ホームパームなページ>TechSoundsのページ

Birdis Land's Favorites!




HOME
Profile
Archive
PALM/PC
Column
Hiyari-Hat
TextData
CLIE TJ37
TechSounds
VAIO505
OUTDOOR
Report
Column
Gallery
Vegetable
MISC
STAR TREK

BBS
EMAIL
PRIVATE
KOTORI日記

TechSoundsのページ

Palmデバイスのシステムサウンドを自由にカスタマイズできるTechSoundsの紹介ページです。


TechSounds5の概要

TechSoundsのアバウト画面

TechSoundsの前身は、Palmデバイスのシステムサウンドをスタートレックのコンピュータ風にカスタマイズするTrekSounds HackというHackアプリです。商標の問題でスタートレックに関係する名称が使えなくなり、TechSounds Hackに名称を変更してバージョンアップしてきましたが、長らくPalm OS4までにしか対応していませんでした。ところが2005年5月、TechSounds5という名称で待望のOS5対応版が登場しました。

右上のスクリーンショット(Menu→Aboutで表示される画面)を見ても分かるように、スタートレック色は一切無くなってますが、プレロードされているサウンドには旧バージョンで使えたLCARS(スタートレックの世界で使われているコンピュータ)風サウンドの多くが含まれてます。それに加えてモデムのネゴシエーション時のピ〜ガ〜ヒャラヒャラ〜という音や、バビロン5のドアベル、はと時計、スターウォーズのR2D2の声(?)、タイプライターの音といった豊富なバリエーションのサウンドがプレロードされていて、それらを聞くだけでも楽しいです。さらに、MP3やWAVといった一般的なサウンドファイルをTechSounds用に変換できるWindows/MAC用のコンバータも添付されているので、お気に入りのメロディをアラーム音に使ったり、システムサウンドを完全オリジナルにカスタマイズすることも可能で、アラームやシステム音を一切使っていないという人を除けば万人にお勧めできるパームウェアです。

それでは、ソフトウェアのアーカイブに入っているreadmeファイルの内容に沿って、TechSoundsを紹介していきましょう。




PageTop
Home
PageEnd

TechSounds5の特徴

  • 高品質なデジタルサウンドを採用しています。
  • Datebook(予定表)のアラーム音や、Treoの呼び出し音をオリジナルサウンドに変更出来ます。
  • 以下のイベントにサウンドを割り当て出来ます。
    • 主要なボタンの操作時
    • スタイラスによる画面のタップ時
    • 電源オン/オフ時
    • プログラムの切り換え時
    • HotSync開始/終了時
    • メモリカード挿入/取外時
    • クレードル挿入/取外し時
    • 赤外線通信/Bluetooth受信時
    • リセット時
  • WAVやMP3といった様々なサウンドファイルをTechSounds形式のPRCファイルに変換して利用できます。
  • MP3は任意のパートを抽出して利用出来ます。
  • 複数のサウンドテーマ(どのイベントにどのサウンドを鳴らすか、という組み合わせ)を設定して自由に選択できます。もちろんオリジナルのテーマも作成出来ます。
  • Palmデバイスで直接ダウンロードしたWAVファイルを使用できます。
  • サウンドセットは他のPalmデバイスと共有可能です。
  • ペンストロークで全てのシステムサウンドをオフにするミュート機能付き。

対応機種:

TechSounds5対応Palmデバイス

TechSounds5に対応しているPalmデバイスは以下の通りです(アメリカで発売されているモデルが対象なので、日本語版は動作しないかもしれません。)

  • LifeDrive
  • Tungsten T
  • Tungsten T2
  • Tungsten T3
  • Tungsten T5
  • Tungsten C
  • Tungsten E
  • Tungsten E2
  • Zire21
  • Zire31
  • Zire71
  • Zire72
  • Treo600
  • Treo650
  • CLIE UX-40
  • CLIE UX-50
  • CLIE TH55
  • CLIE TJ35
  • CLIE TJ37
  • Tapwave Zodiac
  • Garmin iQue

TechSounds Converterが必要とする動作環境:

TechSounds Converter(デスクトップ上でサウンドファイルをTechSoundsのPRCファイルに変換するコンバーター)の動作環境は以下のとおりです。

  • Windows:Windows 98以降とQuickTime
  • Mac:Mac OS X10.2以降とQuickTime

使用方法

TechSounds Converter(Windows・Mac OS X)

  • TechSounds Converterは、ほとんどのサウンドファイル(MP3、WAV、AIFF、AU、M4A、MOV、等)をTechSoundsで使えるPRCファイルに変換するデスクトップアプリケーションです。
  • TechSoundsには既にいくつかのサウンドファイルが入っていますが、TechSounds Converterでオリジナルサウンドを追加することが可能になります。
  • 使用方法は以下のとおりです。
    1. ソフトを起動し、サウンドファイルを選びます。
    2. 開始時間と終了時間を設定すれば、サウンドファイルの一部分を切り取ることが出来ます。
    3. TechSoundsファイル(PRC形式)で保存します。
    4. 保存されたPRCファイルをインストールすると、TechSoundsのTechSounds Sound Databaseに表示されます。

TechSounds5のインストール

  1. TechSoundsの旧バージョンがインストールされている場合は、停止してから削除します。
  2. TechSounds5Demo.PRCをインストールします。
  3. パームのメニューからTechSoundsアイコンをタップします。
  4. お好みのサウンドセットを選択します。カスタマイズ可能です。
  5. TechSoundsをアクティブにし、ソフトリセットします。

メインスクリーン

TechSoundsのメインスクリーン
  1. Master Volume: 呼び出し音以外のすべてのTechSoundsサウンドの音量を調整する、マスターボリュームです。(Treoの呼び出し音は、サイドボタンを使用して調整してください。)
  2. Mute: スタイラスで画面の一番上から一番下まで素早くドラッグすると、ミュートが有効になります。同じ操作をするとミュートが解除されます。スタイラス操作ごとに、「ミュート」のオン/オフの状態が画面に一瞬表示されます。
  3. Sound Set: オリジナルのサウンドセットを作成できます。サウンドセットはあらかじめ3セット用意されています。

サウンドセットの編集

TechSoundsのサウンドセット編集画面
  1. メインスクリーンからEdit Sound Setsボタンをタップすると、サウンドセットの編集画面になります。
  2. 現在選択されているサウンドセットは太字で表示されています。
  3. Editボタンをタップすれば、イベントごとに鳴らすサウンドを編集できます。各イベント名の左端のアイコンをタップすれば、個別に音量を設定できます。OKボタンをタップすれば変更したデータを上書き保存、Save Asボタンをタップすれば、別名で保存できます。
  4. Share/Backupボタンをタップすると、サウンドセットの共有・バックアップ用にPRCファイルが作成されます。
  5. Renameボタンをタップすればサウンドセットの名前を変更できます。Deleteボタンをタップすれば削除できます。
  6. スクリーンタイトルには編集中のサウンドセットの名称が表示されています。編集中の設定は、ペンタップを除いてすぐに反映されます。

サウンドデータベース

TechSoundsのサウンドデータベース画面
  1. メインスクリーンからSound Databeseボタンをタップすると、各サウンドの管理画面になり、サウンドの情報閲覧、名前の変更、削除、ビーム送信、Bluetooth経由の送信、SMSやEmailでの送信が可能です。
  2. サウンドの名前の変更は、サウンドセットにも反映されます。
  3. 外部ストレージからWAVファイルやTechSoundsサウンドファイルを追加するにはAddボタンをタップします。

オプション

TechSoundsのオプション設定画面
  1. メインスクリーンからOptionsボタンをタップすると、オプション設定画面になります。
  2. Handle Alarms:予定表のアラームとして使いたくない場合はチェックを外します。
  3. Repeat Alarm Sound:予定表のアラームを繰り返して鳴らす時間を設定できます。
  4. Handle Phone Ring:呼び出し音として使いたくない場合はチェックを外します。
  5. Receive WAV file using:TechSoundsをインストールすると、自動的にWAVファイルを、ビーム、ブルートゥース、メールまたはWebダウンロードで受け取れるようになります。WAVファイルの受信を別のアプリケーションで行いたい場合は、変更することが出来ます。

その他

  • TechSounds5はTechSounds4に実装されていた以下の機能が使えません
    • Palm OS3およびOS4に対応
    • TechScreens機能(Palmデバイスの電源オン/オフ時に画像を表示)
    • TechSounds4のPDB形式の音声モジュール
    • ミュート状態での起動
    • サウンドをランダム鳴らす機能
  • 上記のうち、いくつかが今後のリリースで対応するかもしれないそうです。

TechSoundsの購入

  • TechSoundsは http://ecamm.comで9.95ドルで購入出来ます。
  • Visa、マスターカード、DiscoverカードまたはPayPalでの支払いが可能です。
  • プログラムはすぐにメールにて送信されます。
  • アップグレードの案内は自動的に送信されます。

知られている問題

  • Treo:クレードル取外し時のサウンドが機能しない場合があります。
  • Clie:Bluetooth/ビーム受信時とリセット時のサウンドは、TechSoundsで設定したサウンドに続いて、Clie標準のものが再生されます。

サポート情報

  • 以下のフォームを通じて、Ecamm Networkのカスタマーサービスに連絡出来ます。
       http://ecamm.com/contact

変更歴史

  • 5/9/2005--、v1.0: 一般公開開始。


PageTop
Home
PageEnd


ご意見・ご感想はメール<birdis@nifty.com>またはBBS(掲示板)へ。


Copyright (C) 1999-2005 Birdis Land, All Rights Reserved.
Link freely! but hopefully mailto:birdis@nifty.com