスクへデータのコピーが始まりましたが、これには1時間半ほどかかりました。続いてIPアドレスやDNSなどの設定をしてやると、すんなりインターネットにもつながりました。DHCPサーバが機能していれば、何もしなくてもネットに接続できるかもしれません。ここまでは、拍子抜けするほどすんなりいきました。

早速Webブラウズ。ブラウザはFirefoxが入ってます。起動は遅いですが、操作感はWindows版と大差ないので問題無し。よく見るサイトを一通りブラウズしますが、特に問題ありませんでした。トライアル版は日本語フォントに制約があって、常用漢字以外の文字が〓(二重下駄)で表示されますが、フォントを変更したら全ての漢字が表示出来ました。Flashのプラグインは入っていなかったのでインストールする必要がありますが、インストールするにはダウンロードしたアーカイブを解凍してターミナルからコマンドを入力する必要があります。このあたりは面倒だと思う人も多いと思いますが。プラグインのインストールなんで頻度は低いし、マウスクリックしていて知らぬ間にインストールされるより、むしろ安心感があります。

TurboLinuxのデスクトップ環境はKDEで操作性はWindowsと大差ありません。特にFujiはWindowsユーザーやエントリーユーザーが戸惑わないよう、メニューに表示されるプログラムの呼び方は、ソフトの名称はでなく、Windowsと同じ名称か、又は作業名そのものになっていました。例えばティストエディタは「メモ帳」と「ワードパッド」。画像処理ソフトの定番Gimpは「画像作成」。WebブラウザのFirefoxは「Webブラウザ」。メーラーのThunderbirdは「メール」といった具合です。PalmDesktopのKDE版のKPilotは「PalmOS搭載PDAと接続」というベタなネーミングになっていましたが、おかげでKPilotを知らなかったPalmユーザーの私にも、一目で分かりました。

一通り試してみた結果、Athlon 650MHzクラスのスペックだとちょっとストレスを感じるが、Webブラウズ中心の軽い用途だとまぁまぁ実用的に使えそうです。いまどきのエントリーマシンならストレスなく使えるのかもしれませんが、子供用マシンとしては問題なさそうです。日本製の商用ディストリビューションだけに、安心感もあるのでTurbolinux FUJI Basic(5,800円)を購入してもいいかと思いましたが、その前に、以前から興味のあったKnoppixも試してみることにしました。

(次回に続く)

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060316



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-15

Dellのパソコンでトラブル (2006-03-15)

昨日は、Linux導入記の続きをアップしようと思っていたのですが、ちょっとしたトラブルにあって、それどころでは有りませんでした。トラブルのネタはDellのパソコンに関するものなんですが、それについてはまだ完全にカタがついたわけではないので、現時点ではサイトのネタのストックということにしておきます。

それにしても、よくブログや掲示板などで、特定のメーカーの製品なりサービスなりをボロクソにけなしている記事を見ますが、幸か不幸か私自信、そこまでひどい経験をしたことはありませんでした。しかし、今回の経験は、経験したこともない、十分ネタにないるるひどいものでした。もちろんこちらに非があった可能性もないわけではありませが、現時点ではこちらの非は思い浮かびません。ただ、一ついえることは、私はデルのパソコンは今後二度と買わないだろう、ということです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060315



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-13

Linux導入記(その1) (2006-03-13)

以前使っていて、今は主に長男用マシンとなっているデスクトップパソコンにLinuxを入れてみようと思い立ちました。子供用といって長男はまだ5歳なんで、パソコンを使うといってもWebでhicbc.com:ウルトラマンマックスの予告編の動画を見たりする程度です。今は親が教えた範囲でしか使えませんし、あまり小さいうちからパソコン漬けにするのもよろしくないので、専用機としてカスタマイズする必要性はあまりないのですが、そのうち親の目を盗んで自分でいろいろいじりだす可能性もあります。そこで、ウィルスの心配も少なく、ユーザーの権限を細かく指定できて、OSの安定性も高くておまけにWindowsよりかなり低価格(あるいは無料)という条件を兼ね備えたLinuxを入れてみることにしたのでした。(もっとも、単純にLinuxに興味があったという理由も大きいです。)というわけで、今日から何回かLinux導入記を書いていくつもりです。

実は、もう1年以上前の話ですが、Turbo Linux3.0の評価版をインストールしたことがあります。最初はFTP版をダウンロードして自力でインストールを試みたのですが、GUI環境であるXがどうしても起動せず断念。そこで、図書館でCD-ROM付きの解説本を借りてきてました。ハードディスクをフォーマットするfdiskコマンドでのswapファイルの作り方や、標準添付のviというエディタの使い方など、解説本を見なければさっぱり分からない事がいくつかありましたが、基本的な設定はWindowsマシンをセットアップするのと同じでした。WindowsとUNIXで、同じ事でも呼び方が違うのに戸惑いましたが、じっくり考えれば見当がつくので、解説本があれば何とかインストール出来ました。

で、肝心の感想ですが、インストールしたのはMMX Pentiumの233MHzという低スペックのマシンだったため、予想以上に重かったです。それまで何となくなんとなく、「Linuxは軽い」というイメージがあったのですが、GUI環境はそれなりのハードウェアのスペックを要求するようです。アプリの起動も遅く、実用で使うにはかなり厳しかったですいが、ただ、どれほど無茶な操作をしてもOS全体が落ちないのは流石でした。当時使っていたのがWindows98だったので、OSの安定性は羨ましかったです。あと、マルチブートが簡単に出来るのも便利でした。Windows95/98系でOSのマルチブートを実現するのは色々面倒でしたが、Linuxで採用されているブートローダーのLILOを使うとLinuxとWindows98のマルチブートが簡単に導入出来て便利でした。

しかし、あまりに重いのと、肝心のネットワークカードが、チップがマイナーだったのか認識させることが出来なかったので、Linux環境はすぐに使わなくなり、そのうちパソコン自体を処分してしまったのでした。

(次回に続く)

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060313



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-12

更新情報 (2006-03-12)

バッテリー交換してもらったCLIE TJ37をBattery Bench2でテストした結果をCLIE TJ37のページに追記しました。当たり前ですが、新品の時と大差ない結果でした。あと、頑張ってDEKARANGER Reviewのページも更新。なんか、書くたびに量が増えるようです。もうちょっと短く楽に書ければいいのですが、ついつい力が入ってしまいます。こんな調子で一年間続けられるのか、ちょっと不安。次回は少し手を抜こう。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060312



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-10

CLIE TJ37再修理完了 (2006-03-10)

修理に出していたCLIE TJ37が帰ってきました。相変わらすソニーのサポートは仕事が早いです。電話したのが月曜日。業者に引き取りにきてもらったのが火曜日。で、多分水曜日に修理窓口について、木曜日に発送して金曜日に戻ってきたと思ういので、タイムラグ無しです。

今回修理依頼した内容は、すぐに電源が切れるトラブル。最初はバッテリーの寿命化とも思いましたが、一度修理に出してバッテリーを有償で交換してもらった後も、少し(数分間)使うとすぐに画面が消えてしまうので、これはおかしいということで再度修理依頼したのです。サービス明細書を見ると、最初の修理ではバッテリー交換だけでしたが、今回はバッテリーと基板が交換されてました。やはり、単なるバッテリーの寿命ではなかったようです。前回のバッテリー交換は有償(税込み4420円)でしたが、今回は無料でした。三ヶ月以内に同一個所に故障が生じた場合は基本的に無料で再修理してもらえるという規約が適用されたのだと思います。

Battery Benchでテスト中ですが、今回は問題なさそうで、一安心。最初の修理依頼で基板の異常に気付いてくれれば言うこと無しでしたが、無料で再修理してもらったし、対応も相変わらず早かったので、個人的ソニー株は再び上昇しました。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060310



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-09

超忍者隊イナズマ! (2006-03-10)

昨日に引き続いてDEKARANGER Reviewの記事を書いていたら、いつのまにか日付が変ってました。なんで、今日は軽く特撮ネタを。東映太秦映画村の30周年を記念して、オリジナル特撮時代劇が作られるそうです。それがなんと、スーパー戦隊シリーズのデカレンジャーとマジレンジャーの主なキャスト&スタッフによるものなのだそうです。って、その筋の人には既知の話題だと思いますが、私はついこないだデカピンクのウメコ役の菊地美香のブログで知りました。

しかし、これは楽しみです。デカレンのキャストがバンとウメコだけというのがちょっと寂しいですが、期待できそうです。DVDは、6月9日(金)レンタル開始、6月21日(水)発売開始ということで、6月が待ち遠しいです。

「超忍者隊イナズマ!」公式サイトはこちらです。それから、「超忍者隊イナズマ!」公式ブログはデカレン&マジレンのプロデューサーだった塚田氏が書いています。こちらも目が離せません。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060309



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-08

Linux・TJ37再修理・初コメント (2006-03-08)

なんか、ちょっと気を抜いたら、前回更新から随分間が空いてしまいましたが。ボチボチ再開したいと思います。

一応日記なんで、最近の出来事を列記しときますと、週末は子供用のパソコンにLinuxを入れてました。Turbolinux FUJIの評価版とKNOPPIXを比較検討中です。

昨日は、昨年10月にバッテリー交換したのに、すぐにバッテリー切れの症状になるCLIE TJ37を再び修理に出しました。どうもバッテリーの劣化でなく、バッテリー残量を判断する回路のどこかに問題があるようです。

あとは、DEKARANGER Reviewの記事作成。初コメントがついて嬉しかったので、記事作成に力が入ってついつい時間がかかってしまいました。

まぁ、こんな感じで、書くネタには困っていないので、明日からは普通に更新再開するつもりです。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060308



PageTop
Home
PageEnd
DATE:2006-03-02

Googleマップで会社の地図を作ってみる (2006-03-02)

Google MapsのAPIが公開されて、(多少の制限はありますが)誰でも自分のサイトにマップを埋め込むことが出来るようになってから、もう随分経ちますが、昨日急に思い立って、自分の会社のWebサイトに載せている会社の所在地案内のページにGoogleマップを追加してみることにしました。いくつかのサイトで公開されているソースコードを参考に作ってみました。ソースはXHTMLだとか、文字コードはUTF-8だとか、IEで表示さすにはインラインフレームを使うとか、いろいろなTipsがあるようで、Googleで調べながら、半日もかけてようやく完成しました。

で、完成してから、もうちょっとカスタマイズしようと思ってさらに深く調べてみると、条件を入力すればソースコードを自動生成してくれるページがいくつもあるのを発見。最初からそれを使えば半日もかけずに済んだのに。まぁ、勉強にはなりましたが。

それにしても、一昔前までは非常に高額だった地図情報が、多少の制限はあるものの無償で一個人でも簡単に利用出来るようになったというのは、驚きです。これもいわゆるWeb2.0というヤツの威力ですか。Web2.0といえば、INTERNET Watchで一ヶ月ほど前から連載している今日から始める! Web 2.0超入門講座  〜初心者でもよくわかる「これからのWeb」のすべて〜という特集記事が私の頭のレベルにはちょうどいい分かりやすさで参考になります。

この日記の固定URL:http://birdis.main.jp/diary200603.htm#20060302




Copyright (C) 1999-2006 Birdis Land, All Rights Reserved.
Link freely! But hopefully mailto:birdis@nifty.com