ホームページパームなページパームな日記>2000/4-6
 

 
パームな日記 2000/4-6

 
 
 
前のパームな日記へ



2000年4月2日

4月1日はパーム関係のサイトでもいろいろあったみたい。ゆっくり見てないけど、機長さんの新ネタが久しぶりに見れたのは嬉しかった。

ところで、先日の日記で紹介したが、SONYのVAIOノートを購入した。で、パームなページに分家のページを作ることにした。名づけて「一時的パームなページ。プレインストールされているWindows98と常駐アプリの為に重くて使いにくいVAIOをダイエットして、軽快で「使える」パソコンにするための色々なカスタマイズ方法を紹介するページだ。一日も早くVAIOを「使える」パソコンにしなければならないので、短期集中連載とする。というのも、今メインで使ってるHP(ホームページじゃないよ)のVectraを、親に格安で譲ることにしたからだ。しばらくはVAIOをパームの母艦にしようと思っている。

そういうわけなので、しばらくパーム関連のコンテンツに時間をかけることが出来なくなってしまった。別にパームに対する愛情が薄まったわけではないのだが、これもパームの新しい母艦のためだ。液晶保護シートの件が気になるが、VAIOが落ち着いたら必ずレポートします。(今は保護シート無しで使ってる。)




2000年4月6日
VAIOにかまっててパーム関係の更新が出来ないけど、何もないというのは寂しいのでニュースでお茶を濁しときます。

新しいパソコンを買ったとたん新型機種が発表されて涙、というパターンは多いけど、今回新型のVAIOを買ったばかりの私にとっては嬉しい記事がありました。

VAIO 505シリーズ,姿を見せぬままSOLD OUT!?(ノートPC相場情報)
http://www.zdnet.co.jp/news/shopping/0004/05/p_note2.html

VAIO505シリーズは年中品薄、というより品切れ状態みたい。特に私の購入したZ505シリーズは非常に入手困難らしい。売れると分かってるのに生産が追いつかないのは経営がまずい訳だし、わざと品薄にして人気をあおってるとしたら、ユーザー無視の戦略だし、どっちにしてもいいニュースじゃないんだけどね。

そうそう、アメリカの連邦地裁で、ついに、というか、ようやくマイクロソフトに有罪判決が下された。ま、当然の結果だけど。以下のページで今までの経緯がおさらいできます。

MS訴訟のこれまでのまとめ
http://japan.cnet.com/News/2000/Item/000405-7.html?mn

でも、個人的にはM$の裁判も以前ほど興味がなくなったのも事実。なんか、あんな会社、もうどうでもいいやって感じ。確かに日頃M$の製品にはお世話になってるけど、別に明日からWindowsがなくなるってことになってもLinuxを入れれば事足りるし。あ、パームとHotSync出来ないのはちょっと困るか(笑)。
 




2000年4月10日
VAIOのカスタマイズがほぼ終わり、今日からパームの新しい母艦として使っている。先週末は現在のメインマシンであるHPのVectraとVAIOをピアtoピアでつなぎ、ハードディスクのデータを移し、主に使用するアプリのインストールも終え、環境を整えた。で、今日からVAIOをメインマシンとして使っている。

問題点といえば、VAIO505にはシリアルポートがないので、パームとのHotSyncが赤外線になってしまうこと。PalmOS3.3でより高速になったシリアル転送に慣れていただけに、赤外線はすこぶる遅い。それと、一時期VAIOとVectraの両方で家計簿ソフトを使っていたが、VAIOで入力したデータをVectraにコピーするのを忘れていて、新しいデータに古いデータを上書きしてしまい、何日間かの入力データが消えてしまった。

あとは大きなトラブルもなく、今のところは快適にVAIOを使っている。家の中だけで使うにせよ、あちこち持ち運べるスリムノートはフットワークが軽くていいものだ。




2000年4月12日
【パームはハンドヘルドPCと同じ運命?】

VAIOにかまっててパーム関係の更新が出来ないけど、何もないというのは寂しいのでニュースでお茶を濁しときます、のPart2。

急成長が見込めるパームトップデバイス――ハンドヘルドをしのぐ勢い
http://www.zdnet.co.jp/news/0004/10/strother.html

今後の小型コンピュータデバイスは、ノートパソコンとパームトップデバイス(パームシリーズなど)に集約され、ハンドヘルドPC(キーボード付WindowsCEマシンなど)は減少していくだろう、という記事。

なるほど分からないでもない。ハンドヘルドPCは中途半端という気もするし。この記事で伝えている傾向は、観点をもちょっと拡大すると、「モバイルコンピューティングデバイスは今後はノートPCと携帯電話/PHSに集約されていくというだろう」という意見と同じことだと思う。

我々パームユーザーとしてはそのような意見には意義を唱えたいところだが、多分世の中の趨勢はそういう方向なんだろう。ノートPCは高性能化且つ小型化が進み、携帯電話/PHSはPIM機能やインターネットとの親和性が高まってきている。ほとんどの人にとってPDA的な機能は携帯/PHSで十分なんだろうし、そもそもPDAが必要だと思う人は、携帯/PHSが必要だと思う人に比べれば微々たるものだ。客観的に見て、パームトップPDAというのはやっぱりニッチなものなんだと思う。

でもニッチな市場での魅力的な製品というのは「好きモノ」にはたまらないんだよなー。ここ最近のパームの躍進ぶりは嬉しいんだけど、あんまりメジャーになりすぎて「ニッチな魅力」が薄れていくのはちょっと寂しい気もする。

ま、21世紀を前に消えていった(消えつつある)デバイス達のことを思うと、大変贅沢な悩みだけど。





2000年4月14日
私のプロバイダは@niftyなんだけど、ここ数ヶ月、京都のアクセスポイントが非常に込み合っていて、大変だった。夜の9時とか10時でも接続中にブチブチ切れる。11時を過ぎると10回以上ダイアルしてもつながらない。仕方なし、近隣の大津とか宇治とかのAPにかけてみるが、やっぱりつながらない。まったくプロバイダを変えようかと思うくらい、とんでもない状態だった。

しかし、先日@niftyのサイトを見ていると、京都に新しいアクセスポイントが出来たようだ。さっそくつないで見ると、嘘みたいにスムーズにつながる。あー快適快適。もうしばらく@niftyを利用しよう、と思い直した現金な私であった。




2000年4月15日
@niftyのアクセスポイントは京都以外にも大幅に増強されているようなので、ちょこっと役立つテキストデータ集のデータを更新しといた。3ヶ月に一回くらいは更新ないとね。

一時的VAIOなページもとりあえず一段落ついたので、またパームなページのコンテンツもボチボチ増やしていきます。




2000年4月19日
WorP@holicの研修医さんの4月19日(水)のカルテの、ついシミュレーションをシュミレーションと言ってしまう話のレス。

あと、コミュニケーションをコミニュケーションと書く人もいますよね。もっと言うと、「かばん」の意のバッグをバックと書いたりする人も多い。印刷関係ではCMYKのマゼンタをマゼンダという人も多い。さらに言うと、パッドをパットと言う人も多い。肩パットとか。(笑)

#ワークパッドユーザーは間違わないだろうけど、、、。
もっとも、英語の発音を完全にカナで表現できるはずないんだが。
WorP@holic、URL変わってたんだった。過去の日記のリンク先も変えなきゃ。





2000年4月24日
【持病の画面の乱れ、治療法は?】

最近パームの調子が悪い。何度かヒヤリ・ハットで紹介した画面の乱れが頻繁に発生するのだ。以前は筐体の裏側を押さえればすぐ直ったのだが(なんか、人間のツボを押すみたい)、最近はツボを押しても一時的に復活するだけで、すぐに駄目になる。画面の乱れ方も、細い縦線が入って少しかすれる程度から、画面のほとんどが真っ黒になってしまうまで、様々だ。

それに加えて、これは私が悪いのだが、先日はHotSync中に電池が切れてしまって久しぶりのハードリセットした。また、前から気になっている液晶のGraffitiエリアのこすれ傷もますますひどくなり、認識率も落ちてきたよう。本家パームの日本語版も登場したことだし、いよいよ買い換え時期か?

と思っていたが、画面の表示乱れについては解決策を発見した。といっても自力で発見した分けではなく、WorkPadでござるのilovemacさんのトラブルを吹き飛ばせ計画で発見したのだけど。詳しくはヒヤリ・ハットのFile No.015を見てもらうとして、とにかくあれほど悩まされていた突発的画面の乱れ病が嘘のように直った。ilovemacさんと対策を発見された漆谷さんに感謝。

長年患っていた持病が直り、ほっとしたのもつかの間、新たなトラブルが発生。電池切れでもないのに電源ボタンを押しても何の反応も示さないのだ。ソフトリセットしたら、バックライトが点灯しただけで、何も表示されない。パームからはブーンという低いノイズが聞こえてくる。どのボタンを押してもパームからは何の反応もない。いったいどうしたものか?

続きはヒヤリ・ハット、File No.016で。またまたヒヤリ・ハットは二本立て。トラブルが起きる時は続くものだ。




2000年4月27日
今朝、会社でパームを結構派手に落としてしまった。電源を入れてもパームは何の反応もしない。ソフトリセットするとバックライトが点灯するだけ。そう、先日ヒヤリ・ハット、File No.016で紹介したばかりの症状だ。初めての経験なら慌てるところだが、私にとっては紹介したばかりのトラブル、慌てることなくドライバを取り出しフタを取ると、案の定メモリーモジュールが外れかけていた。

すばやい処置が功を奏したのか、ハードリセットすることなくパームは復旧。コネクタ類が緩むことで発生するトラブルは分解さえ出来ればすぐに直る。しかし、考えてみれば出張先とかでドライバがすぐ手に入らない状態ではお手上げだった。リセットピンの代わりならクリップとかシャーペンの芯とか代替品はいくらでも見つかるが、パームを分解するためのドライバというのはそう簡単には見つからないだろう。

パームをハードに使う人にとっては、リセットピンとともに、筐体を分解するためのドライバも必須です。

#どこか、ドライバ内臓スタイラス、作ってくれないかなー。





2000年4月30日
いよいよ大型連休のスタート。今回は連休をフルに使ってどっかに行く、ということなしないので、サイト更新にも時間が取れそう。取りあえず、明日はのびのびになっていた、液晶保護シートの件を片付けよう。

ひとつ問題発生。今まで使ってたデスクトップを実家に譲ってVAIOを使い始めたのだが、VAIOのUSB接続の外付けフロッピィがフラッシュパス(スマートメディアをフロッピィドライブで読めるようにするアダプタ)を認識してくれないのだ。つまり、デジカメで撮った画像をパソコンに転送する手段が無いということだ。これは結構不便。USBのスマートメディアリーダーにしとけば良かった。




2000年5月1日

機長さんかめぴーさん、おめでとうございます!!!いや〜、びっくりしました。思わず、今日は4月1日だったっけ?と疑ってしまった。

液晶保護シートの件、ようやくアップした。どこにアップしようかと思ったけど、もともとヒヤリ・ハットで出た間違いなので、ヒヤリ・ハット番外編として載せることにした。デジカメで撮った写真をパソコンに撮りこむ術がないので、実家に行ってフロッピィにコピーさせてもらったら、パソコン初心者の親につかまって延々2時間パソコン教室を開く羽目になってしまった。




2000年5月2日
なんかカウンターの進み具合がすごいなー。みんな、GWどこにも行ってないのかなー。かくいう私も朝昼晩深夜と一日4回ダイアルアップしてるけど(笑)。

GWに入って毎日更新しているけど、今日は特にネタは無し。パームでヒヤリ・ハットを一部加筆修正したのと、4月の日記をこっちに移したくらい。液晶保護シートはすこぶる快調。以上。





2000年5月8日
GWも終わってしまいましたね。今日から仕事はじめ。で、会社に行ったら牛が届いてた。

【牛飼になった日】

そう、先月発注していたGatewayのマシンが届いていたのだ。ホームページ作成用ということで、OA機器購入の予算枠とは別枠で申請していた分だ。Pentium IIIの600MHzでメモリ128M。モニタはSHARPのLL-T1510Aという15インチのブラックTFTモニターで、非常に明るくて鮮明で見やすい。ただ目立つところに常時点灯するドットが二つあるのが目障りだが、この程度は許容範囲内なのだろう。今まで使ってたノートがMMXの150MHzだから雲泥の差だ。う〜ん、なんか、いまだに遅いマシンを使ってる他の人に申し訳ない気もする。

今日は定時以降、Windows95と98のデュアルブート環境構築に取りかかる。明日はメイン環境として使うWin95の方をインストールする予定。OSのマルチブート(NTやWindows98やLINUXといった複数のOSを一台のPCにインストールして起動時に切り替えする方法)は面白いネタだけど、パームとは直接関係ないので、一時的VAIOなページあたりで紹介しようかな。




2000年5月14日
Gatewayの直営店、ゲートウェイカントリーの京都店に行ってきた。噂通りのおしゃれな作り。そこに置いてあるデモ機はレジストリーをいじっているらしく、エクスプローラーやコントロールパネルが使えないようになっていた。いたずら防止のためパスワード付きのスクリーンセーバーを走らせているパソコンショップは多いが、ここまでするとは流石Gateway

会社で買ってもらったGatewayのPerformance 600 TFTは普段はWindows95で使ってるが、Windows98でもそこそこ軽快で、家のVAIOとは大違いだ。メモリが128M積んであるからだろう。VAIOは64Mだ。試しに会社の富士通のFMV用の増設メモリ(144pinのDIMM)をこっそり持って帰ってVAIOにつけて見たけど、メモリを認識できなかったようでブートしなかった。メモリー増設効果をただで確かめようと思ったのに残念。

最近パームは安定していてネタがない。ソニパ(SONY製互換機)は発売が秋口になりそうだし、それまで今のPalm IIIを使い続けるか、TRGProを購入するか、ちょっと悩んでいるのだが、今のところはソニパの情報不足で決め兼ねている。きっと魅力的なマシンになるんだろうな。

おっと、Palmfanで紹介されていた報道特集の始まる時間だ。今日はこの辺で。




2000年5月16日
【ソニパ(ソニー製パーム互換機)に期待すること】

徐々に明らかになるソニーのハンドヘルド機計画
http://japan.cnet.com/News/2000/Item/000516-3.html?mn

どんなものが出てくるか楽しみな反面、Zen of Palmの精神が薄れていくようでちょっと不安。ワイヤレスでネットに接続できる機能は確かに魅力的だけど、情報は全てサーバに置いておいて、欲しい時にネットに接続して欲しいデータのみ落とす、という最近のPDAが目指しているスタイルは個人的には好きじゃないです。確かにスマートだし、全ての情報を持ち歩ける事は出来ないし、不足の事態にも対応できるし、メリットは分かるんだけど、リスクも大きい。サーバがダウンすれば終わりだし、サーバにアクセスするためのキャリアに色々な意味で縛られてしまうのは嫌だから。iモードのトラブルなんか見てるとつくづくそう思う。

私がパームシリーズの基本機能以外でソニパで期待するのは、控えめだけどOpenMGもしくはMP3の再生機能くらい。最近VAIOでOpenMGの音楽を聴き始めて、結構はまりつつあるので。恐らくサポートされると思うけど。

新しいパソコンを買ったらとりあえずハードディスクを初期化する(笑)、というタイプの私としては、VAIOのように、見た目はスタイリッシュだけど、プレインストールされたマルチメディア関係のソフトが多すぎてリソースが少なくて重いマシンにはなって欲しくないですね。でも、添付ソフトがテンコ盛りでも削除すればダイエットは出来るので、ハードがイケてて価格がそれなりなら許す。

とにかく、早くスペックだけでも公開してくれー!




2000年5月18日
【チェーンメールの墓場】

かめぴーさんのサイトのチェーンメールの墓場、面白すぎ。すっかりはまってしまった。昨日は会社の同僚と残業の合間の息抜きに見ながら大笑いしてたら、いつの間にか人が集まってきて、最終的には部長と課長まで画面を覗き込んでいた。課長からは、「毎日遅くまで仕事をしているのかと思えば、こんなことをしていたのか。」と(冗談で)いやみを言われる始末。部長は部長で、「家で子供と見るから。」といって、きっちりURLを控えて帰った。

今後は定時後といってもうっかりプライベートなページを見れないな。そうでなくてもシャープのブラックTFTはとっても鮮明で、斜めからでも画面が良く見えるので危険なのに。




2000年5月21日
【祝!パーム購入一周年!】

えらいこっちゃ!大事なことを忘れていた。5月8日は我が愛機、PamIIIを購入した日だったんだ。さっき、何気に過去の日記を読んでて発見した。一周年だ!大変だ!何か企画しなければ!

実は、そろそろ購入一周年ということは知っていたが、何故だか購入したのは6月だと思い込んでいた。そろそろ一周年記念コンテンツの準備をしようかなーと思っていたのだが、もう過ぎていたとは!

で、突貫工事で作り上げたのがこのページ。題して、「パームを購入したいけど貧乏なので中古を検討してる人へ −Palm IIIの勧め−」。長い!サーチエンジンのロボットに拾われることを意識したタイトルだなー(笑)。まぁ、タイトル見ただけで内容はわかると思うが、一応背景を説明すると、、、。日本におけるパーム界も本家パーム機の発売に加え、Visor日本語版やソニー製パーム互換機など明るい材料が目白押しで、ユーザーも増える一方。新たにパームに興味を持ち始めた人も増えてきたと思う。しかし、世の中にはパームが欲しくても貧乏で新品はなかなか買えない、という人がきっと多いはず。(一年前の私のように)そんな人達のために作ったページだ。突貫で作ったので誤字脱字等は普段のページより多いと思うが、徐々に充実させていくつもり。パームを購入しようと思ってる人の役にたてば幸いです。




2000年5月22日
【Palm IIIc】

昨日書き忘れたんだけど、京都のソフマップで初めてIIIcを見た。正直言って、おぉ、これがカラーパームかぁぁ!といった感動はなく、ほう、なるほど、といった感じ。今まで散々ネットで情報を見てきたので、特に目新しさがなかったからだ。

でも、せっかくだから一応感じたところを書いてみる。液晶は確かにきれいだが発色が良すぎて解像度の低さが目立つ。筐体の大きさは、持った感じはPalm IIIと変わらないが、見た目はやっぱり縦長でバランス悪い。あと、操作感は確かにV系に比べると、とろい。画面の描画速度の部分が足を引っ張ってる感じで、パソコンならビデオカードを交換したいところ。それと、カラーの良さを生かしたアプリがデモ機には入ってなかった。唯一カラフルなのはメニュー画面くらい。とはいえ、全体のバランスは悪くない。アプリのカラー化はどんどん進んでいるし、買って後悔はしないと思う。

それにひきかえ一見地味なVxだが、実はこっちのほうが人気が高いよう。大学生っぽい、ちょっと知的な二人組のギャルが、あーでもないこーでもないと言いながらいじっていたのはVxの方だった。

IIIcとVx、さてあなたならどっちを選ぶ?

# 私だったら現時点ではTRGProだな。



2000年5月23日
昨日の日記は誤字脱字が多かったなー。あちこちのサイトで紹介してもらったおかげでいつもよりアクセス数が多かったのに恥ずかしい。先ほどこっそり修正しておいた。

みなさんに紹介してもらったおかげで最近のアクセス数は予想以上に増えていて、今年初めの目標だった年内一万突破は来月には実現しそうな勢い。なんだか怖いくらいだ。マイペースで続けていきたいのにカウンタが上がっていくのを見ていると頑張ろうと思う気になるのは仕事もプライベートも同じ。

ニュースネタを一つ。

Outlook用セキュリティパッチ適用は「代償を伴う」
http://www.zdnet.co.jp/news/0005/20/b_0519_04.html

猛威を振るったI Love YouウィルスのパッチをOutlookに当てるとPalmなどのPDAとのメールデータのシンクロ機能が使えなくなる可能性がある、という記事。興味深いのはパッチのベータ版のテストではマイクロソフトのPocket PCとは問題がなさそうだという記述。さすがマイクロソフト、やることが狡い。自分の製品の不具合を直すふりをして、ちゃっかりライバル製品を使っているユーザーを締めだそう、という魂胆が見え見え。

一時的VAIOなページでも散々書いたけど、Outlookは今回のウィルス騒ぎでも分かるように他人に迷惑をかける可能性が高いので、インターネットのようなオープンな環境ではなるべく使って欲しくないですね。




2000年5月24日
あーーーーー!!!!ホントだ。Palm IIIがPaml IIIになっていた。肝心のタイトルを間違えるなんてなんて恥ずかしい。ご指摘ありがとうございます>NAS芹沢さん@大阪Palm III

TRGPro、確かに良さげですね。私も欲しいゾウ。(←マネしてスミマセン)
でも、ソニーのパームも気になるしなー。Palm IIIにも愛着あるし、お金はないし、困ったゾウ。(←くどい!)





2000年5月28日
もうすぐカウンタが9000を超える。夢の10000ヒットに向けていよいよカウントダウン。パームネタではないが10000突破記念企画は少しずつ準備中。「パームを購入したいけど貧乏なので中古を検討してる人へ −Palm IIIの勧め−」をアップ後、一時的にアクセス数がグンと伸びたので10000突破は予想以上に早まりそうでちょっと焦っている。

パームなページでも何か企画したいけど、ちょっと時間が無さそう。でもスクリーンショットプレゼントくらいはやりたいと思ってる。といってもレアもののグッズを持ってる訳でもないし、手持ちのパーム関係のグッズで使ってないものといえばモデムケーブルくらいだし、パームウェアを作ることも出来ないので、差し上げるものがない。新品を購入するにしても品物を選ばないと。それよりも果たしてスクリーンショット送ってきてもらえるかが心配だ。ま、最悪送ってもらえなかったらプレゼントは自分で使えばいいんだし、この調子だと6月中には10000突破しそうなので、それまでに考えようっと。




2000年5月31日
 
カウンタ9000突破!関連のコメントはこちらのページを見てください。

それから、遅くなったけど、「祝!1周年記念&30万ヒット! WorP@holic Thanks Campaign」に賛同します!取りあえずバナーを貼っつけときました。コメントは後日。

フレ〜、フレ〜、人間灯台!!




2000年6月7日
 
カウンタ9500突破!なのに、ちょっと忙しくて更新滞ってます。パーム関係でも書きたいことはいくつかあるのに。ようやく購入した「まるごとパーム」の感想とか、ワーポのサンクスキャンペーンのこととか、またハードリセットしてしまった話とか、、、。あと、最近仕事で使い出したIllustratorのこととか。

これから夏頃まで、平日はサイト更新にあんまり時間が取れそうにないけど、週末に頑張ろう。




2000年6月10日
ようやく週末。過去の日記はこちらに移しました。
【祝!1周年記念&30万ヒット! WorP@holic Thanks Campaign】

ずいぶん遅くなりましたが、これだけはコメントしておきたかったので。

研修医さんのWorP@holicは、恐らく初めて自発的に私のサイトの紹介をしていただいたサイトです。メジャーサイトに初めて取り上げてもらったのは、(多分)機長さんのパーム航空ですが、その時は機長さんにメールを出した後だったので、半分は取り上げてもらえるようお願いしたような格好でした。(紹介されてからアクセス数がど〜んと増えて、メジャー系サイトの実力を思い知らされました。)

しかし、こちらから何のアクションも起こさなかったのに、自発的に私のサイトを取り上げていただいたメジャーなサイトは恐らくWorP@holicが初めてです。(ひょっとして、研修医さんより先に取り上げてくれた方がいたらゴメンなさい。)

その時の驚きと嬉しさは今でも覚えてます。会社の昼休みに偶然私のサイトが紹介されているのを発見して思わず、体が熱くなりました。そして、当時(今も)非常にマイナーだった私のサイトを取り上げていただけるなんてなんて情報収集力のあるサイトなんだ!と感動しました。その後も機会があるごとに取り上げてくださり、またメールでも励ましの言葉をかけていただいた研修医さんには本当に感謝しています。

WorP@holicは私の中では、パーム航空と並ぶ、特別な思い入れのあるサイトです。あの情報収集力と更新スピードは人技とは思えませんが、今後も頑張って下さい。でも、くれぐれも体だけはこわさぬようご自愛下さい。研修医が体を壊すなんて本末転倒ですから。

それから、最後になりましたけど、PalmClipのIcchyさん、すばらしい企画をありがとうございました。




2000年6月11日
大阪Palm IIIの10万ヒット記念プレゼント「青空文庫パーム本の部屋」に当選した!ありがとうございます>芹沢さん。懸賞の類にあたったことの少ない私にとっては、たとえ当選率90%でも嬉しいです。

この盆休みは北海道の山を登る予定なので、フェリーの中でのひまつぶしに使えそう。あ、でも、私のPalm IIIはメモリ2M。大量のdocファイルを入れておく余裕が無い。どうしよう。

いや、それ以前の問題で、フェリーのチケットが取れるかどうか分からない。旅行代理店にお願いしているんだけど、結果は明日の月曜日。心配だ〜。




2000年6月13日
【10,000ありがとう】

本日未明、アクセスカウンタが1万を突破しました。皆様ありがとうございます。ご挨拶(真面目な奴)をこちらのページに掲載しておきました。また、こちらの日記なページにもコメントしてますので、お暇な方はごらん下さい。

スクリーンショットをゲットされた方はいましたら、お約束通りプレゼントを送付したいので、住所とお名前と出来ましたら当サイトの感想と一緒にメールして下さい。何が送られるかはお楽しみ、です。(まだ決めてなかったりして)

それから、パーム関係ではないけど、アクセス1万記念コンテンツとして、北欧旅行記をアップしました。これから毎週末、一話ずつアップしていく予定です。興味のある方はご覧下されば幸いです。

パーム関連の記念イベントは残念ながら出来そうにありません。10万アクセスに期待して下さい。(何年後の話だ?)

取りあえず、大きな節目を迎えたわけですが、当サイトはこれからも今までと同じようなペースでボチボチやっていきますんで、これからも一つよろしくお願いいたします。

P.S. 大阪Palm IIIの芹沢さん、青空文庫届きました。ありがとうございました!



2000年6月18日
1万アクセスを突破してから5日。スクリーンショット、ゲットした人はいなかったみたい。事前PR不足してたからかなー。というわけでプレゼント企画はあえなく没。次回2万アクセスの時まで延期しよう。

プレゼントの品物は決めました。普段私が使っていて、気に入ってるもので、パームにも使えるグッズ。カウンタが2万を迎えるまでに、そのグッズのレポートします。それから2万アクセスの時にはもうちょっとPRしようっと。




2000年6月20日
【スクリーンセーバーはセーバーじゃない】

パソコンを使ってて、本末転倒だなぁと思ったことが何度かある。そこで、唐突だけど、本末転倒シリーズとして、これから何回かにわけて紹介したい。まず声を大にしていいたいのは、スクリーンセーバーはちっともスクリーンをセーブしてない!という話し。

パソコン使ってる人でスクリーンセーバーを知らない人はほとんどいないだろう。もともとは同じ画面をずっと表示することによるモニタの焼きつきの防止用のソフトだったが、今では本来の目的で使っている人はほとんどいない。大抵の場合、単なる環境ソフト、つまり、お気に入りの静止画のスライドショーもしくは動画の再生ソフトとして使われているような気がする。

でも、職場なんかで誰も使っていないパソコンに無駄な画像を表示させるのはどうしたもんだろう。特にCPUパワーを必要とする動画を再生するようなスクリーンセーバーは電力消費の面でも好ましくない。CPUは仕事をすると熱くなる。熱くなるとシステムが不安定になる。長時間話席していて、席にもどって仕事を再開したらいきなりハングアップした経験のある人、重いスクリーンセーバーを動かしてませんでした?

モニタを本当に大事にしたい人や、環境問題を真剣に考える人は、今すぐスクリーンセーバーを使うのをやめましょう。どうすればいいかって?そりゃ、使わないときはモニタの電源を切るのが一番。電源がパソコン本体と独立しているデスクトップなら、離席する前にモニタの電源をブチッと切ればOK。ノートパソコンだったらディスプレーをたたむ。(大抵のノートはフタを閉じるとモニターがオフになります。)電源が本体と共通のパソコンなら、画面のプロパティでスクリーンセーバーの代わりに一定時間で電源断する設定にしとけばいい。

これだけで、電力消費が押さえられるだけでなく、モニタの寿命も延びます。特に液晶モニタはCRTより寿命が短いので、ノートや卓上の液晶ディスプレイを使ってる人なんかは、スクリーンセーバーを使うのは止めたほうがいいですよ。スクリーンセーバーを使うことでモニタの寿命を縮めるなんて、本末転倒。

あ、もちろん、気分転換のためにスクリーンセーバーを使ってるっていう人がいたら、それはそれでいいんだけどね。





2000年6月24日
【祝!iPAL就航】
本末転倒シリーズの続きを書こうかと思ったけど、われらが機長さんがiPALという形で復活されたことが嬉しくて予定を変更!

パーム航空のラストフライトからはや4ヶ月。機長さんの立場を理解しつつも、心の底ではパーム航空の復航を願っていた人は私だけではないと思う。それが、MacPeople誌での連載開始に引き続き、iPALという形でネットでも再び機長さんの文章が読めるというのは、まったくもって筆舌に尽し難し、ですね。(試験運用中だけど。)

それにしても、iモードというのはナイスな選択だ。機長さん自ら語っておられたように、iモードはテキスト中心で短い文章しか扱えないので、管理もラクだし負担も少ないでしょう。(実は短い言葉で伝えたいことを表現するのは長い文章書くより難しいんだけど、機長さんの文才ならその辺りは軽くパスしてますよね。)

ところで私は携帯を持ってない。iモードは普通のパソコンでもブラウズ出きるので、iPALを見ることは出きるんだけど、もともと小さなiモード端末用に作られたiモードのコンテンツを、広いパソコンの画面で見ると、なんか間延びする。そこで、iPALをパームのディスプレイと同じ160x160ピクセルで見るためのボタンを作った。こんな感じだ。

ボタンを押せば、160×160ピクセルの小さな窓が新たにデスクトップの左上にぴょこっと開いて、iPALが表示される(はずだ)。小さな窓なので仕事中にこっそりiPALを見るには最適(笑)。

※正確にはコンテンツが表示される部分は160×160じゃないんだけど。スクロールバーがあるので。
このボタン、JavaScriptが走る最近のブラウザなら多分機能すると思うけど、私はこの辺りはあんまり詳しくないので上手く動かなかったらごめんなさい。JavaScriptを知ってる人ならこの程度のボタンを作ることなんて朝飯前だと思うけど、一応ソースをこちらに置いておくので使いたい方はテキトーに使って下さい。ソースをコピーして、ご自分のWebページのHTMLファイルの適当な場所に貼り付ければOKです。

というわけで、iPAL、楽しみにしています>機長さま。パームネタ以外にも書きこみされるようなので、そちらのほうも楽しみ。ちなみに私も明日の選挙には行くつもり。最近の首相の言動を見てて、こりゃ選挙に行かねば、と思ったクチです。





2000年6月28日
【ソニパ発表】
ソニパ(ソニー製パーム互換機)の情報がボチボチ報道されるようになってきましたね。

どうやら初代ソニパには期待のAV機能は搭載されず、本家パーム社の製品に近い比較的シンプルな製品になるよう。機能は豊富だけど操作性が悪く、Zen of Palmの精神に反するマシンにならないか懸念していたので一安心。(ちょっと残念な気もするけど。)

大きさはIIIcとVxの中間くらいか。ま、無難な線です。デザインはVAIOっぽくていかにもって感じ。確かにカッコいいけど、手のひらに馴染むかどうかは持ってみないと分からない。ジョグダイアルとメモリースティック搭載は予想通りか。ジョグダイアルはVAIOにも搭載されていたけど遅くて使い物にならなかった。軽快に動けば「使える」インターフェイスだと思う。

そろそろ新しいパームを購入しようかと思っている私にとって、ソニパは最有力候補なんだけど、今の所はまだ未知数なところが多いので購入を決めるには詳細なスペックと、実機を手にとって見てからですね。

もうひとつの候補はTRGPro。こちらも実機はまだ見てないけど、もう十分情報を得ているし、筐体はPalm IIIと同じだし、購入しても後悔はしないと思う。ソニパがTRGProを凌ぐかどうか、7月の発売が楽しみです。

(IIIxが2万くらいで売ってれば、即購入するんだけど。)




2000年6月30日
 
独り言モード、、、。

PC EXPOでのソニパの情報もほぼ出揃った感じ。これまでの情報を見る限りでは、7:3でTRGProの勝ちかな。今、TRGPro購入にすごく傾いているのでソニパ発売を待たずに購入してしまうかも。

ぺんとぴあのキャップ割れ、無償で交換してもらえるんですか?(PalmClipのClip 094 復活ぺんとぴあ
より)私も一度キャップを割ったことがあるけど、新しいぺんとぴあ購入したんで今のところ交換してもらう必要はないなー。でも、無償交換がホントなら、やっぱ設計上、もしくは製造上のミスがあったんだろうな。でもでも、無償交換に応じるというのは天晴です>PILOT社。(明らかなバグを「仕様」だと言い張るどこぞの会社とは大違い。)

明日も休日出勤。なかなかサイト更新の時間が取れませんなー。

そういえばPALMLINK、最近機能してないようだけど大丈夫かなー。

ホント、独り言モードだなー。


次のパームな日記へ

Copyright (C) 1999-2005 Birdis Land, All Rights Reserved.
Link freely! But hopefully mailto:pxa06633@nifty.com
Bホームパームなページパームな日記2000/4-6